ブロ愚 〜おろか日記 blog style〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 仮面ライダー電王:第40話

<<   作成日時 : 2007/11/11 22:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

「チェンジ・イマジン・ワールド」
デネブが良太郎についたら名前も「○×タロス」になるんじゃないのか〜〜〜〜(笑)

デネブが居着いてるデンライナーの状況とか、率直に見れば笑えるシーンなんですが、侑斗がいないというだけで、見てる側は素直に笑えない……
だからこそ、良太郎の「それでも納得できない」というのに感情移入できる。

特異点でない「桜井侑斗の消滅」が「未来の分岐点」であるとするカイの主張は、まったくのでたらめというわけでもなく、むしろ分岐の鍵は「そのことによってもたらされる良太郎の心境の変化」の方なんじゃないかという気がします。

それにしても、最初は「何だコイツ」的印象だった侑斗が、ここまで欠かすべからざる存在に成長するとは予想も出来ませんでした。

ゼロライナーは、ゼロノスベルトを着用する人間のデータを「セーブ」できるらしい。
時間はかかるが、過去で消滅させられても、侑斗は復活できる。
特異点でなくても。

これは、過去で「殺された」侑斗についても、復活しているということなんですかね?

見慣れぬ赤いカードを変身に使ってしまうゼロノス。
あの赤は、サビの色だったのか……

そして、「勢いで」デネビックバスターに変身してしまうデネブ。
来週までには、無事に元に戻れるんでしょうか(^_^;)

単に消えるのではなく、さび付いていく記憶。
過去の記憶だけでは足りなくなり、新たに愛理さんと築いた記憶までも消費していく……
それと同時に、あの懐中時計までが錆び付いている。

侑斗は復活したとはいえ、良太郎の不安感は、まだ続く……と。
同時に、視聴者の不安も(^_^;)
クライマックスに向けて、引っ張るなあ。



それにしても気になるのは、「やっぱり追いかけてって直接つぶすしかない」というカイの言葉。2007年の「桜井さん」を殺さない限り、意味がないということなんでしょうか。

一方で、侑斗が復活し、時間が元に戻ったのも、単に「ゼロライナーのセーブ機能のおかげ」というわけでもなかったような気もするし……

そもそも、2007年の「桜井さん」が、どんな方法で時間を行き来しているのかも不明。

まだまだ謎だらけの電王ですが、どんな風に収束させてもらえるのか、楽しみに待つとしましょう。



そんなこんなで、やっぱり一番笑えたシーンは

モモウラキンリュウ「ええ〜〜〜〜!?」

あれだけは素直に爆笑できた(笑)



次回「キャンディ・スキャンダル」
手を変え品を変えて良太郎の心を狙ってくるカイの魔の手、今度はデネブに!?
このコンテンツをご覧になるには、最新のFlash Player Plug-inが必要です。ダウンロードはこちら>>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『仮面ライダー電王』、第40話 「チェンジ・イマジン・ワールド」の感想。
☆TBさせていただきます☆『仮面ライダー電王』、第40話 「チェンジ・イマジン・ワールド」の感想ですっ! ...続きを見る
まぜこぜてみよ〜う。by青いパン
2007/11/11 23:21

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ゼロノスの新フォームが明るい赤でなく、さびた赤銅色だったのは侑斗の記憶が消えて(朽ちて)いく状況にすごくあってると思いながら見てしまいました。カイのやろうとしてることや、ゼロノス関連の秘密が明かされてきたので最後まで謎関連はますます見逃せなくなってしまいました!(笑)
ひろ
2007/11/12 19:52
>ひろさん
鮮烈な赤でなく、サビの赤ってところがシブイですよね〜>ゼロノス。
まだまだ謎は深いので、ラストに向けての展開がどうなるのか、ハラハラドキドキです。
Radcliffe
2007/11/12 20:33

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ブログパーツ
このコンテンツをご覧になるには、最新のFlash Player Plug-inが必要です。ダウンロードはこちら>>
仮面ライダー電王:第40話 ブロ愚 〜おろか日記 blog style〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる