ブロ愚 〜おろか日記 blog style〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 東武動物公園 ハッピーオンステージ

<<   作成日時 : 2007/11/05 00:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

既報の通り、「ウルトラヒーローショー 〜大怪獣バトル〜」へ行ってきました。
生コノミ隊員にもあってきましたよ〜〜(^^)

ショーは11:30と14:00の2回。
最初はヒーローショーですが、ゲストとしてコノミ隊員こと平田弥里嬢(以下「コノミ隊員」で統一。「平田さん」よりそっちの方がしっくりくるので(^_^;))がご出演。
ショー終了後、ウルトラヒーロー&コノミ隊員との握手会、という流れでした。

ちなみにコノミ隊員との握手会に参加するには整理券が必要だったのですが、1回目の整理券配布は9:30、即ち開園と同時。
我々が現着したのは結局10:00頃でしたから、1回目の整理券は無理だろう……と思っていたんですが、意外にまだ残ってました(笑)。

初めて知ったのですが、東武動物公園のハッピーオンステージには、別料金(1席300円)の指定席制度があるんですね。商売上手というか(苦笑)……
とはいえわざわざ都内から電車で1時間以上かけてきたのですから、せっかくなら良い席で見たいと思うのが人情と申すもの。1回目の指定席は売り切れでしたが2回目はまだ発売中だったので、結局\1,200-払って2回目は良い席で見る事に。
幸いな事に、指定席を購入すると握手会の整理券も付いてきました。
これで2回のステージとも握手会参加決定(爆)

ショーの方はと言うと、内容は「大怪獣バトル」をモチーフにした、なかなか泣かせるストーリーでした。
以下、万一来週以降のショーに行こうと思ってる方がいらっしゃいましたら、以下ネタバレがありますのでご注意ください。










最初にステージに現れたのはウルトラマンヒカリ、そして……ヒッポリト星人!
軽くバトルが繰り広げられますが、ヒカリの動きがカッコイイ!!

とっとと地球を去れ!というヒカリに対して、ヒッポリト星人は余裕の表情。
不意を衝いてヒカリを撃退してしまい、「楽しいゲームの始まりです」と笑いながら去っていく。

そんな緊張感漂うイントロが終わり、一転して明るい音楽が流れると、ステージにはウルトラヒーローショーでもすっかりお馴染みの顔となった、シンリおねえさんこと橋本真里嬢が登場。

画像


ゴミはゴミ箱へ、ステージには絶対上がらないという二つのお約束を、会場のおともだちのみんなとかわした後、シンリおねえさんはコノミ隊員をステージに呼びます。

画像


ところでコノミ隊員は、大怪獣バトルを知ってますか?というシンリおねえさんの問いに、「もちろん! カードも一杯持ってますよ〜」と、マイカードを取り出すコノミ隊員(笑)。
そこへ走り込んできたのが……

画像


「大怪獣バトルと聞いちゃ、黙ってられねえぜ!」と現れた、ウルトラマンゼアス。

そしてその手には……バトルナイザー!!(笑)



商品宣伝、乙!!!(爆)



何でも、このバトルナイザーはゼアスがピグモンからもらったものなんだそうで。
ゼアスがカードをスキャンし、「モンスロード!」と叫ぶと……

画像


本物のゴモラが登場!!

ゼアスの号令に従って、得意の尻尾攻撃!!

画像


今日はこれで、会場のお友達と一緒に遊ぼう!というゼアス。
コノミ隊員のマイカードを使って、一気に5体の怪獣をモンスロード。
登場したのはジェロニモン、バルタン星人、ベムスター、エースキラー、そしてゼットン。

そしてゲーム開始。
まずはコノミ隊員vsゼアスのお手本バトル。
実際の大怪獣バトルでは手でボタンを連打するのですが、今日は本物の怪獣がでてきているので、足踏みの回数で勝負を決めます!ということに。
コノミ隊員はゼットン、ゼアスはバルタン星人を選んでバトル開始。

よーいドン!の合図と共に、その場で駆け足足踏みを始める二人。
その後ろで押し合うゼットンとバルタンですが……
やがてバルタンが弾き飛ばされ、勝負はゼットン=コノミ隊員の勝ち!

それでは本番。
ゼアスは、自分で育てたゴモラを使います。
会場のみんなには、まだ出ていない怪獣のうちから誰を選んで戦うか聞いてみよう。

せーので好きな怪獣の名前を、口々に叫ぶ子供たち。
ちなみにうちの子供たちは「ベムスター!」って叫んでました(笑)

そして選ばれたのは……エースキラー!

(ちなみに1回目は、エースキラーとバルタン星人が逆でした。つまり、最初のお手本バトルでエースキラーが選ばれ、子供たちの時にはバルタンが選ばれていました。お話しの都合上、そのどっちかになるようになってたものと思われます。ここでは以後、2回目の内容をベースにして進めます……閑話休題)

今度は、会場のおともだちもみんな立って、その場で足踏み開始。
ゼアスが育てたゴモラも善戦しますが、場内の子供たち総掛かりの足踏みパワーには勝てず(笑)、勝負はエースキラーの勝ち。

そんな風に楽しく遊んでいたのですが……
突如、怪獣たちの様子がおかしくなる。
シンリおねえさんに促され、慌てて怪獣たちをカードに戻そうとするゼアスですが……

ゼアスが育てたゴモラ、そしてみんなが選んだエースキラー以外の怪獣が、カードに戻らない!!

暴れ始めた怪獣を、必死に止めようとするゼアス。
ちょっとコミカルなアクションが繰り広げられますが、やがてついにピンチに……!

そこへ、耳慣れた効果音と共に登場したのが……

画像


ウルトラマンメビウス、そしてウルトラセブン!
ゼアスを助けて、怪獣たちとのバトル開始!!

ウルトラセブンがジェロニモンを倒し、メビウスはライトニングカウンター・ゼロでベムスターを撃破。しかしゼアスはゼットン・バルタンの2体に襲われピンチに。
と、そこへ……

画像


ゴモラ、そしてエースキラーがゼアスを助けに!?
援軍を得たゼアスは勇気百倍。二匹の協力もあり、辛うじてゼットンとバルタンを追い払う。

ゼットンを背中で投げ飛ばすゴモラ、すごい!

落ち着いたところで、何故地球に?とセブンたちに問うゼアス。
応えてセブンは「地球から発信されていた謎の怪電波の調査に向かったウルトラマンヒカリが、連絡を絶った」と言う。

それにしても、なぜ怪獣たちは急に暴れ出したのか?
ゼアスのバトルナイザーに気づき、「ちょっと見せてくれ」というセブン。
バトルナイザーを手に取ったセブンは、それを見て言う。

セブン「これは!……謎の怪電波に、バトルナイザーが反応している!?」

どうやら怪獣が実体化して暴れ出した理由も、怪電波と関係があるらしい。
しかし、そんな中でゴモラとエースキラーだけが暴れ出さなかった理由、それは……。

年長者らしく、セブンはメビウスたちに指示を出す。

セブン「私は怪電波の出所を探る。メビウス、君はヒカリの消息を」
メビウス「ハイ!」
ゼアス「あの〜〜……ボクは?」
セブン「君は、逃げた怪獣たちの行方を追ってくれ」
ゼアス「そ! そんな大事な任務を!?」
セブン「君と、(怪獣たちを見ながら)君のその仲間達がいれば……大丈夫だな?」
ゼアス「は……ハイッ!」

セブンの優しい言葉に、深々と頭を下げるゼアス。
そして、素早くメビウスとセブンが去った後、残ったゼアスは……

ゼアス「……セブンは分かってるんだ。ぼくたちの怪獣が暴れない訳を。それは、多分……。(意を決したように顔を上げ)よし! 行こう!!」

敢えてセリフで語らない、この余韻がいいなあ〜〜。

シンリおねえさんと一緒にステージに戻ったコノミ隊員は、自分もフェニックスネストに戻ってウルトラヒーローたちのサポートをする、と言います。
シンリおねえさんの呼びかけで、子供たちから「がんばれ〜〜!」の声が届けられると……

コノミ「G.I.G! じゃあ、行ってきます!」

コノミ隊員の生「G.I.G!」萌え〜〜〜(笑)

残ったシンリおねえさんは、さっきのセブンの態度やゼアスの言葉の意味を、たぶんよく意味が分からない小さなおともだちのために(笑)噛み砕いて説明してくれる。ゼアスやお友達みんなが、ゴモラやエースキラーの事をホントの仲間だと思う優しい気持ちが、彼らを変えてくれたんじゃないか、と。
そして、自分もヒカリの行方を捜してみる事にする、と言い残して、ステージを後にする。



そして、時間経過を表す効果音が流れると、ステージ上にゴモラが現れるが……
あれ?ゼアスとエースキラーは?……

と思ったら、客席の方から現れました!(笑)

あたりを探し回っている一人と二匹。
しかし、怪獣たちは見当たらない。
疲れて座り込んでしまうゼアス。すると、ゴモラはそんなゼアスに背中を出す。
ゼアスをおぶってあげようというのだ!
「優しいなあ〜」と感激しながらゴモラの背中におぶさろうとするゼアス。
しかしその背後から……

エースキラーまで乗った〜〜!(爆)

案の定ゴモラつぶれた〜〜〜!!(走召火暴)

「このやろ〜〜!」と怒る素振りながらも、楽しそうなゼアス。
だが、そこへ……ウルトラマンヒカリが!?

画像


ヒカリに対して、なぜか威嚇行動を採るゴモラとエースキラー。
ヒカリもまた、問答無用で攻撃を仕掛けてくる。
ゼアスは必死に止めようとするが、ヒカリは「そいつらは怪獣だろう」と聞く耳を持たない。それどころか「邪魔をするな」と、止めようとするゼアスすら容赦なく投げ飛ばす。

そこへメビウスが登場!
ゼアスと一緒になって必死にヒカリを止めようとする。
さらにシンリおねえさんも戻ってくるが、ウルトラヒーロー同士が争っている様子に驚く。

シンリ「待って……ヒカリのブレスが……!?」

言われてメビウスとゼアスも気づく。

メビウス「ヒカリ……なぜナイトブレスを、左腕に!?」
ゼアス「えっ……あ、あれ〜〜!?」
メビウス「お前は、まさか……!!」

チッと舌打ちをして、ナイトシュートの体勢に入る偽ヒカリ。そのポーズは、やはり左右逆。
しかし一瞬早くメビウスのメビュームスラッシュが偽ヒカリの腕に炸裂。
そしてすかさず「偽者め、正体を現せ!」と叫びながらゼアスがボディアタック!!

そして偽ヒカリが実体を現す。
その正体は、やはりヒッポリト星人……!!

しかし、正体がばれても余裕の表情。
ゼットンとバルタンも登場し、メビウスとゼアスを追いつめる……

そこに!?

気合い一閃、飛んできたビームに吹っ飛ばされるヒッポリト星人。
現れたのは……!

画像


画像


ウルトラセブン、そしてウルトラマンヒカリ!

驚くヒッポリト星人に、「俺たちを甘く見ていたのは、お前の方だったようだな!」と言い放つヒカリ。
セブンは宇宙警備隊の誇りに賭けて地球を守り抜く事を誓う。

そしてメビウスは言う。「ぼくたちはこの地球の一人一人とつながっている。その絆は、どんな困難でも乗り越えられる力になるんだ!」
続けてゼアスも言う。「そうさ! それがぼくら、ウルトラマンの底力なんだ!!」

セブンの号令一下、激しいバトルが展開される。

メビウスvsゼットン。
子供たちの声援を受け、ゼットンバリアーすら打ち砕くメビュームシュート!
だが、とどめを刺すには至らず、逃げていくゼットン。

バルタンvsセブン、そしてヒカリ。
バックには「ウルトラ六兄弟」がBGMとして!
燃える〜〜!!
アイスラッガーとナイトブレードの連続攻撃で、バルタンを撃破!

ヒッポリト星人と戦うのは、ウルトラマンゼアス。
強敵を相手に苦戦しながらも、必死に戦うゼアス、カッコイイ!
ヒッポリトの脳天にウルトラかかと落とし(今調べたら、ちゃんと角田師範に習って修得した、ゼアスの技のひとつだった。こだわってるなあ……)を決めると、ゼアスは子供たちに呼びかける。
「もう一度、ぼくたちの仲間を呼ぼう!」

「モンスローーーーーード!!!」

会場の子供たちの叫びが響き渡る。
再びゴモラ、そしてエースキラーが登場!!

そして再び会場の子供たちは立ち上がって足踏み開始(笑)

ゴモラの必殺技「テールアタック」、そしてエースキラーの「エメリウム光線」が次々に決まる。
(いやそれはセブンから奪った技では、というツッコミはこの際なしの方向で(笑))

ゼアス「そしてこれがボクと、怪獣と、子供たちの力だあぁ〜〜っ!!」

みんなの思いを乗せたクロス・スペシュッシュラ光線が、ヒッポリト星人を捉える!

ヒッポリト星人の絶叫が響く。
ウルトラ五兄弟を一度はタール詰めにした強敵ヒッポリト星人を相手に、ゼアス大金星!!

「まさかこの私が敗れるとは……!だが、ただでは死にませんよ!!」

現れたゼットンを捕まえると、「これが私の切り札だ〜〜〜っ!!」と絶叫して、ゼットンと共に消えるヒッポリト。

煙の中から再び現れたのは……ゼットン!
だが、その姿は……さっきより巨大化している!!!

このシーン、今まで出ていたゼットンとは別の、一回り大きなゼットンが出てきてびっくり。
視覚的に分かりやすいパワーアップでした。

巨大化したゼットンに挑みかかるゴモラ、エースキラー、ウルトラヒーローたち。
しかし、巨大ゼットンは強い!!
全員の攻撃をものともせず、逆に一気に吹き飛ばされるヒーローたち!!

画像


だが……ボロボロになりながら、それでもあきらめない者がいた!

ゴモラとエースキラー!!

彼らだって、もう力なんて残ってないはずなのに……
ただひたすらに、大切なものを守るため……
倒れても、倒れても、何度でも立ち上がる!!
それは正に「ヒーロー」の姿そのもの!!

怪獣たちの姿に励まされ、ウルトラヒーローたちも立ち上がる。
セブンがメビウスたちに呼びかける。
「みんな! まだ立ち上がる力はあるか!? ありったけのエネルギーを、身体ごとヤツにぶつけるんだ!!」

そして再び挑みかかっていくウルトラ戦士たち!!

4人が同時に腕を掲げて……

画像


『メビウ〜〜〜〜〜ス!!!!!』

そして登場した姿は……フェニックスブレイブ!!!

フェニックスブレイブの力は、巨大ゼットンの攻撃すら全く寄せ付けない!
逆にナイトメビュームシュートが、巨大ゼットンを圧倒し、ついに撃破する!!

画像


戦いも終わり……

迷惑をかけてしまったと詫びるヒカリに、全員の力を結集したからこそヒッポリト星人の野望を砕く事が出来たのだと、あくまで寛容なセブン。

そこへゼアスが「今回の最高殊勲賞、忘れてませんか?」と言う。
「ああゼアス、君もよくがんばった」と言うヒカリだが、ゼアスは首を横に振る。

ゼアス「ほら、ぼくらの怪獣たち!!」

セブンもうなずく。
「うむ、間違いないな。君と、そして子供たちの愛情は強し!……だな」

照れたように頭をかく怪獣たち、かわいいなあ……

そしてゼアスは言う。
「さ、一緒に帰ろうか!!」




……だが、怪獣たちはうなだれたまま、その場から動こうとしない。
なおも呼びかけるゼアスだが……

メビウス「……ゼアス。お別れのときが、きたんだよ」

怪獣が実体化したのはヒッポリト星人の怪電波の影響だった。
それが途絶えた今、実体化は長く続かない……

ゼアス「そんな……じゃあ、もう一緒にいられない……? そんな……!」

セリフではなく、全身で悩み、哀しみを表現するゼアスに泣ける……

頭をかきむしるようにした末に、両膝をぱーんと音が出るほど激しく両の掌で叩くと……

ゼアス「………ありがとう。君たちは、ぼくたちにも沢山の愛情を与えてくれたよ。よく頑張ったね……。一緒に笑ったり、敵に立ち向かったり、すべてが………すべてがぼくたちの想い出だよ。ありがとう!」

ゼアスに向かってサムアップを決め、消えていく二体の怪獣たち。
ゼアスも応えてサムアップしながら、「さよなら……」と言ったところまでが精一杯。
顔を両手で押さえて、今にも泣き崩れそうなゼアス。

シンリおねえさんが寂しそうに、「せっかく仲良しになれたのに、もう会えないのかな……」と呟くのに答えて、ヒカリは言う。
「……いや、そんなことはない」
セブンが後を続ける。
「彼らは実体化こそできなくなってしまったが、カードとしては生き続けられるんだ」

怪獣たちが消えたあたりから、カードを拾ってくるヒカリ。
それを手渡されて、ゼアスは「悲しさと嬉しさで、どうしていいか分からないよ〜〜!!」と飛び跳ねる。

ヒーローの仮面からは涙こそ流れないものの、動きでその感情を表現するゼアス。あんた、千両役者だよ!!



ラストは、メビウスとゼアスが、これからも「大好きな地球」を守り抜いていく事を高らかに宣言する。

「ウルトラマンは、決して負けたりしない。みんなが、これからもぼくらを愛し続けてくれる限り!!」

画像





や〜〜〜、楽しかったです。
もちろん、ショーの後は、コノミ隊員だけじゃなく、ウルトラヒーローたちとも握手してきました。
握手の瞬間、「とても楽しかったですよ!」と言ったら、ヒカリやゼアスに肩を叩いてもらっちゃいました(笑)←ミーハー親父

この歳になるとちょっと照れくさくなるような話を、てらいなく真っ直ぐに、そして真剣勝負で見せてくれる。そこが、ウルトラヒーローショーの醍醐味といって良いでしょう。
皆さんも、機会があったら一度、脚を運んでみてくださいね。
このコンテンツをご覧になるには、最新のFlash Player Plug-inが必要です。ダウンロードはこちら>>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ゼアス……ごめんよ、すっかりお笑い担当だと認識してました。
泣けたぜ、ゼアス!

肩叩いてくれたのは、きっとすごく嬉しかったんだと思います。
この年代の人にも伝わったんだって…。
十海
2007/11/05 01:13
>十海さん
ゼアスにしろナイスにしろ、前半でお笑い担当の割に、クライマックスでオイシイとこ持っていくんですよ。味です。

ウルトラのショーで、生アクションの迫力を何度か見ているうちに、スーツを着てウルトラヒーローを演じている方たちのことを思いながら見るようになって、自分の中でも見方が変わったなあと思います。
そんな彼らが間違いなく「ヒーロー」そのものだと感じる、その気持ちを少しでも彼らに伝えてあげたいと。それが、彼らの「勇気」のエネルギーになるはずですからね(笑)
Radcliffe
2007/11/05 08:30
ゼアスも頑張ってるんだなあ;_;と感じずにはいられませんでした!最初読んだときは、私もお笑い担当かと思ってたもので(笑)。ウルトラショーのスタッフの人たちが、ゼアスも含めたウルトラマンを本当に大切にしてるんだなあと感じることができました^^。
ひろ
2007/11/05 21:16
>ひろさん
ゼアスは以前に「たいせつなたからもの」(ファンタジックライブ横浜のステージ)でも非常にオイシイところを持ってってました。お笑い担当には違いないんですが、それだけで終わらないところが、うまいなあと思います。
やってる方も、徹頭徹尾カッコイイヒーローより、愛着が湧くのかもしれませんね(笑)
Radcliffe
2007/11/07 08:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ブログパーツ
このコンテンツをご覧になるには、最新のFlash Player Plug-inが必要です。ダウンロードはこちら>>
東武動物公園 ハッピーオンステージ ブロ愚 〜おろか日記 blog style〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる