ブロ愚 〜おろか日記 blog style〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 仮面ライダー電王:第37話

<<   作成日時 : 2007/10/14 23:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

「俺、そういう顔してるだろ?」
イマジンの頭の中に囁く声の主の正体とは。

お互いのネーミングセンス(目くそ鼻くそレベル)を揶揄し合ったり、「こ〜〜んなだぜ、こ〜〜んな」とか、自分の頭の上であぐらをかく砂モモとか、細かいギャグを挟みつつ、どことなく複雑な心中の良太郎とモモタロスの夕暮れのシーン。
泣けるなあ……

そうか、とりあえずモモたちが取り憑けないのは、今のところ過去だけなんだ。
てことは、現在で戦うときには4フォームにもなれるわけね。うまいな〜〜(笑)



そして、「頭の中の声」に悩まされているリュウタロス……

コハナ「ナオミちゃん、大変!キンタロスがお風呂の底踏み抜いちゃって、ウラが流れちゃったの……」
ナオミ「ええ〜〜〜!? 見たい見たい見たい見たい!!!」

いや、「見たい」ってナオミちゃん……(爆)



リュウ「ホントにうるさいんだよ……勝手に頭の中に入ってきて……」

必死に絵に集中しようとするリュウタロスだが、ついに耐えきれず……

リュウ「〜〜〜もう! 黙っててよ!! ボクはやらないからね! 良太郎をやっつけるのって何か…………つまんないよ!」

登場した時は、我が家でも一番の嫌われ者だったリュウタロス。
しかし、ここ最近の性格の変化と共に、かなり株が上がっています。
そんなリュウタロスの変化を象徴するような、この一言。

リュウ「もう一度命令したら……ボク怒るよ。イイ?
 答えは聞いてない……!」


その頃、怪しげな微笑みを浮かべている男が一人……
何だか昔のリュウタロス以上にイヤなヤツ。
リュウタロスのことを「アレ」呼ばわりしたばかりか、別の誰か(ゼロノスか、それとも良太郎?)も「アレ」呼ばわりしてるし。

そして上空に漂うイマジンの予備軍に向かって「お前ら……役に立たなさすぎ!!」と、唐突に怒りを露わにする。
それに合わせるように、遠吠えするレオイマジン(テレ朝公式サイトより)。
こいつは配下(同じく公式サイトによれば「レオソルジャー」だそうな)を3人従えている。



その頃、デンライナーでは……

良太郎「大丈夫? 良かったよ見つかって……」

ウラ、マジに流されてたのか(笑)
ていうか、どこからどうやって「見つかった」んだ(爆)

ウラ「流されるとか……ぼく、そういうお笑い系じゃないし……先輩ならともかく」

いや、十分お笑い系だし……(笑)

かみつくモモに、「あんたピッタリじゃない、モモだし」と言うコハナ、イカス(笑)

しゃがみこんで目線を合わせ、同レベルで相手の顔だの角だのをひっつかみあうモモ&コハナ……(^_^;)
君ら、すっかりイイコンビだね(笑)

そこに、愛理姉さんの絵が完成したと喜ぶリュウタロス。
それを「おねえちゃん」にプレゼントするのが誰かとか、リュウタロスと良太郎は一緒だとか一緒じゃないとか……
再び深刻ムードになってしまうデンライナー車内。

「そんなにムキにならんでもええやろ」と言うキンに、「ムキになんてなってねえよ!」とムキになって言い返すモモ(笑)

それを複雑な面持ちで見つめるコハナ……
ホント、このコはいい表情(かお)するなあ。



その頃、侑斗は……
愛理さんと何となく良いムード。

それを扉の隙間から見守る明子ねえちゃんデネブワロスw



そこへ、間が悪い事にリュウ太郎が登場……
自分がせっかく描いたおねえちゃんの絵を、思わず握りつぶしてしまい……

衝動を必死で抑えながら、店を飛び出すリュウ太郎。
3タロスを閉め出し、良太郎を抑え込んで、ダンスに没頭する。

そのことをああだこうだと言っているデンライナー車内。
「でも、侑斗に手を出さなくなったのは成長よね」と、割と悠長なコハナちゃん。

モモ「お前も手を出さないように成長しろよな、コハナクソ女!」
コハナ「あんたもいい加減に、その呼び方やめなさいよ!!」

鼻ピン一発で、おかしな方を向いているモモの首……(^_^;)

「未来への分岐点」について語るオーナーと、それを深刻な顔で見つめるコハナを余所に、さらに輪をかけて明後日の方向を向いているモモの首……(爆)



その頃……
踊り狂うリュウ太郎の前に、謎の男が登場!
ダンス対決で、リュウ太郎以上のダンスの腕前と怪しい能力を発揮!?

リュウタロスのことを知っているその男の名は「カイ」。
そしてそれが、「頭の中の声」の主であるとリュウタロスは気づく。

ガンフォームに変身し、銃を突きつけるが、そこへ割り込んでくるレオイマジン!
しばらくバトルが展開するも、どことなく真意の読めないカイにしらけてしまったリュウ太郎は変身を解除。
去ろうとするところへ、「(侑斗を)ヒドイ目にあわすってのはどう……?」と、囁きかけるカイ……
手にしているのは、「8888.88.88」という日付の書かれたレオイマジンのチケット……!



シーンは変わり、デンライナー車内。
車両は、分岐点の近くに必ず現れるという「ターミナル」に入っていく。
リュウタロスは、相変わらず良太郎から離れていないまま……

駅長キターーーー!!!(笑)

石丸さん、声が怪しい声が(笑)

デンライナーを追うように、ゼロライナーもターミナルへ進入。

それを狙っていたかのように、ゼロライナーに駆け込むリュウ太郎。
レオイマジンのチケットを入れたパスを、マシンゼロバードに入れてしまう……!

途端に異常を来すゼロライナー。
侑斗に迫られ、リュウ太郎はパスを抜こうとするが、抜けない!?

車両から逃げ出したリュウ太郎を、追う侑斗。
だが、そのとき……ゼロライナーが勝手に動き出す!
そればかりか、勝手にデンライナーに連結!!

補充食材の検品(「赤い魚」って何なんだろう……(^_^;))をしていたナオミを乗せ、そのまま暴走を開始!!

一方、逃げたリュウ太郎は……
これは一体どこで戦ってるんだろう?
「ターミナル」の側?
だとすると、レオイマジンは何故そこに?

変身しようとしてハッとなるリュウ太郎。
そう、パスはゼロライナーの中に残してきてしまっているのだ!

ゼロライナーとデンライナーを一挙につぶし、さらに良太郎まで変身できなくなるという大ピンチ!!

そこへ駆けつけてくる侑斗!!
走りながら変身し、リュウ太郎をかばって立つと、レオイマジンの武器をゼロガッシャーで受け止める!
この一連のシーンもカッコイイ!

ゼロノスの戦いを為す術なく見守るリュウ太郎……
そこへ迫るカイの影。

なおも暴走を続けるデンライナー……
ナオミ、劇場版以上の大ピンチ!!!(←いや、問題点はそこか?)

次回「電車の中の電車王」
オーナーと駅長が筋肉対決!?(違)
次回ますます見逃せない!
このコンテンツをご覧になるには、最新のFlash Player Plug-inが必要です。ダウンロードはこちら>>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『仮面ライダー電王』、第37話 「俺、そういう顔してるだろ?」の感想。
☆TBさせていただきます☆『仮面ライダー電王』、第37話 「俺、そういう顔してるだろ?」の感想ですっ! ...続きを見る
まぜこぜてみよ〜う。by青いパン
2007/10/15 14:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです。
あんな怒ったリュウタロス初めて見た。
タロスズもそうだけど、色々と変わってきているんですね。彼らも。
>カイ
ようやくここに来て敵イマジンの大ボスが出てきましたね。
昨年のカブトはあまり敵側の大ボス的な存在が居なかったから
なんか久しぶりって感じですね。
>レオソルジャー
なんか久々に見たな。ゼクトルーパー(笑)
色変えリデコの追加パーツ付きだけど。
誰か装着変身で作ってくれないかな(笑)
くのまえやしち
2007/10/15 00:24
>くのまえやしちさん
確かに、リュウタロスがあれだけ真剣に怒りを剥き出しにするというのは珍しいかもしれないですね。まあ、ちょこちょことモモタロスや侑斗に対して苛立ち、怒りを表す事はありましたが、それは極めて「子どもっぽい」怒りであったのに対し、今回のは間違いなく「正義感」あるいは良太郎に対する「友情(広い意味での『愛』)」からくる怒りだと思えるから、なおさらそれが際だっているのかもしれません。

>レオソルジャー
あ〜〜。どっかで見た面構えだと思ったら(笑)>ゼクトルーパー
Radcliffe
2007/10/15 08:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ブログパーツ
このコンテンツをご覧になるには、最新のFlash Player Plug-inが必要です。ダウンロードはこちら>>
仮面ライダー電王:第37話 ブロ愚 〜おろか日記 blog style〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる