ブロ愚 〜おろか日記 blog style〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 「600万ドルの男」へ向けた新たな一歩

<<   作成日時 : 2008/03/18 00:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

ギズモード・ジャパンより『人工の眼で視力を回復する』

科学が、またひとつ光明を与えてくれました。

「Boston Retinal Implant Project(ボストン網膜移植プロジェクト)」が人工眼の移植の試作に成功したそうです。これは加齢性黄斑変性症という病気で失明した人に対して有効な方法で、眼球の後ろ側にチップを埋め込み、髪の毛よりも細い電線で脳とつなぎ、そこから光信号を脳に送ることによって実現されます。
現在は全くモノが見えない状態から周囲に何があるかぼんやりと感知できるくらいまでには到達しているそうです。開発者たちはより性能を上げ、人の表情のディティールがわかるくらいまでには到達したいと考えているとか。

なお、この技術には限界もあります。たとえば生まれつき目が見えない人や、緑内障によって視力を失った人には効果がないそうです。あくまでもかつて視力があり、今でも部分的に視神経が働いていることが条件だとか。それでも素晴らしいニュースですね。


今のところ、まだやっと出発点に着いたところで、ゴールはまだまだ遠いにしても、「600万ドルの男」実現に向けた大いなる一歩であると思う。これまで腕や脚などの身体的損傷についてはリプレイスするためのパーツ開発が進んでいるという情報が時々あったんだけど、目や耳など五感神経部分の損傷に対する技術というのは、あまり発表された例がなかったと思いますし。

研究チームには、より一層の成果を期待したいです。
このコンテンツをご覧になるには、最新のFlash Player Plug-inが必要です。ダウンロードはこちら>>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 マルチジャンルTRPG「TORG」に存在するサイバー教皇領という世界ではサイバネティクスが日常の技術となり、我々にとってのコンタクトレンズのような感覚でサイバーアイを買って使用していました。但し自身の生来の肉体をサイバーパーツに置換していくとサイバー精神障害を引き起こすので注意が必要。
 昭和ライダーの多くは脳以外全て機械でした(意外な事にスーパー1は1/3生身が残っているそうですが)。そういう状態は我々の心に何をもたらすのでしょうか?
Zephyranthes
URL
2008/03/20 21:15
>Zephyranthesさん
最近すっかりコメントへのレスが遅くなり気味で済みません。
TORG、懐かしいですね(笑)。私も何度かプレイしたことはありますが、サイバー教皇領のキャラはやったことなかったなあ。何せプレイヤーの根がナイル・ヒーローなもので(爆)
Radcliffe
2008/03/22 10:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ブログパーツ
このコンテンツをご覧になるには、最新のFlash Player Plug-inが必要です。ダウンロードはこちら>>
「600万ドルの男」へ向けた新たな一歩 ブロ愚 〜おろか日記 blog style〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる