テーマ:構造計算書偽造問題

【構造計算書偽造】ついにきた>被害者が国を提訴

起きた時から時間の問題だと思ってたんだけど、ここまでくるのに結構時間かかったな…… asahi.comより『姉歯物件住民57人、国などに10億円賠償求め提訴』  元1級建築士の姉歯秀次受刑者(51)による耐震強度偽装事件で、被害にあったマンション住民が6日、国と東京都世田谷区と川崎市などを相手取り、総額約10億4500万円の損害…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

構造計算偽装:問題点がすり替わってる……

例によって、ではあるんだが…… asahi.comより『関与の8物件、すべて下請け 構造計算書偽造問題』  埼玉県の遠藤孝・1級建築士(60)による構造計算書偽造問題で、これまでに八つの関与物件が判明し、いずれも同建築士が以前働いていた東京都内の会社からの下請けだったことがわかった。下請けの事実は発注者や元請けに知らされていなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新たな構造計算偽装が横浜で

皆さんもご承知のように、既に各新聞やTVニュース等で放映されていますが、新たな構造計算偽装が発覚しました。 以下に、各ニュースへのリンクを張っておきます。 asahi.com:建築士が構造計算偽装 「他にも数件」認める 埼玉 読売新聞:横浜のマンション構造計算書に改ざん、首都圏の調査を指示 時事通信:埼玉の建築士が構…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お知らせ:一部記事のテーマ変更について

1月下旬から報道されている、水落氏の設計によるアパグループ関連建物の耐震強度不足に関する一連の報道に関連する記事について、テーマ設定を「構造計算書偽造問題」から「耐震強度不足報道」に変更しました。 理由は、姉歯による偽造事件と今回の件とは、明確に一線を画すべきだと考えているからです。 これまで水落氏関連で「構造計算書偽造問題」を…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

よくあることパート2(^_^;)

まあ、別に水落氏の言を擁護するつもりじゃないんですが(^_^;)、実体の話を少々。 記事はasahi.comより『水落建築士、2つの同じソフトで構造計算書を「合作」』  京都市のホテル2棟で耐震強度の偽装が指摘された問題で、ホテルの構造計算を請け負った田村水落設計(富山市)の水落光男・1級建築士(58)が、同一の一貫構造計算プログラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

片手落ち

asahi.comより『耐震偽装、見逃した自治体の処分者ゼロ』  耐震強度偽装事件で、建築確認の際に構造計算書の偽造を見逃した29自治体のうち、担当した建築主事を処分した自治体が一つもないことが朝日新聞社の調べで分かった。自治体側は「巧妙な偽装で通常検査では見抜けなかった」と過失がないことを強調するが、民間の確認検査機関の検査員は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

あっさり可決しちゃったらしい

まあ、今の情勢では無理からぬことなのかもしれないが、それにしても拙速だと思うんだがなあ…… Yahoo!ニュースより『改正建築基準法など成立 構造計算書を再チェック』  耐震強度偽装の再発防止を図るため、一定規模以上の建物について、専門機関による構造計算書の再チェックの義務付けや建築士らの罰則強化などを柱とする改正建築基準法など…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

建築関連法改正の方向性

毎日新聞は読んでないので知らなかったのですが、1ヶ月くらい前に神田順先生(東京大学 建築学教授)がこんな文章を書いておられました。 大変参考になると思うので、リンクをご紹介しておきます。 耐震計算偽造:建築関連法改正の方向性 構造設計者の判断を大事に--神田順さん寄稿 神田先生は、3月末に提出された建築関連4法の改正案…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

13Hz!「耐震偽装の黒幕は役人だった?」へのレス

13Hz!さんに、当ブログへのリンクを張っていただいた記事があるのを見つけました。 記事紹介ありがとうございます。 ところで、記事中にある内容につき、誤解のないようコメントしておくべきかと思われることがありましたので、蛇足ながら付け加えたいと思います。 > 1981年以前の旧耐震基準で建てられた既存不適格建物よりはよっぽど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とんだとばっちり(レス追記)

…だと個人的には思うんだが。 asahi.comより『イーホームズ、国交省に廃業届を提出』 まあ、確認検査がずさんだったと言われるのは、仕方ないとは思うけどね。 企業である以上、利益を出さなくてはならない。 対して、確認検査料は、建物の規模に応じて1件あたり数十万~200万円程度。 この金額で、計画、構造、設備等の担当者が…
トラックバック:1
コメント:15

続きを読むread more

4/23サンデープロジェクト:耐震偽装問題の要点総括と感想

「今日(4/23)のサンデープロジェクト:耐震偽装問題」について ……というわけで、議論の要点を総括してみます。 ただし、一部については私の主観が入っています。 誤解に基づく部分があるかもしれませんが、その点はご容赦。 今週中にも木村建設の社長らが逮捕されたり、その他の関係者も立件されたりするが、それらは基本的に耐震偽装その…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

今日(4/23)のサンデープロジェクト:耐震偽装問題

今回の番組は、私の恩師でもある神田順教授が出演されると言うことで、拝見しました。 一部は私がこれまで書いてきた話と重なる部分もあり、また私が誤解していた部分、あるいは書き方が甘く伝え切れてないかもしれない部分を分かりやすくまとめてあったと思いますので、これまでの事件の総括を兼ねて、内容を紹介したいと思います。 ちなみに討論のメイ…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

火災で露見した施工欠陥

MSN毎日インタラクティブより『安全偽装:長崎・大村のグループホーム火災検証 「重大な施工欠陥」』  長崎県大村市で今年1月、認知症高齢者グループホーム「やすらぎの里さくら館」が全焼し、入居者7人が死亡した問題で、この建物に構造的な欠陥がある疑いが「日本グループホーム学会」(事務局・東京都小平市)の検証で浮上した。建物は、耐震偽造…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

「アウト」を一転「セーフ」と言われて:その後

「「アウト」を一転「セーフ」と言われて」の関連ニュース。 asahi.comより『建て替え物件、同じ計算法でも強度増 住民、補強も視野』 前回の話は、「許容応力度等計算法」と「限界耐力計算法」との違いによる話でしたが、今回は「同じ許容応力度等計算法」同士でも、プログラムが違えば結果が違う、というお話です。  国交省が昨年11月…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

またしても新たな偽装問題

皆さん、この問題についても既にご存知かとは思いますが、北海道の2級建築士が計算書の偽装を行ったことを認めたようです。 この問題については、1級建築士にしか認められていない規模(延床面積300平方メートル以上)の建物の構造設計を行ったのではないかという疑いも持たれているようです。 以下、asahi.comの関連記事へのリンクをまと…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

「アウト」を一転「セーフ」と言われて

住民の方々は、果たして素直に納得できるんだろうか。 asahi.comより『新宿の姉歯物件、強度不足が一転「安全」 新構造計算で』 以前、当「ブロ愚」でも、「構造設計って何だろう?(その6追記)」で、「許容応力度法」(法的には「許容応力度等計算」という言い方が正しいんですが)と「限界耐力計算法」のことを簡単に書きましたが、これは正に…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ただいま静観中:追記

「ただいま静観中」について コメントが長くなりそうだったので、別記事を起こしました。 牧山さんのコメント発言より: 私が見た番組では、有るべきページが抜けていて(ただし、計算書に抜けがあったかも知れないと、その点の不備に関しては設計者が触れていました)、その前後で数字が食い違っている、という話でした。 TVのニュースをあまり…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

ただいま静観中

姉歯以外の木村建設施工物件で、「強度不足」の可能性のある建物が、福岡や熊本で見つかったというニュースが出ています。 これに対しては、設計者の中に正面切って反論しているところもあるようですが、同じ構造設計者として、この反論には大きくうなずくところがあります。 参考記事: asahi.comより『熊本県、3設計事務所から事情聴取 …
トラックバック:2
コメント:5

続きを読むread more

法的には同じ穴のムジナ?

asahi.comより『ヒューザー賠償請求「消極的に解している」 国交省局長』 国交省の山本住宅局長のコメント。  山本局長は偽装をした姉歯秀次元建築士をヒューザーが雇ったとして、「法律上は、買い主や建築確認をした自治体に対しヒューザーが故意に構造計算書を偽造したと同じように取り扱われる。自分が故意に偽装をして、損害賠償が認めら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コペルニクス的追記

「意味不明……」の続き。 そもそもこの横浜市長の言い草なんだけど、これは「相手が悪いことをした」という前提に立っての発言だよね。 ヒューザーの社長が今回の事件に対して、どの段階から主体的に関わったのか=偽装事件をどの段階で知り、その後それを隠してどれだけの商品を売ったか=が定かになっていない今の段階で、この発言はいかにも性急すぎる気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

意味不明……

asahi.comより『「コペルニクス的ばか者」 ヒューザーの提訴に横浜市長』 「コペルニクス的転回」という言葉は聞いたことがあるが、「コペルニクス的ばか者」って、いったい何が言いたいのかサッパリ分からないのですが>横浜市長どの。 コペルニクスがヒューザーの社長並みにバカだとでも言いたいのか? それは失礼だと思うぞ(笑) …
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

耐震強度偽装マンションの被害者は、どんな請求ができるのか

ずいぶん前に、Q&A形式でまとめられていたんですね。 気づきませんでした。 asahi.com「ここが知りたい」より。 マンションの耐震強度偽装問題(1)耐震偽装について、購入者は誰にどんな請求が出来るのでしょうか。 マンションの耐震強度偽装問題(2)耐震強度偽装事件は、今後どのように発展するのでしょうか。 詳細は上記…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

構造計算書偽造関連:限りなく灰色

asahi.comより「ヒューザー物件の管理業務、伊藤公議員の家族受注」  自民党衆院議員の伊藤公介・元国土庁長官の家族が経営する会社が、ヒューザー(東京都千代田区、小嶋進社長)の分譲マンション1棟の管理業務を受注していることがわかった。小嶋社長は朝日新聞の取材に対し仲介を認め、ヒューザーの社員が伊藤元長官の選挙運動を手伝うなどし…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

そういうアンタらの責任はどうなんだ(怒)

Yahoo!ニュース経由で毎日インタラクティブより、 耐震偽造:イーホームズ、再検査物件も偽造の判断できず  耐震データ偽造事件で、姉歯秀次元1級建築士の偽造を多数見逃していた国指定確認検査機関「イーホームズ」(東京都新宿区)が、事件発覚後に設計会社から提出を受けて再検査した「姉歯物件」の複数物件について、偽造の有無を判断できず…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

やっぱり設計だけじゃなかった

まあ、こういう話は出てきても全然不思議じゃありませんでしたが。 設計や建築主との共謀の有無はともかく、少なくとも木村建設に瑕疵の責任の一端があるという事実です。 asahi.comより 施工図の強度、構造図より劣る 耐震偽造のマンション  神奈川県藤沢市のマンション「グランドステージ藤沢」の耐震強度が不足している問題で、木村…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

「構造設計って何だろう?:Q&Aその2補足

「構造設計って何だろう?:Q&Aその2(笑)」について もうひとつ問題がありました。 構造計算プログラムというのは1種類ではなく、メジャーなところだけでも4~5種類くらいあります。 もし、ユーザーから提供されるデータをすべて再計算しようとすると、確認検査機関はそれらのソフトをすべて、大量に導入しなければなりません。年間の建物確認件…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

構造設計って何だろう?:Q&Aその2(笑)

「構造設計って何だろう?(その6追記)」について 今度は牧山さんから質問がきました。ありがとうございます。 なかなかうまく答えられない自分が情けないですが、頑張って分かりやすく答えられるようにしてみたいと思います。 仮定のパラメータがたくさんあり、そのパラメータの設定次第で色々な計算結果が出るとしても、代表的ないくつかのパター…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

構造設計って何だろう?(その6追記)

「ちゃんちゃらおかしい」に、おぞん氏から質問コメントがきました。 間違ってたら指摘してください。 ・要求仕様を満たすものを設計するのは難しい ・出来上がったものが要求仕様を満たしているか検算するのはツールにデータを突っ込むだけ と理解してたんですが? 構造計算プログラムについては「構造設計って何だろう?:(その…
トラックバック:4
コメント:13

続きを読むread more

ちゃんちゃらおかしい

NHKスペシャルを見た。例の偽造問題についての特集。 実は大学時代の恩師(神田教授)が出演してたこともあって見たんですが(^_^;) 隣に座ってる弁護士せんせー(名前はしらん)が、「過去に1年間だけ構造設計をやってたことがある」っていう長野の建築管理課の方(見た感じ40後半~50代くらい?)が、慣れない構造計算プログラムで連日構造計…
トラックバック:2
コメント:7

続きを読むread more