ブロ愚 〜おろか日記 blog style〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 仮面ライダーディケイド#7「超トリックの真犯人」

<<   作成日時 : 2009/03/08 10:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

龍騎の世界は「ライダー裁判制度」だそうで(笑)。
元の龍騎は各ライダー個々の「思い」を実現するためのシステムとしてのライダーシステムだったわけですが、これはまあ見事なまでの換骨奪胎っぷりですね。

個人的には龍騎が平成ライダーの中で一番キライなのですが(仮面ライダーの戦いに「正義はない」ってテーマはどうよ、と言う思いが強い)、今回のようなモチーフであればそれほど抵抗はない。

残念だったのは、今回の士のセリフがイマイチ燃えなかったのと、龍騎=シンジと並んで変身するシーンで「目力」が足りないなと感じてしまったこと。かえってゲストのシンジ役の水谷百輔さんの方が、あのシーンでははるかにイイ目をしていた気が。

セリフという点では、今回はユウスケの「おれの知ってるある人に似ている……」以下の下りの方が燃えましたな。直接は言ってないけど、あれって士のことだよね。

それにしてもトリックを暴くために「タイムベント」って(笑)。
しかもその時の技ときたらトリックもへったくれもない(苦笑)。
そこでサブタイトルの「超トリック」ですかそうですか。

ていうか、確か桃井さんの死因は「鋭いもので首筋を突き刺されたような傷」だったと思うのですが、あんなのをマトモに食らったら、もっとスプラッタな死に様になっていたのでは(爆)。

知って驚く意外な事実、真犯人の正体はパラドキサアンデッド(笑)。
ハートのキングは、ブレイド本編ではカードのみしか登場しませんでしたから、初めての人間体ということになりますね。
腕から流れた血が、ブレイド本編のときより薄かったのが残念。もっと「ドロッ」とした感じが欲しかったなあ。

というわけで次週はブレイド編。
ブレイドは中盤以降盛り上がって、個人的には結構好きなシリーズなので、どんな風に料理されるのか期待したい。

えーと、タイムパラドックスっておいしい?(笑)
シンジがタイムベントで過去に飛んで以降の「未来」については考えるなということですね。
あと、シンジが飛んだ先の「過去」にいるはずの「もう一人のシンジ」がどうなったのか、とか(苦笑)
このコンテンツをご覧になるには、最新のFlash Player Plug-inが必要です。ダウンロードはこちら>>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『仮面ライダーディケイド』、第7話「超トリックの真犯人」の感想。
☆TBさせていただきます☆『仮面ライダーディケイド』、第7話「超トリックの真犯人」の感想です! ...続きを見る
まぜこぜてみよ〜う。by青いパン
2009/03/08 20:44

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ブログパーツ
このコンテンツをご覧になるには、最新のFlash Player Plug-inが必要です。ダウンロードはこちら>>
仮面ライダーディケイド#7「超トリックの真犯人」 ブロ愚 〜おろか日記 blog style〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる