ブロ愚 〜おろか日記 blog style〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 【追記あり】銀座博品館劇場:ウルトラヒーローバトル劇場 第8弾(第1幕)

<<   作成日時 : 2008/04/06 02:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

例によって行って参りました。

第8弾となる今回はProject DMMの皆さんが出演されないので、我が家のテンションとしては微妙に低かったのですが(苦笑)、しかしストーリーは今回も大感動でした!

今回の主役を演じるウルトラヒーローは、青き勇者・ウルトラマンヒカリ
そしてヒカリと言えば……



冒頭……地獄を思わせる雰囲気の、どこかの惑星上。
そこで目覚めた者……

宇宙剣豪・ザムシャー!!

「ここは一体……? オレは何をしているのだ? 地獄にでも迷い込んだか……」と呟くザムシャー。
そのザムシャーに、迫る影……マグマ星人!

マグマ星人ばかりではなく、ババルウ星人、そしてケットル星人が、ザムシャーの周りを取り囲む。
かつて同胞を殺された恨みを晴らすというマグマ星人だが、「弱き者のことなど、いちいち覚えていられぬわ!」と冷たく言い放つザムシャー。
怒り狂い挑みかかる宇宙人たちと、派手な剣劇の始まり!

華麗なる剣の舞い。
あっという間に宇宙人たちを切り捨てていくザムシャーがカッコイイ。
しかし、後ろで倒れるマグマ星人の反り返りっぷりが、まるで福本清三さんばりだったりして、こちらも凄い(笑)

しかし、突如として赤い光に包まれると、途端に苦しみ出すザムシャー。
「どうしたというのだ!? 身体が……刀がうずく……っ!!」
周りで倒れていたマグマ星人たちも、まるでゾンビのように立ち上がり、ザムシャーの周りを取り囲む。
激しい音が鳴り響き、マグマ星人たちが消えさった後に残された、ザムシャーの様子がおかしい。

ザムシャー「我が無念、思い出したり……ウルトラマンヒカリ! 斬る!!」

ヒカリと戦うことができなかった無念。
それが、再びザムシャーの心を支配してしまったのだ。
でも、一体なぜ……!?



ところ変わって。
突如、舞台に登場したのは、宇宙大怪獣ベムスター!
そして、それを追って登場したのが……ウルトラマンヒカリ!

ナイトシュートでベムスターを撃破したウルトラマンヒカリだが、「おかしい、このところ誰かに見られているような気がする……?」と呟く。

その後ろに迫る……段ボール箱???(笑)

去ろうとするヒカリの後ろからついていく段ボール箱。
そこから覗いた小さな姿は……何と、ウルトラマンボーイ!?(笑)

なぜ自分をつけ回すのかと問うヒカリに、ボーイは「弟子になりたい」という。
が、ヒカリはそれをアッサリと断る。
「宇宙警備隊の任務で忙しいんだ」というヒカリ。「そういうことなら、ゾフィーやタロウに頼むんだな」というが、ボーイは「いやだい! あんたがいいんだい!!」と駄々をこねる。

「どうして俺なんだ?」と聞くヒカリにボーイは答える。
「あんたは他のウルトラマンと違うだろ!」

ヒカリ「何が違うんだ?」



ボーイ「色!!」



カァ〜〜〜(SE)



無言で去ろうとするヒカリに「じょ、冗談だって〜〜」と追いすがって、ボーイは言う。

ボーイ「ホントのこと言うとさ、あんたが元々ウルトラマンじゃなかったからなんだ」

ボーイはさらに続ける。
自分は実は落ちこぼれで、友達にも「お前がウルトラマンになれるわけがない」とバカにされている。だからこそ、昔ウルトラ戦士でなかったヒカリの弟子になれば、自分も強くなれる気がするんだ、と。



ヒカリは確かに、元は科学者。
しかし、アーブの悲劇、ボガールとの戦い、そしてメビウスや地球人たちとの出会いを経て、「ウルトラマン」になった……。
そこに目を付けるとは、なかなか目が高いじゃん、ボーイ。

しかしヒカリはそれでも弟子入りを断る。
ヒカリは腕のナイトブレスを見つめながら言う。自分の力はウルトラマンキングに授かったもので、自分自身が強くなったわけではない。それに、「強いだけがウルトラマンじゃないぞ」

ウルトラマンは強くなくちゃいけないだろ、と口答えするボーイだが、ヒカリは「そう思っているうちは、本物のウルトラマンにはなれないな」と言い放つ。

ヒカリ「……それに、力だけを求めると、いつか危険な目に遭うぞ」

ヒカリの深刻な口調に、ちょっとビビりながらもボーイは強がる。
「おおお、脅したって無駄だからな!?」

しかし、そのときヒカリの心に、テレパシーの声が届く。

「助けて……助けて……」

その声は、惑星エデンからのもの。
越えに導かれるまま惑星エデンにやってきたヒカリは、惑星エデンの精霊(演じるはお馴染みの「シータおねえさん」こと明子おねえさん)と出会う。

精霊のおねえさんは語る。
惑星エデンは、昔から豊かな大地を守り続けてきた。
しかし今この星に「闇の塊」……すべてを飲み込む巨大なブラックホールが迫りつつあるというのだ。

頼れるのは貴方達光の戦士しかいない、エデンを救って!と懇願するエデンの精霊。

しかし、そこへ現れる敵……
キングジョーブラック!!

驚きながらも戦うヒカリ、しかしキングジョーブラックは強敵!
その圧倒的なパワーの前に押され気味のヒカリ。

そのとき、エデンの精霊が会場のお友達に呼びかける。
エデンの力で、みんなのがんばれの声をヒカリに届けることができるというのだ。



実は入場時に、子供たちの手の甲には特殊なインクでスタンプが押されていました。
そこにブラックライトが当たると、手の甲に星の印が光るという仕掛け。



がんばれ〜〜〜〜〜!!!!!

子供たちの、そしてボーイとエデンの精霊の大声援に呼応するかのように、ヒカリの身体を光が包む(シャレではない(笑))。

ヒカリ「身体に力が溢れてくる! ……よし!! これならいける!!」

会場の声援を受けたナイトシュートで、見事にキングジョーブラックを撃破するヒカリ!

無邪気にはしゃぐボーイだが、ヒカリは「今の力は一体……?」と戸惑っている様子。
エデンの精霊が言う。

精霊「命の力。貴方のことを守りたいと思うみんなの思い。それが、今の力よ」

それにしても……とヒカリは疑問を抱く。
今のキングジョーブラックは、一体どこから現れたのか?
さらにヒカリは言う。今の敵から感じた「嫌な気配」……それは、かつて地球でエンペラ星人と戦ったときのそれに似ていたというのだ!

エンペラ星人と聞いて、激しくビビるボーイ(笑)。
ヒカリは「エンペラ星人はメビウスと一緒に倒したはずだが……」と言う。
「ブラックホールの出現と関係があるのかも……?」と言うエデンの精霊に、「俺も今、そう思っていた」と同調するヒカリ。



そこへ、さらに現れる敵!
今度はキングジョーブラックだけでなく、ノーマルタイプのキングジョーまで!!
2体の同時攻撃に、またしても苦戦を強いられるヒカリ。

再び「命の力」を集めてヒカリに送ろうとするエデンの精霊。
子供たちの手の甲が再び光るが……その光が消えてしまった!

「命の力」が届かない!? 大ピンチのヒカリ!
しかし、そこへ…………!!!



メビウ〜〜〜〜〜ス!!!



颯爽と現れるウルトラマンメビウス!

助けを呼ぶエデンの精霊の声は、メビウスにも届いていたのだ。
さらにメビウスは言う。
「ボクだけじゃない!」

変身のかけ声と共に現れた戦士は、ウルトラマン80!!
さらに何とウルトラマンジョーニアスまで!!



ジョーニアスが登場するステージは初めて見ます。
腰を低く落としたジョーニアスの構えが、ムチャクチャ鍛えられてる感じ。
アニメを意識した、独特のアクションがカッコイイ。



4人の連係攻撃で、キングジョーブラック&キングジョーのタッグを撃破!
しかし、突如倒れて苦しみ出すエデンの精霊。

精霊「エデンの力が、なくなっていく……!」

接近するブラックホールがエデンのエネルギーそのものまで奪い始めているらしい。

ヒカリ「アーブのような星を2度と作るわけにはいかない!」

固く心に誓い、共に駆けていくウルトラ戦士たち。
ついていこうとするボーイを、ヒカリは「ついてくるな」と制止する。
いったんは従う素振りを見せて、こっそりついていこうとするボーイだが、ヒカリはそこまでお見通し(笑)。「絶対についてくるんじゃない!!」と念押しされ、渋々ボーイは残ることに。



ところは再び変わって、暗黒の世界。
なぜか突如として現れるレッドキング、そしてチャンドラー!
激闘を繰り広げつつ、舞台袖に引っ込んでいく。

そこへ到着したウルトラ戦士たち。
どうやらここは、単なるブラックホールではないようだ。

注意を払いつつ、さらに奥へと侵入する4人は、二手に分かれて探索を続けることに。



謎の不気味な声が響く。

?「フッフッフッ……来ると思っていたぞ、光の戦士たち……」



探索を続けている80&ジョーニアス。
そこへ不意を衝いて二人を襲う謎の攻撃が!
ジョーニアスをかばって80が、さらに80を助けて逃げようとしたジョーニアスまでが、攻撃の前に倒れていく。

?「あと二人……!!」



一方のヒカリ&メビウス組。
「まるで地獄のようだ……」と、冒頭のザムシャーと同じ感想を抱くヒカリ。
そこら中に憎しみや恨みの念が渦巻いているのを感じ取ったのだ。

と、そこへ突如として襲いかかってきたゴルザ!
ゴルザはヒカリを突き飛ばし、メビウスを舞台袖に押しやる。
「しまった!」とその後を追おうとするヒカリの眼前に立ちはだかった者が……

……ザムシャー!!

「ザムシャー! 生きていたのか!?」
驚くヒカリだが、そんなことにはお構いなしにザムシャーは言う。
「我が無念、今こそ晴らすべき時!」

問答無用で襲いかかるザムシャー。
戦い合いながら舞台袖へと消える両者。



一方、ヒカリと引き離されたメビウスは、なおもゴルザと戦っていた。
苦戦しながらも、ゴルザを叩き伏せるメビウス。
「やったか……!?」と一息つくメビウスだが、そこへ響く謎の声。

声は、「せっかく甦らせてやったのに、役に立たん」とひとしきり文句を言い、「ならばせめてエサとなれ!」と叫ぶ。

ゴルザが脅えている様子を見て取るメビウス。
果たして、ゴルザの前に現れたのは……ボガール!!!
ボガールは見る間にゴルザを食い尽くす。

メビウス「ボガール!! なぜお前がここに!?」

ボガール「目的はただひとつ。我が主、エンペラ星人の復活だ!!」

「まさか、このブラックホールは!!」
驚くメビウスに、ボガールは得意げに言う。
このブラックホールは、宇宙全体の怨みや憎しみ、無念の魂を集めてできた闇の空間。
それらはすべて闇の皇帝=エンペラ星人復活のエネルギーとなる!

そんなことはさせない!と、必死に戦おうとするメビウス。
だが、闇の空間ではボガール相手に分が悪い。
勝ち誇り、メビウスを食おうとするボガール。

と、そこへ駆けつけてくるウルトラマンヒカリ!
辛うじてメビウスからボガールを引き離すが、そのヒカリの後を追ってザムシャーまでが!!

ヒカリ「くっ……! なぜだザムシャー!? お前は地球での戦いで、何かを守ることの大切に目覚めたはず。それがどうしてこんなことを!」

ザムシャーに必死に訴えるヒカリだが、ザムシャーは無言で刀を構える。
今のザムシャーは、ヒカリと戦えぬまま死んだ無念に支配されているのだと嘲笑うボガール。

ヒカリ「目を覚ませ、ザムシャー!!」

ザムシャー「斬る!!」

ザムシャーの容赦ない攻撃の前に傷つきながらも、ヒカリはザムシャーへ訴えることをやめない。

ザムシャー「勝負しろ、ヒカリ! なぜ手を出さんのだ!?」

ヒカリ「……これは、守るための戦いじゃないだろう!!」

その言葉を聞いた途端、ザムシャーに初めて動揺の色が走る……!

「どうした!? さっさとやってしまわぬか!!」
けしかけるボガール。
ザムシャーは刀を大上段に振りかざすものの……振り下ろすことができない。
頭を押さえ、苦しみながら逃げ去っていくザムシャー。
「ええい、まだ完全には支配されておらんのか……!!」
ボガールは舌打ちし、「ならば直接とどめを刺してくれるわ!」と、傷ついたヒカリに襲いかかろうとする。

そこへ、ウルトラマン80が登場!!
ボガールの背後からビーム攻撃で牽制する隙に、ジョーニアスがヒカリとメビウスに駆け寄り、助け起こす。

「貴様ら〜、まだ生きておったとは!」
驚くボガールに、「あのぐらいで倒せると思ったか!」とジョーニアス。

4人のウルトラ戦士vsボガールの戦い。
形勢逆転し、一気にボガールを追い込んでいく。

しかし、追いつめられたボガールは、皇帝に助けを求める。
と、ウルトラ戦士を襲う強烈な光線!!
途端に弾き飛ばされ、倒れてしまうウルトラ戦士たち。

正面スクリーンに浮かび上がる皇帝の姿。
まさか、もう復活してしまったのか!?

しかし皇帝の復活は、まだ完全ではないらしい。
さらにエネルギーを捧げよ、とボガールに命じる。

必死に阻止しようとするウルトラ戦士たちを、皇帝の強烈な念動力が襲う。
その恐るべき身体を動かすことすらできない。
このままでは全滅してしまう。
誰か一人だけでも逃がさなければ……!と呟くジョーニアス。

エデンを救いたいという一心で、遂に呪縛を解き放つヒカリ!
ふらふらになりながら、3人の戦士を助けようとするが、既にその力も限界にきていた。
いったん引いて、体勢を立て直すんだというジョーニアスたち。
逃がすものかと迫るボガール!

3戦士は最後の力を振り絞り、迫るボガールを阻止して、すべてのエネルギーをヒカリに託す。
そのエネルギーを受けてヒカリは脱出に成功するが、残る3人は完全に力を使い果たし倒れてしまう。



舞台は再び惑星エデン。
師匠=ウルトラマンヒカリの身を案じているボーイのところへ、ふらふらになったヒカリが現れ、疲れ切って倒れ伏してしまう。
傷ついたヒカリの姿に驚き、必死に呼びかけるボーイに、エデンの精霊が優しく言う。
「大丈夫、助かるわ。奥で少しでも休ませてあげて」

ヒカリの身体を助け起こしてボーイが立ち去ると、精霊は会場の皆に呼びかける。
ウルトラ戦士たちを、最後の最後まで応援して欲しい……と。






第2幕は、さらに泣けるシーンの連続です。
まて次回!!(爆)




(4/8 追記)
そうそう、大事なことを忘れていました。
博品館劇場のウルトラヒーローバトル劇場と言えば、名物がひとつ。
それは前座のウルトラマンナイス(笑)。
前作ではゼアスと共に主役を張った千両役者が、今回は満を持して前座に復帰(爆)。
相変わらずの珍妙なトークと絶好調のアクション(パントマイムとか煽りとか(笑))に、すっかり笑わせていただきました。

で、ナイスの前座といえばこれまた付き物なのが「モノマネ」。
今回は「ヒビノ・ミライのモデルとなったバン・ヒロトの父親のバン船長、もっと分かりやすく言うと俳優の平泉 征さんのモノマネ」(以上、ナイス談)……って、なげーよ!!(笑)
つーか、その「分かりやすく言うと」は大人にしか分からんでしょう(爆)
まあ、ハナからターゲットは大人なんだろうけどさ(走召火暴)
このコンテンツをご覧になるには、最新のFlash Player Plug-inが必要です。ダウンロードはこちら>>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
銀座博品館劇場:ウルトラヒーローバトル劇場 第8弾(第2幕)
承前:「銀座博品館劇場:ウルトラヒーローバトル劇場 第8弾(第1幕) 」 いよいよ第2幕です。 ...続きを見る
ブロ愚 〜おろか日記 blog styl...
2008/04/08 01:50
ウルトラマンファイティングステージ in 横浜
今夏から、装いも新たに始まったウルトライベント。 東京圏で行われるのは初めてと言うことで、早速行ってきました。 ...続きを見る
ブロ愚 〜おろか日記 blog styl...
2008/08/02 22:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ブログパーツ
このコンテンツをご覧になるには、最新のFlash Player Plug-inが必要です。ダウンロードはこちら>>
【追記あり】銀座博品館劇場:ウルトラヒーローバトル劇場 第8弾(第1幕) ブロ愚 〜おろか日記 blog style〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる