ゲキレンジャー:最終回

「ズンズン! 獣拳はずっと…」
高みを目指して、学び、変わる。

ナレーションが最終回スペシャルバージョンでした。

世界を滅ぼそうとするロン。
それを阻止しようとする5人、しかしジャン、レツ、ランは突然失神してしまう。

その意識は、臨獣殿へと……

そしてそこで3人を迎えたのは理央、メレ!
さらに彼らが案内された先には、三拳魔の人間体まで……!

そしてそこで、すべてのリンギを伝授される3人。
レツがラゲク、ランがカタ、そしてジャンがマク。

一方、ロンを阻止するために必死で二人で戦うゴウとケン。
しかし、まったく歯が立たない……

そこへ七拳聖登場!
しかし、三拳魔に通用しなかった技がロンに通用する訳がない。
まとめてアッサリやられてしまう。
「まったく、何のためにやってきたのか」
ロンのセリフを呟いた視聴者が何人いた事か(笑)

しかし、シャーフーは動じていない。
「これで、いいんじゃ!」
何?と驚くロンに、シャーフーは言い放つ。
「ちゃんと間に合ってくれたわい!」

獣拳トライアングル登場。

スーパーゲキレンジャーにもならないままで、ロンを圧倒するトライアングル。
その動き、技、迫力が以前とまるで違う事に、さしものロンも驚く。
しかし、ロンはどんなに技を受けようとも不死。倒す事はできない。
どうする?

それでも余裕の3人。
「お前を倒す必要はない」と言い切り、3人が取った構えを見て、驚く七拳聖。

何と、三拳魔が不老の七拳聖を封印した時に使ったリンギ、慟哭丸!!

このオチは、三拳魔編の頃から予定されていたんでしょうね。
正直、そんな技が使われたことすらすっかり忘れていましたが、これはちょっと背筋がゾクゾクしました。

結局、慟哭丸によって封印されたロンは……

ビリヤードの球にされ、ゴリーに食べられ、お茶に漬けられ……(^_^;)

堅く封印されているとは言え、その封印が解けないよう守るためにはどうすべきか?

ジャン「俺が持つ!」

なるほど、実力者が大事なアイテムを持つというのは、安全な方法ではありますw
しかし、お前も歳を取るんだぜ?とゴウやケンに言われるジャン。

ジャン「獣拳は、ズンズンだ!」

そういうジャンに並んで、笑顔のレツ、ラン。
獣拳は、ズンズン、ずっと、受け継がれていくものだから。

子供たちを相手に獣拳を教えている「マスター・ラン」、そして「マスター・レツ」。
スクラッチ・マイスターズで、エレハンと一緒にゲキバズーカの修理をしているケン。
そして、「失った時間」を取り戻すための旅をすることにしたゴウ。
その一人一人と挨拶をかわし、自らも旅を始めるジャン。

ラストは、香港で子供たちを相手にしていて、理央にそっくりの少年に出会うジャン。
受け継がれる激魂を感じさせつつ、終劇。





紫&白とシャーフー以外の六拳聖が、相変わらずの「要らない子」っぷりでしたが(^_^;)、「慟哭丸」の使い方には素直に驚かされました。
まあ、不死の相手に、あれ(封印)以外のオチはあり得なかったでしょうし(^_^;)



一年間、テンションの上がらないレビューもありましたが、おつきあいいただいた皆様ありがとうございました。また次回作でも、それなりに書いていきたいと思っております。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

栗太郎
2008年02月11日 23:54
1年間のレビューお疲れ様です
最終回はイベントに参加していた関係で
見れなかったけど面白かったみたいですね

次回作もこれぐらいパワーの有る作品だといいんだけどね
2008年02月13日 11:49
>栗太郎さん
ありがとうございます。
今作に対しては正直、色々と不満点も多いんだけど(^_^;)、次回作以降への反省点として、つなげていって欲しいなと。
国際防衛機構イーグル
2018年10月07日 10:43
敵を殺さず(倒さず)に『封印』すると結末は、ジュウレンジャーのバンドーラ一味やカクレンジャーの妖怪大魔王の前例があります。

ジュウレンジャーやカクレンジャーはもともと『ファンタジー路線』として製作されたので、この結末でもしっくりきた。(この2作は特例中の特例だったのでしょう。)

で、ゲキがそれと同じかというとそうではないような気が…。
やはりヒーロー物は基本、完全に敵を倒して終わらないと。(最終的に倒す相手が、不死の存在ではヒーロー物の限界を見せてしまうようなもの)その点でもゲキは小さい子どもたちにはアピール不足だったのかも。

シリーズで唯一ロボのテーマソングもないですし。(それじゃおもちゃも買ってくれませんわな。)

この記事へのトラックバック