「デカレンジャーVSアバレンジャー」見た

Amazonで予約してたDVDが本日到着。早速見ました。
(以下ネタバレ注意)

あらすじは省略して、いくつか要点だけ言うと

  • 超高層ビルになっていた「恐竜や」、社長はヤツデンワニ

  • 幸人いわく、ボスは2000回に1回攻撃を外すらしい

  • 凌駕の親バカっぷり健在

  • 3人娘、片肌脱いで「なめたらいかんぜよ」

  • 敵の断末魔が腹を押さえて「なんじゃこりゃあ」

  • ドギーは地球に来たばかりの頃「恐竜や」の常連だった

  • 風呂だけ入りに来るえみぽん

  • 4人でお風呂(石野真子は入らず)

  • ヤツデンワニ役得(その後のおしおきも含めて)

  • アンミラ風制服のリジェ萌え(リジュエルもいた)

  • 石野真子をナンパするアスカ

  • 亭主の浮気(?)を止めにだけ出てくるマホロ


………どこが要点やねん>わし。

さて、全体の感想を言うと……

「う~~ん、これ、アバレンジャーのファンはともかく、デカレンジャーに夢中だった人はどうなんだろ?」

全体的にアバレンキャラの方が悪目立ちしてて、デカレンの面々は最初から最後までそれに振り回されて終わった感が。

再生怪人復活アリエナイザーを引き連れた今回の「主犯」カザック&サウナギンナンが現れ、いよいよデズモゾーリャ復活か!? と思わせておいて、復活したのが仲代壬琴。「一番強い奴をよみがえらせたはずなのに!?」と狼狽するサウナギンナンに向かって「だからオレがよみがえったのさ」とは、相変わらずの傍若無人ぶり。
さらにボスまで加わって、全員でチェンジしてからの戦闘は、完全楽勝ペース。

そもそも敵は一介のアリエナイザーで、対アリエナイザーのプロであるデカレンジャーだけでも十分対処できるはずのところを、次元を超えた侵略を阻止したアバレンジャーまで協力してるんだから、楽勝で当たり前って気もしなくはないんですが。

巨大ロボ戦に入ってからも、デカレンジャーロボ&デカバイクロボだけで十分敵を倒せそうなところへもってきて、キラーが「ニンゲン、見てるだけでいいのかゲラ」とか口はさんで、キラーがそれにのっちゃってから形成がさらにアバ寄りに(笑)。
ブラキオの一言、テラ・ケラ・プラとアバレンジャー3人の挨拶などに時間が割かれて、デカの影いよいよ薄し(^_^;)。

戦闘で結局とどめを刺したのは、スーパーデカレンジャーロボのガトリングパンチの支援を受けたとは言え、キラーアバレンオー(映画以来2度目の登場!)のドリルスピン。
エンディング前の実質的ラストシーンも、復活した壬琴=アバレキラーがうっすらと消え入りながら凌駕やアスカに一言ずつ挨拶をするというものだったし(アスカに向かって「お前の娘によろしくな」は、思わずしみじみしちゃったよ)。
エンディングの遊びっぷり(あるいはアバレっぷり)も、デカというよりアバ風だった気がする。

デカレンキャラも十分アクが強い連中だと思うんだけど、それを完全に押しのけてしまってる感じがするのは、やっぱアバレンキャラのクセの強さって並大抵じゃなかったんだな、と再確認したようなところもあります。メカ(メカじゃないけど)までしゃべるし(笑)。
まあ、単に脚本家か監督のどっちかが、アバに対する思い入れ強すぎたって可能性もあるんですけど。
少なくとも私が見た(オーレvsカクレンジャー、ガオvsスーパー戦隊、ハリvsガオ、アバvsハリ、そして今回)中では、「古いシリーズの方に力が置かれてる」って印象が一番強い作品でした。(まあ、ガオvsスーパー戦隊はどうなのって話もあるが、あれは25年の集大成みたいなところもあるから別格としましょう)

私はアバレンジャーにはかなり惚れてて、デカレンジャーはデカマスターが見たくて見てたようなところもあるんですけど、今回のアバレンキャラの悪目立ちっぷりは、もうちょっと何とかならなかったのかなあという気がします。
どっちかつーと「君たちの相変わらずのアバレっぷりはよく分かったから、もう少し後輩立てろや(笑)」みたいな(^_^;)。

まあ、尺の関係もあるんで、あれ以上全員のキャラ立てをしようとすると、到底足りないってのも分かるんですけどね。

アバはファンタジー系戦隊、デカは純粋テクノロジー系戦隊なので、相性も悪いのかなあ。
そういう意味では、来年の「マジvsデカ」も相性悪そうだなあ(^_^;)。
ホージーあたりが「アンビリーバボー」とか言いそう。あとテツも絶対「ナンセンス」って言うんだろうな(笑)。

…………つまり来年も買うのか(笑)>おれ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い
ナイス
かわいい

この記事へのコメント

CP10
2011年05月05日 21:14
明らかにVSシリーズの最初のころとかわらない作品でした。最後のあのロボット、完全にあの頭や腕といい遊戯王のリボルバードラゴンをモデルにしてるだろと思いました。

この記事へのトラックバック