ブロ愚 〜おろか日記 blog style〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 理想より「ちょい太め」がいいらしい

<<   作成日時 : 2008/10/20 21:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

asahi.comより『シニア男性「ちょい太」お勧め 死亡率低下、茨城で調査』

 長生きのためには、高齢の男性に限っては「少し太め」がお勧めなことが、茨城県の約9万人を対象にした調査でわかった。高齢女性ではほぼ標準的な体形だと亡くなる人の率が低かったが、それでも日本肥満学会が理想とする体形よりは「太め」だった。

 高齢になると、若いころより太めの方が望ましい、と海外の研究で指摘されていたが、日本人の大規模調査で確認されたのは初めて。

 調査したのは県や筑波大、独協医科大などのグループ。93年度に健診を受けた40〜79歳の男性3万2千人、女性6万2千人を03年まで追った。

 この間に男性3930人、女性3164人が死亡。喫煙や飲酒の影響を除いたうえで、どの体形の人が病気などで亡くなる確率が最も低いかを、年代別に算出した。体形は、体重(キロ)の値を身長(メートル)で2回割った体格指数(BMI)でみた。

 その結果、男性は40〜50代ではBMI23.4、60〜70代では25.3の人が、死亡率が一番低かった

 BMIは18.5以上25未満が普通体重。25以上で肥満となる。高齢男性では少し太めな方が、栄養状態が良いといった利点があり、死亡率が低くなっている可能性がある。若い世代では、肥満によって上がる心臓病リスクなどが利点を上回るらしい。

 女性で死亡率が一番低かったBMIは、40〜50代で21.6、60〜70代で23.4。高齢で高めになるのは男性と同じだが、全体に男性より細めだった。

 肥満学会はBMI22を理想とする。男女約4600人の調査で、この体形のとき病気の確率が最低だった。ただ、調べたのは30〜50代で、高齢世代はみていなかった。

 調査の中心だった独協医科大の西連地利己(さいれんち・としみ)助教(公衆衛生学)は「望ましい体形は年代ごとに分けて考えた方がいい。ただ同じ体形でも、脂肪が多くて筋肉が少なければリスクは高まるので注意して」という。


ちなみに、私(今年の10/10をもって44歳になった)の場合、体重が63.0kg、身長は164cm。
したがってBMI値は23.4。おお、ほぼ理想通り(笑)

……と思ったけど、筋肉はもうちょっとついてた方が良さそうね(^_^;)

とりあえず腹筋と腕立て伏せ10回ずつくらいからじゃダメ?(弱)



まあ、うちの親父なんて身長は私とほとんど変わらないけど体重は40kgちょっとしかない「痩せすぎ」体型(一番増えた40〜50代くらいの時期でも確か45kgくらいだったはず)なんだけど、喜寿を過ぎてなお達者に過ごしているので、こればっかりは人によるんだろうなあ。
このコンテンツをご覧になるには、最新のFlash Player Plug-inが必要です。ダウンロードはこちら>>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ブログパーツ
このコンテンツをご覧になるには、最新のFlash Player Plug-inが必要です。ダウンロードはこちら>>
理想より「ちょい太め」がいいらしい ブロ愚 〜おろか日記 blog style〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる