ブロ愚 〜おろか日記 blog style〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ウルフェス2008:ライブステージ第2部

<<   作成日時 : 2008/08/24 23:12   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

今年も行って参りました、第2部。

毎年池袋のサンシャインで行われている「ウルフェス」ことウルトラマンフェスティバル。このメインイベントは何と言っても、ウルトラヒーローと大怪獣たちがステージ上で繰り広げるライブステージ。このステージは、生で見てこその迫力です。

で、今回の第2部はというと……(以下ネタバレ注意)





冒頭、古代の地球上で戦っているウルトラマン、ウルトラセブン。
対する相手はベムラー、改造パンドン!
ウルトラマンは、何やら鍵のようなものを手にしているが……?

しばらく戦った後、ウルトラマンは手にしていた鍵を大地に突き立てる!
すると、2体の怪獣たちはいずこへともなく消え去っていく……

そして時は流れる。

MCのおねえさんが登場し、とある超古代の遺跡が発掘され、これからその発見の発表を……という矢先。
地の底から復活してくる怪獣ゾイガー!!
そして、それを追うように颯爽と現れたのはもちろん、ウルトラマンティガ!!

ティガはゾイガー撃退に成功するものの、怪獣の現れ方に疑問を持つ。
そんなティガの目の前に、地の底から巨大な鍵が姿を表す!

だが、驚く間もなく現れる次の敵。
何と、ジオルゴンとエンディール星人!

敵の狙いは、どうやら出現した鍵=「アースキー」にあるらしい。
昨年の使い回し(笑)とはいえ、エンペラ星人の腹心である二人を相手に苦戦のティガ。
しかし、そのティガを助けに現れたのは……ウルトラマンダイナ、そしてウルトラマンガイア(V2)!!

二人が現れて大地に降り立った時、地響きと共に土が舞い上がったところが、芸が細かい。
ウルトラマンガイアあたりで、ウルトラマンの重量感を表すために良く使われた演出法ですが、これをライブでやってくれるとは。

さしものジオルゴンとエンディール星人も、平成の三ヒーローを前にしてはたまらず、捨て台詞を残して撤退していく。

後に残された3人は、アースキーに注意を払う。
と……その鍵をうっかりダイナが抜いてしまった!!(^_^;)
途端にあちこちから響いてくる怪獣の叫び。

ダイナ「……やっぱ、ぼくのせい?」

ナイスとゼアスがいないと、やっぱりダイナがお笑い担当なんだな(^_^;)

しかし、うだうだ言っていても仕方がない。
ティガは鍵をダイナから預かると、その秘密を解くべく去っていく。
残されたダイナとガイアは、出現した怪獣たちとの戦いへ。



一方、撤退したジオルゴンとエンディール星人は、謎の声に脅えつつ事態を報告している。
謎の声は「お前たち二人ではやはり無理だったか……」と呟き、新たな戦力を二人に任せる。
ライブステージで誕生した新怪獣、ガロウラーとザラボンだ。



ふたたび地球上。
出現したガンQと戦うガイア!
ガンQをフォトンエッジで撃退したガイアは、同じように怪獣を撃退してきたダイナと合流する。
が、そこへ現れたのは……ガロウラーとザラボン!!
必死に戦うダイナとガイアだが、二大怪獣の前に苦戦を強いられ……



その頃……。
鍵の謎を解くために遺跡の中を調べていたというMCのおねえさんが、石版を発見したという。
石版には文字が書かれているが、まだ完全には解読できていない。
解読できた範囲では、どうやらこの遺跡が何かを封印するために作られたものだということ。

その話を聞いたティガは、封印と突如現れた怪獣とを結びつけて考える。
アースキーとは、まさか……!

そこへ再び現れたジオルゴンとエンディール星人。
しかも、今度はガロウラーとザラボンを従えている!
さしものティガも、4対1では到底かなうべくもない。
必死に戦い続けるティガだが、ついにガロウラーとザラボンの攻撃の前に派手に吹っ飛ばされ、アースキーを奪われてしまう。

このシーン、激しい動きの間にティガの背中にフックを付けてワイヤーで引っ張って飛ばすという荒技を見せてくれました。まさに進化していくライブステージ。

倒れ伏したそこへ悠然と現れた黒幕の正体は……アーマードメフィラス!!

アーマードメフィラスは語る。
かつてこのアースキーは、地球自身の力によって地の底に凶悪な怪獣たちを封じ込めるために使われた。
だが、長い年月が経つ間に、地球人は自らの手で地球を汚し、その力を弱め続けてきた。
そのために、封印の力が弱まったのだと。

そんなことになれば、地上は再び怪獣であふれかえってしまう……危惧するティガに「いいではないか」とメフィラスは言う。そして、地球自身がそれを望んでいるのだと。

「そんなことが…あってたまるか!!」
一声吼えると、最後の力を振り絞り挑みかかっていくティガだが、やはりアーマードメフィラスには歯が立たない。



そこへ駆け込んでくるMCのおねえさん。
石版の最後の一文が解けたというおねえさんは、「私たちにはまだ逆転のチャンスがある」という。

その一文を告げようとするそのとき、「無駄だ」と割り込むアーマードメフィラスの声!
それと同時に、力を使い切ったティガ、ダイナ、ガイアが、怪獣たちによって連れ込まれてくる……

「あきらめるわけにはいかない……!」
それでも立ち上がり、戦おうとするティガたち。
しかし、すでに三人ともボロボロの有様……

戦いの轟音が響く中、おねえさんは石版の文章を必死に読み上げる。
そして、いつの間にかその声に重ねて、重厚感のある声が聞こえてくる………

『いつかこの星にも
 現れるであろう
 光の戦士たちよ

 次にこの封印が解かれそうな時
 その時は君たち自身の手で
 この星を守って欲しい

 だが
 もしも負けてしまいそうになった時
 その時は
 希望と共に我々の名前を呼んでくれ

 そう、我々の名は

 ウルトラマン


おねえさんの呼びかけに従い、その名を叫ぶ子供たち!
(そして私を含めた一部の大人たちも(笑))



……現れた!!

初代ウルトラマン、ウルトラセブン、新マン(ジャック)、ウルトラマンA、そしてウルトラマンメビウス!!

そう、太古の地球上で怪獣たちを封印したのは、光の国のウルトラマンたちだったのだ!
(まあ、冒頭のシーンで観客にはネタが割れてるわけですが……(笑))



光の国のウルトラ戦士たちに励まされ、再び立ち上がる地球のウルトラマンたち!!
クライマックスバトルの始まりだ!!!

敵味方入り乱れての激しい戦いでしたが、特筆すべきは新マン(ジャック)が繰り出すウルトラブレスレット技の数々!
ある時はブレスレットを盾に変え、そしてあるときはランスに変えてと、もう拍手喝采したくなるような演出でした。

光の国のウルトラ戦士たちが、配下の怪獣・宇宙人たちを撃退していく中、地球の封印を解こうとしているアーマードメフィラス。そこへ、地球のウルトラ戦士3人が止めに入る!!
しかし、強敵アーマードメフィラスの前に苦戦を強いられる。

「地球はもう疲れているのだ」とうそぶくメフィラスに、それでもあくまで「地球人の心とこの子供たちの可能性を信じる!」と強く言い放つティガ。

子供たちの大きな「がんばれ!」の声援が光となって3人に集まっていく。
驚くアーマードメフィラス。

ガイア「ぼくたちだって、地球人だ!」

その手には、変身アイテム・エスプレンダーが握られている!
そして、ダイナはリーフラッシャーを、ティガはスパークレンスを!!

それぞれの変身アイテムを手に、アーマードメフィラスに突進していく3人!!!

さしものメフィラスも、これにはひとたまりもなかった!

だが……アーマードメフィラスは最後の捨て台詞を残していく。
「怪獣たちの復活は止められん……!」と!!

はたしてその言葉通り、復活してきた怪獣は……ゴルドラス!!
勝利も束の間、再びピンチに陥る3戦士。
ゴルドラスの攻撃から、観客席をかばって倒れる。



そのとき!!



???「あきらめるな! ウルトラマン」

客席後方から響く声、その主は……

なんと、レイモン!!

レイモンはステージに向け、手にしたバトルナイザーをかざす!!

レイモン「行けっ、ゴモラ!!!」


『バトルナイザー、モンスロード!』


「大怪獣バトル」でお馴染みのバトルナイザー音声が響くと同時に、ステージのスクリーンに映し出されるゴモラ出現のエフェクト……

そして、遂にゴモラが大地に降り立った!!

……いやもう、この怒濤のような展開には、我を忘れて拍手喝采してしまいました。

地球生まれのウルトラマンたちに、地球生まれの怪獣ゴモラが味方して戦う。
まるでウルトラマンガイアのクライマックスを連想させるようなシチュエーションではありませんか!!



強敵ゴルドラスを相手に、互角以上の戦いを見せるゴモラ!!
ゴモラの生ドロップキックは、やっぱり大迫力だ!!!

ゴモラの出現に、ひときわ高く集まる子供たち(一部大人たち(笑))の声援!!
その声援を受けて、遂にアースキーが光り輝き出す!!

雄叫びと共に、光り輝くアースキーを、ゴルドラスの土手っ腹に突き刺すティガ!!

ティガ「今だ、みんな!!!」

ティガの呼びかけに応えて、一斉に必殺光線の発射態勢に入るダイナ、ガイア。
そして、ゴモラも………!!!

キターーーーーー!!!!!

ティガのゼペリオン光線が!
ダイナのソルジェント光線が!
ガイアのフォトンストリームが!
そしてゴモラの超振動波が!!!

一斉にゴルドラスを貫く!!!



大爆発!!!!!



「君は……?」
呼びかけるダイナの声には答えず、「戻れ、ゴモラ!」と呼ぶレイモン。
ゴモラを回収したレイモンは、そのまま無言で立ち去っていく。
追おうとするダイナを、ティガが制した。
「いいさ。彼もまた、平和を望む者なんだろう……」

レイモン、オイシすぎるだろ(笑)

そこへ再び現れた光の星のウルトラ兄弟たち。
勝利を喜ぶ8戦士だが、そこへまたも不気味な声が響く。

???「今度は私が相手だ。それまで束の間の平和を楽しむがいい……」

ウルトラマンは、その声の主の正体の見当がついているような口ぶりで「ついに動き出したか……」と言う。
続けてセブンも、「ヤツは怨念そのもの……次元を超えた敵だ!」と言う。

メビウスは、その声の主を追うという。
もしも次元を超えてしまえば戻ってこれなくなるかも知れないぞと忠告する新マンに、メビウスは明るく切り返す。

メビウス「大丈夫!たとえどんな場所に飛ばされても、きっと巡り会えます。だってぼくらは、ウルトラの絆でつながれた、兄弟なんだから!!」

……くあ〜〜〜。
ここまでやっといて、さらに9/13公開の劇場版「超ウルトラ8兄弟」への伏線にしちゃいますか!!



いやもう、とにかく興奮と感動の連続で、笑えるやら泣けるやら。
大騒ぎの第2部ステージでした。
このコンテンツをご覧になるには、最新のFlash Player Plug-inが必要です。ダウンロードはこちら>>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ウルフェス&大怪獣バトル スペシャルライブステージ
正式には「ウルトラマンフェスティバル&ウルトラギャラクシー大怪獣バトル」スペシャルライブステージ(ああ長い)というタイトルのショーに行ってきました。 ...続きを見る
ブロ愚 〜おろか日記 blog styl...
2009/01/11 01:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ブログパーツ
このコンテンツをご覧になるには、最新のFlash Player Plug-inが必要です。ダウンロードはこちら>>
ウルフェス2008:ライブステージ第2部 ブロ愚 〜おろか日記 blog style〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる