ボウケンジャー:Task.26

「ガラスの靴」。
キャリアウーマンなさくら姐さんのお話。

冒頭のシンデレラの配役は壊れまくり(笑)。
チーフ継母の「アタック! アタック!……」にワラタ。

シンデレラに憧れる菜月。
しかし、さくら姐さんは
「何の努力もせず幸せになれるなんて、教育的にいい話とも思えません」
とにべもなし。
後ろで何も言わず「フッ」と笑っているチーフが良い味。

ガラスの靴を履き、陶然とした笑みを浮かべて踊る美女。
12時を過ぎた途端、「うっ」とうめいて倒れる。
そのまま昏睡……と、こういう女性が続発しているらしい。

そこへ通りかかった映士。
声をかけ起こそうとしている後ろで、ガラスの靴を持ち去る謎の女。
ていうか、映士ほどの男がなぜ気づかない(^_^;)

ガジャ様の「シンデレーラに呪われーる」がまたおかしい。
相変わらずいい味だ、大高さん。

回収したガラスの靴を、呪いの力で無理矢理履かされてしまうさくら。
舞踏会の幻影に取り込まれてしまう。
12時寸前に幻は消え……
12時ちょうど、幻影から目覚めたさくらの目の前にいたのは、チーフ。象徴的(笑)

王子様の元で幸せな様子だった、眠り続ける女性達を見るさくら。
複雑な乙女心。

さくらの過去。
スカウトマンは、やはりチーフ。
「欲しいものは自分の力で手に入れる」というのがさくらの信条らしい。
ですが、ぶっちゃけそれは悪役の発想です(笑)>さくら姐さん
大きなお友達は、「その名はシェリンダ」を思い出してしまいましたとさ(笑)

一方のチーフは、「誰にでも自分だけの宝はある。だがそれは与えられるものじゃない。自分自身で見つけるしかない」という。
これってボウケンジャーの根幹にあるテーマなんだよね。

さらにチーフは「オレも探している」と言い、「見つけてみないか? 一緒に」と続ける。
これは聞きようによっては「強烈な口説き文句」に聞こえます(笑)。

現在のさくらさん。
「私はまだ、自分だけの宝を見つけられていない。でも……」
その先は、ラストの台詞へとつながっていると思えばいいのかな?

謎の女の正体は、クロリンダ……シンデレラの「いじわるな姉」。
本人の弁によれば「かわいくない女」らしい。
それに対して、「自分もかわいくない女とよく言われる」とさくら。
そして「自分の幸せは自分で見つけるもの」とも。

自分からガラスの靴を履くさくら。自らの決然たる意志で、舞踏会の幻に挑む。

「呪い」の根元は、シンデレラでもクロリンダでもなく、「ガラスの靴の王子様」
これはこれで「みんな男が悪いのよ」的に個人的には感じたのですが、それは男の側からの被害妄想ですかね(笑)

「私の欲しかったものは、ここにはない」と、自らの意志を目覚めさせたクロリンダのおかげで、サバイバスターで王子の仮面を打ち砕くさくら。途端に怪物の正体を現す王子。
幻の世界は壊れ、光の中に消えていくクロリンダ……
自らの意志を持って、決然として自ら滅んだ、ということ?
結果論から言えば、自らが愛する「王子様」と一緒に無理心中したとも受け取れるが。
果たしてそれで彼女は幸せだったのだろうか。いまひとつ納得しかねる。

アクションシーンは生身、巨大戦ともボウケンピンクの一人舞台。
ボウケンピンクの名乗りアクションも、いつもに増してスピーディーな感じがする。
中川さん、気合い入りまくり?
ちょっと首を傾げすぎに見えたのが気にはなるけれど(^_^;)。

等身大でのとどめのシーンでは、他メンバーの補助なしに単独でデュアルクラッシャーを放ってるけど、よくエネルギーが足りたなあ。

巨大戦でのとどめはサイレンビルダーのリキッドボンバーを転用した、ゴーゴーマリンの体当たり攻撃。

最後は「私も王子様はいると思う」というさくらさんの発言に驚く一同。
「お前も待ってるのか?」と問うチーフに、「待ったりしません」と答える。
「自分で捕まえるだけです」と針金をビシッ!
脅える一同。
振り返って邪気なくニッコリ微笑むさくらさん、でエンド。



正直ベースで言います。
面白くなかったとは言わないけど、個人的にはちょっと不消化な話でした。

「自らの意志で運命を切り開く女性」としてさくらを描こうとする気持ちは何となく伝わってきたんだけど、結局男の側から見た単なる「ツンデレのツン」になってしまってる気がして、ちょっと。

その対比として、所謂「フツーの女の子」として今回描かれた菜月にしても、実際には立派に「自らの意志で運命を切り開こうとしている女性」であることは、これまでのエピソードが示す通りだし。
クロリンダの扱いについても、上に書いた通り今ひとつ納得がいってません。

まあ、菜月の妄想シーンやアクションシーンには見どころが多く、そこで救われた気はします。

次回は「風水占いの罠」、チーフの受難編ですか。

"ボウケンジャー:Task.26" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント