ブロ愚 〜おろか日記 blog style〜

アクセスカウンタ

zoom RSS B24 Presents 宮内タカユキ 30TH ANNUAL LIVE in 千葉

<<   作成日時 : 2008/05/20 02:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

5/18に千葉のフレアバー「B24」で行われた、宮内タカユキさんの芸能活動30周年記念ライブに行ってきました。

ちなみに「フレアバー」というのはあまり聞き慣れない言葉ですが、「フレア・バーテンディング」と言って、曲芸的な技術でカクテルを作るパフォーマンスを売りにしたバーなのだそうです。

ちなみに「B24」という名前は「24時間営業のバー」ということで、分かりやすいですね(笑)。

今回のライブは着席式で、ゆったりした雰囲気の中、待つことしばし。まずは当のフレアバーに所属するバーテンダーさんたちの妙技をちょこっと堪能した後、真打ちの登場。
DIXIESのボーカルとしても我々にとってはすっかりお馴染みの顔となったマッチョさんのMCで、ライブはスタート。



=== 第1部 カラオケコーナー ===

1.特警ウインスペクター

MAY-DAY MAY-DAY! B24はスタートから緊急事態。
コーラスとかけ声も最初から全開で行かざるを得ません。


2.今日のおれからあしたの君へ

ウインスペクターのOPに続いてEDがコンボで。
カウンターの中ではバーテンダーさんが、宮内さんの歌に合わせて妙技を披露するサービス付き。


3.特救指令ソルブレイン

そして休む間もなくソルブレインのOP。
コーラス隊を死なす気ですか(笑)
ていうか、宮内さん、この3曲をトップに持ってきて平気で歌うのはさすがです。

さて、ここで「正義の宮内さん」は一休み(笑)。
ここからは「悪の宮内」が登場!


4.グレートデビル・エクセリオン

キターーーー!!!(感涙)

この歌を初めてCDで聞いてから、この日をどれだけ待ちこがれたことか。

「優しさにはミサイル」ですよ! 「思いやりにマシンガン」ですよ!!
「助け合いかばい合う愛にレーザー」なんですよ!!!

中途半端じゃない、混じりっけ無しの「悪」。
ここまでくるといっそ清々しいほど純粋な「悪」。
独特の透明感がある声の宮内さんが歌うからこそ、この「悪」がひときわ輝きます。

カラオケに入らないかなあ……


5.レッドリボン・アーミー

そして続いても「悪」のテーマ。
宮内ファンの間でひそかに(?)大人気のこの曲です。

マッチョ「じゃあ、このへんでまた正義に戻っていただきましょうか」
宮内「戻るの? じゃあちょっと待ってね」

胸に手を当てて瞑想し、スイッチを切り替える宮内さん(笑)


6.ビデオ戦士レザリオン

レーザー・ブルーホワイト。
一転して正義のスーパーロボットを爽やかに歌い上げる宮内さん。
場内コーラスも、オケの音量に負けないくらい全開で。


7.銀河の王者ギンガイオー

そして立て続けにギンガイオー!
ギンガマンの挿入歌は、どれも名曲揃いです。
次は「ギガライノス!ギガフェニックス!ギガバイタス!!」が聞きたいなあ。

ここで、宮内さんよりご報告。

5/21の「天才てれびくんMAX」に、宮内タカユキさんがご出演されます!

役柄は……これは敢えてここでは伏せましょう(笑)。
気になる方は、5/21 18:20からの「天てれ」をチェックしてください!


8.未来(あした)を守る騎士(ナイト)たち

勢いのある歌から一転して、「特捜エクシードラフト」から切々と歌い上げるこの一曲。
コード進行がちょっと前の歌謡曲っぽいんですが、それがまた何とも雰囲気があってイイ。

ここでいったんカラオケはお休みになり、いよいよ……

=== 第2部 アコースティックコーナー ===

本日のゲスト、サイキックラバーのお二人と、パーカッションの「ウッチー」こと内田稔さんが登場!
まずは挨拶代わりに……

9.特捜戦隊デカレンジャー(サイキックラバー)

YOFFY「『3(サン)』はバカっぽくお願いします」

えええ!?(笑)

ジョーのギターとウッチーのパーカッションで聞かせるデカレンジャー。
構成はシンプルなのに、ゴージャス感があります。
もちろん「プロの観客」による合いの手もタイミングはバッチリで。


10.冒険者 ON THE ROAD(サイキックラバー)

続いてはスーパー戦隊30周年記念作品「轟轟戦隊ボウケンジャー」のEDテーマ。
この曲も、会場の合いの手が必須なので、ライブ映えのする曲です。

宮内「YOFFYの(特撮デビュー)曲聞いたら、俺も特撮デビューの曲歌いたくなっちゃったなあ」

11.超電子バイオマン

宮内さんの特撮デビュー曲と言えば、もちろんこの歌!
間奏ではウッチーが素晴らしいテクで、文字通り「魅せて」くれました。

ウッチー「直撃世代ですもん。小学生の頃、一生懸命見てましたから」

本当に素晴らしいパフォーマンスでした。


12.STAND BY ME

宮内さん自身が大好きとおっしゃる洋楽のナンバー。
とても耳馴染みのあるこの曲、以前に串田さんが歌われたのも聞く機会があったのですが、串田さんのそれが激情迸るような激しいものを感じさせるのに対して、宮内さんの場合はそれとは対称的に「優しさ」というか……「色気」と言った方が良いかな……そんな雰囲気を醸し出す歌いぶり。
私のような素人がこんなことを言うのはおこがましいのですが、どちらも甲乙付けがたい。


13.Home Sweet Home(サイキックラバー)

14.Open Arms(サイキックラバー)

宮内さんに負けじと、サイラバも洋楽のナンバーから、Motley Crueの「Home Sweet Home」と、Journeyの「Open Arms」をカバー。
YOFFYの澄んだ高音の声と、JOEのギターテクが泣かせます。


15.Long Train Runnin'

そして再びバトンは宮内さんへ。
今年2月のバースデーライブでも歌われた曲です。
洋楽を歌ってる時の宮内さんは、とても楽しそう。


16.呪文降臨〜マジカル・フォース(サイキックラバー)

その宮内さんのバースデーライブにYOFFYがサプライズゲストで登場した際に歌ったこの曲。
観客席との呪文の掛け合いが面白い。


17.JUMP!(サイキックラバー)

サイキックラバーのラストの曲は、アルバムからのオリジナル曲。
この曲、妻が大好きなのだそうで、生で聞けて大感激していました。

ここで、B24の会長がマッチョさんに「拉致」されて登場(笑)

宮内さんに「一曲歌ってよ」と言われ、「そんなあ、プロの皆さんを前にして歌えるわけないじゃないですか」と遠慮する会長さん。観客に向かっても「私の歌なんて聞きたくないでしょ?」と話を振ると、宮内さんがすかさず「そんなことないよなあ?」
もちろん、場内からは賛同の拍手が。

覚悟を決めて、テキーラを煽る会長(^_^;)。
その前にちゃっかり同じものをウッチーやYOFFYにも勧めてましたが(笑)。
さらに場内にも「こちらは500円にてお召し上がりいただけますと、ちゃっかり宣伝にもぬかりなし(爆)


18.男が女を愛する時 (会長)

そりゃあね、宮内さんが頼み込んで歌わせるお人ですもん。
ただもんじゃないと思いましたが。

会長さん、激ウマです(笑)

何でも昔バンドでドラムをやりながら歌われてたそうで。納得。


19.A Place In The Sun

恥ずかしながら一般曲にはとことん疎い私ですが(^_^;)、妻が原曲はスティービー・ワンダーだと教えてくれました。
当時16歳のスティービー・ワンダーが歌った曲だそうです。


20.すべては君を愛するために

アコースティックのコーナーを締めくくったのは、「仮面ライダーBLACK RX」挿入歌からの名バラード。
この曲で〆てくるとは、何ともニクイ構成です。


=== 第3部 再びカラオケコーナー ===

21.仮面ライダーBLACK RX

ここからラストまで、一気にヒートアップ。


22.Stand Up! Soldiers 〜選ばれし者たち〜

23.君を探す翼

「超鋼戦記キカイオー」のOP、EDコンボ!
最近になってJOYサウンドでカラオケ配信されましたが、これまで宮内さんのライブでは歌われたことのない曲です。
勇壮な中にも切ない曲調の「Stand Up! Soldiers」といい、優しくしっとりしたバラードの「君を探す翼」といい、どちらも名曲。今後ライブの定番になっていって欲しいです。


24.バイオミック・ソルジャー

25.誰かが君を愛してる

ラストは、いずれも宮内さんの代表作2作のEDコンボ。
ライブ映えする「BIO!MIC!」の合いの手と、しっとりバラードのコーラスが対称的な2曲ですが、このどちらも宮内さんならではの魅力溢れる曲です。



……でも、もちろん「終わり」と言われて、そんなにすんなり終われるわけないですよね(笑)



=== アンコール ===

EC1.ゴールは未来

EC2.特捜エクシードラフト

アンコールの2曲は、「特捜エクシードラフト」のEDからOPへとつなぐコンボ。
ラスト1曲は、ゲストのサイラバとウッチー、それにスペシャルゲストの佐藤健太さんも交えての大合唱でした。



「アコースティックライブ」ということだったので、もうちょっと洋楽とか一般曲多めかな?と思っていましたが、思ったよりカラオケ曲が多く、しかもレアな曲や初披露の曲がたくさん聞けたので、特ソン・アニソンファンの立場からしても満足できる内容でした。
アコースティックコーナーで聞いた洋楽も、素敵な曲揃いで、長じて以来非常に狭くなってしまった私の音楽経験を広げてくれるような気がしました。

ホント、時間と置き場所の余裕さえあれば、もっと色んな曲を聞きたいんですがね……(^_^;)



ともあれ……

宮内さん、ゲストのサイラバのお二人、内田さん、佐藤さん、そしてマッチョさんはじめ今回は受付など裏方に徹していたDIXIESの皆さん、マネージャーの杉浦さん、そしてフレアバー「B24」のバーテンダー、スタッフの皆さん。

本当に、楽しい時間をありがとうございました!
このコンテンツをご覧になるには、最新のFlash Player Plug-inが必要です。ダウンロードはこちら>>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ブログパーツ
このコンテンツをご覧になるには、最新のFlash Player Plug-inが必要です。ダウンロードはこちら>>
B24 Presents 宮内タカユキ 30TH ANNUAL LIVE in 千葉 ブロ愚 〜おろか日記 blog style〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる