ブロ愚 〜おろか日記 blog style〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ネタバレ注意】超ウルトラ8兄弟:感想(2回目)

<<   作成日時 : 2008/09/16 20:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

先週の土曜日に1回目を見たのですが、月曜日には2回目を見てきました(笑)。
というわけで、2回目を見た上での感想を追加で。

1回目で全体の流れを押さえた上で2回目を見ると、1回目で見たときには見えなかった部分が、色々と見えてきました。おかげで1回目を見た時以上の、より深い感動を覚えました。

そういう意味でも、この映画は「大人向け」かもしれません。
ただ、その「大人向け」が決して過剰ではなく、いやらしくもないところがうまい。

ハヤタの自転車ショップでの、ハヤタとアキコの会話などは、その典型。
怪獣出現を聞いて不安がるアキコに向かって、ハヤタが「どうしようもないピンチには必ず正義のヒーローがきてくれる」という主旨の発言をするのですが、1回目見た時にはそのセリフが非常に唐突に思えました。
しかし、実は最後の方で「すごいピンチの時にはきっとウルトラマンが来てくれる」というセリフをハヤタたちに教えたのはダイゴたちだったということが、ダンディ4の口から明かされます。
それを踏まえた上で先のハヤタのセリフを聞くと、最初は唐突に思えたそのセリフが、強烈に感動的なセリフへと変貌を遂げるのです。

「ウルトラマンを信じる君たちの眼差しがあったから、自分たちは夢をあきらめずに頑張ってこれた」。
劇中ではダイゴに向けられたセリフですが、これは明らかに見ている観客に向けられた言葉でもありますよね。

平成ウルトラ3ヒーローに向けて送られる声援を聞き、北斗が漏らすセリフ「俺たちはこの声を聞いたことがある」も名セリフ。
ウルトラヒーローのライブステージ経験者なら、映画の中で声援を送る人々と一緒になって「ガンバレ〜〜!」と叫びたくなること請け合い。



それにしても今回は色んな人がゲスト出演してるなあ……
スーパーGUTSのヒビキ隊長は横浜ベイスターズの監督役、GUTSのサワイ総監は国連事務総長役、GUTSのシンジョウ隊員はラジオのディレクター役……と、このへんはまだ分かりやすいところ。
スーパーGUTS時代の隊員や参謀は、声援を送る一般市民役だったけど……(苦笑)

甲子園に出場していたアスカを子供の頃に応援していたという始球式のアイドル役は、「ウルトラセブンX」でエス役を演じた伴杏里さん。
子供時代のダイゴの父親役は「小さなスーパーマン ガンバロン」の安藤一人さん、母親役はハリケンブルーや「ゼットンの娘」で特撮界でもお馴染みの長澤奈央さん。
SF作家の万条目淳(演じるはもちろん佐原健二さん)にインタビューするキャスター役は、シンジョウ隊員の妹(ティガ)やチームクローの隊員(ガイア)、そして最近作メビウスでもフジサワ博士役で出演された石橋けいさん。

藤宮博也と奥さんの玲子さんは言わずもがなだけど、お二人が現実に設けた愛の結晶であるお嬢さんまでご登場とは、正にお祭り(笑)。
つーか、一昨年の映画が昭和ウルトラの同窓会なら、今度の映画は昭和〜平成の垣根を越えた、いわば「超ウルトラ同窓会」だね(笑)

まあ、コスモス〜マックスまでは無視されてるけど(^_^;)



とりあえず、来週もまた見に行くと思います(笑)
このコンテンツをご覧になるには、最新のFlash Player Plug-inが必要です。ダウンロードはこちら>>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
大決戦!超ウルトラ8兄弟
 今日は水戸ホーリーホックのホームゲームの日。Jリーグ通算100勝の記念イベントもあるのでそちらに行こうと思っていたら,仮面ライダーキバを見ていたときに流れていた「大決戦!超ウルトラ8兄弟」のCMを見て,長女と二女が「パパ,今日はウルトラマンの映画に連れてって!」とのこと。ついでに三女はそのCMをみて「格好いい!」教えていたおぼえはないのですが,私の教育は間違っていなかった?(爆) ...続きを見る
よろずな独り言
2008/09/18 00:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こちらでは「はじめまして」のアヤコと申します。

映画館でウルトラマンを見るのは「ウルトラマン物語」以来(笑)
という事もあり、
大きな画面に大きなウルトラマン!というだけで楽しかったです。

で、懐かしい方々が出てくるたび「うおお!」
大好きなセブンが活躍するたび(それがたとえCGであろうと)「ひぃぃ!」
と、素直に興奮しているアラフォー世代の横で
客の子供が「・・初代だね」「(親に)懐かしいでしょ?」などと
常に上から目線発言をしていたのが印象的でした。
アヤコ
2008/09/17 13:22
>アヤコさん
いらっしゃいませ。「こちらでは」と断り書きがあるということは、イベントで面識のあるアヤコさんでよろしいでしょうか(笑)。ようこそお越しくださいました。

「ウルトラマン物語」以来と言うことは、一昨年の劇場版はご覧にならなかったのですね。あれもとても良い作品でしたので、機会があったらDVDででも見てみてください。我が家でも今回の作品を見てから再度DVDで見返しましたが、今回の作品と前回の作品での台詞とが脳内リンクして、より一層深く楽しむことができました。
Radcliffe
2008/09/17 13:33
またもやこんにちは。
・・「その」アヤコです(笑)

今回の映画を見た後に前回のをDVDで見ました〜。
前回と比べると今回はストーリーがあっさりしている感がします。
(好みとしては前回かな・・・)

前回は昭和ウルトラマンが揃うのがポイントであったのに対し、
今回は平成3人のウルトラが揃うことがメインだったかな?
とも思えました。
ああでも好きなマックスがいないのが(涙)
アヤコ
2008/09/17 14:03
>アヤコさん
……「あの」アヤコさんでしたか(笑)
あらためまして、ようこそお越し下さいました。

今回は入れなかったウルトラ戦士も、いずれ揃うことがあるんでしょうかねえ。マックスは新しすぎた?(笑)
Radcliffe
2008/09/17 19:55

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ブログパーツ
このコンテンツをご覧になるには、最新のFlash Player Plug-inが必要です。ダウンロードはこちら>>
【ネタバレ注意】超ウルトラ8兄弟:感想(2回目) ブロ愚 〜おろか日記 blog style〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる