ブロ愚 〜おろか日記 blog style〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国で「ウルトラマン叩き」

<<   作成日時 : 2009/04/06 16:38   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 6

Yahoo!ニュースより『中国で「ウルトラマン」たたき=温首相の問題視きっかけに』

【香港6日時事】中国の温家宝首相が最近、孫がテレビで「ウルトラマン」の番組を見過ぎて困るという趣旨の発言をしたことから、同国内でウルトラマン非難の声が起こっている。
 5日付の香港紙・リンゴ日報などによると、温首相は3月31日、湖北省武漢市のアニメ関連会社を視察した際、「わたしの孫が見るテレビ番組はウルトラマンばかり。もっと中国のアニメを見るべきだと述べた。

ちょwww温首相wwwww

アニメ会社を視察中だったからって状況は分かるが、だからと言って
「ウルトラマンばかり見て困る」「中国のアニメを見ろ」
って流れは、一人の子どもの祖父として、どうよ(笑)。

どうせ言うなら「ウルトラマンに負けない優秀なコンテンツを作って、孫がウルトラマンよりそっちを見るようにして欲しい」くらい言えばいいのに。(まあ無理だと思うけど :-p)

それにしても問題は、その後。

 中国政府の指導者がテレビキャラクターについて言及するのは異例。このため、温首相の発言はインターネット上で大きな反響を呼び、「ウルトラマンが怪獣を倒すのを見た子供が、まねをして同級生をいじめるので、頭が痛い」「ウルトラマンと言えば(戦争中の)日本人を思い出す人を殴ったり、殺したりすることしか能がないなどと批判が相次いだ。

待てコラ。


まず前の発言に。
子どもがウルトラマンのマネをして友達をいじめるのは、ウルトラマンのせいじゃないだろ!!
「ウルトラマンが何のために戦っているのか」を教え、真似をして友達に乱暴してはいけないと教えるのは、親の役目だろうが!!!

そして後の発言に。
ウルトラマンがいつ人を殺した???
何でも反日思想のネタに結びつけるのは、やめてもらいたい!
つーか、お前らが言うな!!!
このコンテンツをご覧になるには、最新のFlash Player Plug-inが必要です。ダウンロードはこちら>>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして。藤宮といいます。
まずこの記事の感想を。
俺も同感です。首相の発言は百歩譲ってもいいですが、その他の意見はヒドイですよね。
ウルトラマンはむしろ、戦争の残酷さ・むなしさを教えてくれているものだと思います。平成生まれなのでガイアを例にしますが、ツチケラの回は藤宮役の高野さんのおばあさんが見ていて、とても感心していたそうです。もちろん俺も中学のころ見直して、考えさせられました。
中国の方にはしっかりとした見方をしてもらいたいですね。

このブログは1年以上前から読んでましたが、大学受験であまり見ることができませんでした。
これからたまにコメントさせてもらいます。よろしくお願いします。

ちなみに、カニ道楽メビウスは大好きです(笑)
藤宮
2009/04/06 19:26
>藤宮さん
はじめまして。コメントありがとうございます。
そして、意見にご賛同いただき重ねてありがとうございます(笑)。
「ウルトラ」というシリーズ作品は、ホントに色々と奥が深く、知れば知るほどその様々な魅力に気づくことのできる、とても素敵な作品だと思います。
記事で取り上げられたような発言をする中国の人々に限らず、ウルトラの魅力を知らない(あるいは忘れてしまった)国内の人々にも、作品の本質をしっかり見た上で発言して欲しいものです。

ところで当ブロ愚を、以前より読んでいただいていたとのこと、これまたありがとうございます(笑)。
最近サボり気味なのですが、読んで楽しい気分になれる記事をたくさん書ければ良いなあと思います……というか、そのようにできるよう心がけます(苦笑)。
今後とも、末永くおつきあいいただければ幸いです。
Radcliffe
2009/04/06 22:17
初めまして、れのんと申します。

「ニュース」テーマトピに中国でのウルトラマン叩き
の記事をUPしたら、ちょうど同テーマのRadcliffeさん
の記事を見付けたので飛んで来ました。

子供がウルトラマンの真似をして怪獣ごっこをするの
は僕の子供の頃にもあり、真似にかこつけていじめを
してはいけないと教えるのがまさに親・教師の役目だ
と本当に思います。中国の今の若い親・教師の世代が
丁度、江沢民の反日教育を骨の髄まで叩き込まれた世代
であることが、温家宝氏の「孫のことでのたわいない
ぼやき」程度のことををここまでエスカレートさせて
しまったと言えると思うので、中国指導部の責任も大きい
と思います。

「ウルトラ」シリーズは、特に初代・セブン・新マンは
色々と奥深く「人間の優しさ・醜さ・業」など、知れば
知るほど魅力あふれる作品で溢れていると思います。
円谷プロはこれに臆さず特に「セブン」を中心に辛抱強く
中国の一般大衆に見せ続ければ中国人もそのうち必ず魅力
に気付く日が遠からず来ると思います。
れのん
2009/04/07 01:03
「そんなに嫌なら放映しなきゃいいじゃん」で終了なんでわ。

ちなみに、中国で「ウルトラマン」と言うと、仮面ライダーなどのヒーローもの特撮全般を指す用語になりますんでご注意。

参考→http://d.hatena.ne.jp/thalion/20050323/p2
thalion
2009/04/07 10:14
かの大国では未だにインターネットも政府の「ご用メディア」なのでしょう。
首相の発言を受けて旗振り役が煽れば,インターネットに接続できるだけの環境を持った主に都会の人達が呼応する。
しかし,そういうことではないかと思ってはいても,やはり愉快ではないですね。

ところで,円谷プロが中国でウルトラマンを作る話はどうなったのだろう?
http://catcat.boo.jp/blog/archives/002348.html
この場合,この作品の「ウルトラマン」は,この騒いでいる人たちにはどう見えるのだろう?
Kyan
2009/04/07 12:03
>れのんさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
やはりこの件で感じることはみんな同じというか(苦笑)。
温首相には確かに火消しをお願いしたいものですね。

>thalion
ま、ごもっとも。
しかし「ウルトラマン」が「特撮」の代名詞になっているとは知らなんだ。

>Kyanさん
裏が見えるだけに、なおさら腹が立つというか……
>中国版ウルトラマン
ありましたね、そんな話。
私もブログ初期に書いた覚えがあります。
……ていうか、KyanさんのブログにTBしてました(^_^;)
http://radcliffe.at.webry.info/200504/article_45.html
Radcliffe
2009/04/07 18:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ブログパーツ
このコンテンツをご覧になるには、最新のFlash Player Plug-inが必要です。ダウンロードはこちら>>
中国で「ウルトラマン叩き」 ブロ愚 〜おろか日記 blog style〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる