ブロ愚 〜おろか日記 blog style〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 129億年前の巨大天体に「ヒミコ」と命名

<<   作成日時 : 2009/04/23 12:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ヒミコには失礼な言い方になりますが、129億年前の巨大天体に、たかだか1800年ほど前の人物である「ヒミコ」の名を、日米英共同の研究チームが付けた由。
きっとヒミコも草葉の陰で恐縮しているのではないでしょうか(笑)。
YOMIURI ONLINEより『129億年前の初期宇宙に謎の巨大天体、「ヒミコ」と命名』

それにしても「巨大天体」というからどの程度巨大なのかと思えば、大きさが5万5000光年、重さは太陽400億個分(400個ではない!)というから、正に桁違いですな。つーかそれ、天体っていうのか(苦笑)。

129億光年離れた天体なので、今地球から観測できるのは129億年前の姿。したがって現在、この天体が存在し続けているかどうかは不明ですが。

あまりにスケールが大きすぎてピンとこないところもありますが(苦笑)、何にせよ宇宙のロマンを感じさせる話ではあります。
今後の研究が進むことに期待したいですね。

 129億年前の初期宇宙にあった謎の巨大天体を日米英の国際研究チームが、ハワイにある日本の「すばる望遠鏡」などを使って観測した。

 現在の理論では説明しきれない大きさで、同じく謎のベールに包まれている古代日本の女王にちなみ、「ヒミコ」と名付けられた。

 見つかったのは、地球から129億光年離れた場所。137億年とされる宇宙の歴史のなかでは、ごく初期となる誕生後8億年の宇宙だ。

 この時代に、現代の銀河に匹敵するほどの大きさの天体があることを観測したのは初めて。空間的な広がりは5万5000光年あり、同時代のほかの天体より10倍以上も大きい。重さは太陽400億個分に相当する。最新の宇宙論では小さな天体が集まって大きくなるとされており、宇宙のごく初期にすでに巨大天体が存在していたことは新たな謎を生む。

 ヒミコは水素ガスが雲状に広がる構造で、中心部に巨大なブラックホールがある可能性や、そこで爆発的に星が形成されている可能性などがあるが、正体はわかっていない。研究チームを率いる米カーネギー研究所の大内正己特別研究員は「ヒミコの研究から、初期宇宙の進化の過程に迫りたい」と話している。
このコンテンツをご覧になるには、最新のFlash Player Plug-inが必要です。ダウンロードはこちら>>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ブログパーツ
このコンテンツをご覧になるには、最新のFlash Player Plug-inが必要です。ダウンロードはこちら>>
129億年前の巨大天体に「ヒミコ」と命名 ブロ愚 〜おろか日記 blog style〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる