ブロ愚 〜おろか日記 blog style〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 人物ソックリにPCがしゃべるソフトウェア

<<   作成日時 : 2008/04/17 21:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

asahi.comより『失った肉声をPCで再生 がん手術の教授、教壇に戻る』

 咽頭(いんとう)がんで声帯を切除した大阪芸術大(大阪府河南町)の牧泉教授(59)=量子化学=が15日、手術前の肉声を合成処理してよみがえらせるソフトを使い、1年ぶりに教壇に立った。失ったはずの声は、あたかもそのとき話しているかのように教室に響いた。

 講義の冒頭。牧さんは深呼吸して着席し、教壇に用意したパソコンに向かった。「チャンスを与えてくださった大学のみなさまに感謝いたします」。口は閉じているのに、キーボードを打つと、なめらかな声がスピーカーから流れ出した。

 新年度を控え、授業を選択する学生向けの講義紹介に断り書きをした。「私は声が出ません。残しておいた自分の声を基に作成されたソフトを使って、コンピューターにしゃべらせる方法で授業をします」。何人受講するか不安だったが、教室にはほぼ満員の約60人が集まった。

 8年前にがんの告知を受けた。「余命は月単位で考えてください」と言われたが、「奇跡的」に回復し、治療しながら教壇に立ち続けた。だが、昨年に再発。声帯を切除する決断をした。

 なんとか自分の声を残したい。インターネットで「自分の声」「ソフト」と打ち込み、大手電機メーカー沖電気工業(東京)の声を再生する試作ソフトを見つけた。すがる思いで連絡した。

 スタッフが自宅を訪れ、7時間かけ肉声を収録した。「今日はいい天気です」。声の特徴とイントネーションをとるため、例文を読み上げた。よく使う言葉は一語一語、録音した。家族や友人の名前、「なるほどな」「そやな」といった口癖。「結合性軌道」「グルタミン酸ナトリウム」などの専門用語。常用語は213にのぼった。

 07年10月に声帯を切除し、手術後、キーボードを素早く打つ練習を重ねた。通年科目である化学の講義は見送り、半期科目の「情報処理概論I」を担当。再発や死を意識しながらの復職だが、「声が絶対に必要な場所で、任務を果たしえることを示したい」の一念で登壇した。

 約1時間15分の講義を終えると、牧さんは深く頭を下げた。その後の取材に、パソコンで「授業中は『いけてる』と思い、グッときました。だいぶできそうな気がしてきました」と話した。

 声帯を切除後に話すには、空気をのみ込んで発声する「食道発声」や首に密着させた機械で振動を起こして声を出す「電気喉頭(こうとう)」が一般的だ。

 沖電気工業は4月から、牧さんの使う「自分の声ソフト」を、注文があれば販売する。価格は約100万円という。

機能を考えると、100万円は安い気がする。

東京新聞のサイトにはロボットスーツの量産化のニュースが出ていましたが、こちらも素晴らしい技術ですなあ。

ちなみに「合成音声がしゃべる」と聴いて真っ先に自分が思い出したのは、サイモン・ライト教授でした(笑)



それから、これは不謹慎を承知で言う。

あとは記憶を移植できれば完璧!

ホラ、ゴーダムとか神ステーションとか。





ロボットスーツの記事も、消失防止のために引用しておきます。

 体に装着して手足の動きをモーターで補助し、高齢者の歩行などを可能にするロボットスーツ「HAL」の量産化に向け、開発者である筑波大の山海嘉之教授らが設立したベンチャー企業サイバーダインの研究開発センター起工式が16日、茨城県つくば市のつくばエクスプレス研究学園駅前で開かれた。

 センターは同社の研究・生産拠点として9月末に完成し、10月に稼働する予定。当面は年間400−500着を生産し、数年で数万着規模まで広げる計画。大手住宅メーカーの大和ハウス工業(大阪市)と提携し、個人向けのほか、病院など施設向けのレンタル用を中心に販売する方針。

 HALは、脳から伝わる電気信号を皮膚表面に付けたセンサーで読みとり、モーターで体を動かす補助をする。高齢者や障害がある人の歩行補助、重労働者の負担削減などが期待されている。
このコンテンツをご覧になるには、最新のFlash Player Plug-inが必要です。ダウンロードはこちら>>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ブログパーツ
このコンテンツをご覧になるには、最新のFlash Player Plug-inが必要です。ダウンロードはこちら>>
人物ソックリにPCがしゃべるソフトウェア ブロ愚 〜おろか日記 blog style〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる