ブロ愚 〜おろか日記 blog style〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 仮面ライダー電王:第24話(ちょこっと追記)

<<   作成日時 : 2007/07/15 10:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

「グッバイ王子のララバイ」
ジークとの別れは、少し切なく。

ジークと侑斗&デネブの対面。
寝ているジークに「侑斗をよろしく」としつこくキャンディーを勧めてうっとうしがられ、「頭が高い!」と例によって小さくされるデネブ。
「侑斗、お前おっきいなあ! あはっ、何か嬉しい!!」と、なぜか喜んでいるデネブ(笑)

赤ちゃん誘拐の「重要参考人」として警察に拘留される良太郎。
良太郎を救おうと(?)モモ、ウラ、キンが入れ替わり立ち替わりに良太郎に取り憑く。
まあ、このへんは「お約束」通りの展開なので省略(笑)
しかしまあ、ホント「いいキャラ」立ってるよな、みんな。

「主のために懸命に働くのが家臣の務めであり喜び」と、相変わらず態度の大きいジークに、遂にハナパンチ炸裂!!
「主なら主らしく、家臣の面倒見たらどうなの!」と言われ、途端に「確かにその通りだ」というジーク。
この素直さは赤ちゃんに取り憑いていたがゆえか、それともそれが「王子」たる所以なのか。
「これからは家臣の努力に対して『ご苦労』とねぎらいの言葉をかけよう」と、相変わらずずれた反応ではあったにせよ(笑)
呆れるハナを「姫」と呼び始めるジーク。
殴ってまで私を諫めてくれたのは、貴方が初めてだ……と、これまたベタなお約束。
そしてハナに迫ろうとして殴られるシークエンスも(爆)

実際、ジークが何かに気づいたのは事実のようで……
赤ちゃんの隣で昼寝をしている母親の耳元で、赤ちゃんの口を使って「我が兄弟を助けてくれたのは、野上良太郎……」と囁く。

これがきっかけで、良太郎は警察から釈放されることに。
後ろで喜んでいる書記役の警官が、前のシーンをきちんと受けていて、芸が細かい。

警察を出迎えたのはデンライナーではなく、赤ちゃんとその母親の家・高山家からのお迎えの車。
そして、高山家に入った途端、再び良太郎に取り憑くジーク。

豪勢な料理と素敵な部屋をあてがわれてご満悦のジーク。
しかし、その身体に異変が……!?

その頃、オーナーがそのわけをデンライナー車内で語っている。
イマジンは契約者の記憶を頼りに実体化する。
しかし赤ん坊の記憶は日々塗り替えられていく。
既にジークは赤ん坊の記憶から消失しつつある、それはつまり契約者が死んだも同じ事。
そして、契約者が死んだイマジンは、消滅する……

ジークが消える……
衝撃の事実に言葉もないハナ、そして四タロス。

さしものジークも、自らが消えるという事態にショックを隠せない。
それでも消えかける身体で赤ん坊に手をさしのべ、「我が……兄弟……」と笑顔を浮かべるジーク良太郎。
しかし、そのときイマジンの気配が……!

母親をさらっていこうとするスコーピオンイマジン。
そこに立ちはだかるジーク良太郎。
消え行く苦しい身体で、それでも凛と胸を張って、あくまで気高く……

スコーピオンイマジンが投げた武器を弾き飛ばして現れたベルトは……
そして「変身!」

「降臨! 満を持して……」

デンガッシャーのハンドアックスとブーメランで、スコーピオンイマジンを一撃!
しかし、そこがジークの限界だった。

立ち上がり、母親を連れ去っていくスコーピオンを止める力は、最早ジークには残っていない。
消え行かんとする身体で、良太郎に対して跪くジーク。
「良太郎……! 我が母を……頼む……!!」
一度も人に頭を下げたことのない「王子」が……

「……待ってて」と立ち上がる良太郎。
プラットフォームのまま、スコーピオンを追っていく。

契約を完了し、一足先に過去へ飛ぶスコーピオン。
デンバードで到着した良太郎は、契約者にカードをかざした後、気を失っている母親を……



そして過去での戦い。
まずはロッドフォームが「ボクに釣られてみる?」
しかし、いつもなら口数の多いウラ=電ロッドにしては、最初の一言以外口を開かず、ただ黙々とスコーピオンを殴る。
その一撃一撃に、やり場のない怒りがこもっていることを感じさせる戦いぶり。

そこへ、「亀の字! 俺にもやらせてくれ、頼む!」とキンタロスの声。
「どうぞ」と応えるウラも、男の意気に感じたか……

相手の攻撃をかわそうともしない電アックス。
すべて攻撃を受けても微動だにせず。
ウラ同様、敢えて身体に痛みを感じることで、何かを吹っ切ろうとしているかのような戦いっぷり……

今日の戦闘は、とにかく燃えました!

「邪魔ばっかしやがって……!」と愚痴るスコーピオンに、「邪魔すんのは、これで最後や!!」と電アックス。
高々とアックスを放り投げると張り手一発!!
そして……!!!

「……ダイナミック・チョップ」



そしてデンライナー車内。
今にも消えそうなジークを、ただ見ているしかない一同。
「ジーク……」
ハナの視線に気づいたジークは「おお、姫……」と応え、そしてハッと何かを思い出したように必死に立ち上がる。
凛と胸を張るジーク。

「皆も……ご苦労だった。感謝する……!」

そのとき、カッと目を見開くオーナー。

駆け込んできたのは良太郎。
「オーナー、このチケット使えませんか……?」

その手に握られたチケットには、ジークの姿が描かれている!!

ジークは最初、やはり母親と契約していたのだった。
「子供が無事に生まれて欲しい」という契約を。
そして、その契約は、赤ちゃんが無事に生まれたことで、その契約は既に完了していた……

過去へ飛べば、契約者とのつながりは切れ、赤ん坊とも関係はなくなる。
つまりジークは消滅しなくても済む!

チケットを受け取ったオーナーは……
「いいでしょう。ただし……片道で」とニヤリ。
手に取ったチケットは、金色に燃えるような光を放って消滅。
デンライナーのチケットシステムというのも不思議ではある。

そして、一九九七年へと飛ぶデンライナー。
母親の記憶に残る日……それは、結婚したその日のことだった。

つまり、十年もお子さんを授からなかった人が、やっと授かった子供……
そりゃあイマジンと契約してでも無事に産みたいですよね……
変なところでしみじみしてしまいました(苦笑)

最後までデカい態度を崩さないジーク。
「やはり世界は私を中心に回っていた」とうそぶく。
「二度と出てくんな、トリ野郎!」と毒づくモモタロスも、何だか嬉しそう。
こいつ、シリアスなシーンでは黙っちゃうから分かりやすいんだよね(笑)

ハナを抱きしめ名残を惜しむジーク、役得(笑)
そしてお約束のハナパンチ(笑)をくらって光の玉となったジークは、花嫁(未来の母親)が投げ上げたブーケの周囲を祝福するかのように回り、そして教会の塔の上へ向かって舞い上がっていく……



………今回は雨の影響で(笑)時間がたっぷり取れたので、ゲキレンともども長めに書くことができました。
うん、やっぱ面白いわ、電王。

次回「クライマックスWジャンプ」

良太郎「また、夢……?」

……ていうか、30分かけた映画の宣伝補完ですか?(爆)
このコンテンツをご覧になるには、最新のFlash Player Plug-inが必要です。ダウンロードはこちら>>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『仮面ライダー電王』、第24話 「グッバイ王子のララバイ」の感想。
★TBさせていただきます★『仮面ライダー電王』、第24話 「グッバイ王子のララバイ」の感想です! ...続きを見る
まぜこぜてみよ〜う。by青いパン
2007/07/15 22:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
そう来たか!
電王ってほんとに、自分とこの番組の中の「法則」を上手に使い倒してるなぁ…
しかも見せ方が「小粋」です(笑)
十海
2007/07/15 12:28
うまく「お約束」を話しに絡めて上手に話を作ってるのが良くわかりますね〜>電王 今週も面白かったですw、過去で別れたジークをどのように劇場版に絡めてくるか・・・それも楽しみにしたいところです(笑)。

>>お仕事の方がお忙しいようですので、コメントの件はあまりお気になさらずに〜^^。
ひろ
2007/07/15 20:26
>十海
メビウスもそうでしたけど、作り手や出演者が作品を愛し、楽しんで作っているのが伝わってくるんですよね。シナリオライターが一人で書くのでもなく、主役や監督が偉いわけでもなく、みんなが自分の立ち位置を知っていて、どう動けばここで面白くなるかを考えて作ってる。だからこそ面白いんだと思います。

>ひろさん
お気遣いありがとうございます(^_^;)
劇場版のジークと今回のジークの出演が、劇場版でどんな風に絡むか、確かに楽しみですね。上には書き忘れていましたが、侑斗がウイングフォームを見て「今のは……!」と知ってる風な呟きを漏らしたのも気になっています。
Radcliffe
2007/07/16 08:36

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ブログパーツ
このコンテンツをご覧になるには、最新のFlash Player Plug-inが必要です。ダウンロードはこちら>>
仮面ライダー電王:第24話(ちょこっと追記) ブロ愚 〜おろか日記 blog style〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる