ブロ愚 〜おろか日記 blog style〜

アクセスカウンタ

zoom RSS とても残念だし悔しい

<<   作成日時 : 2007/04/18 21:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

asahi.comより『身を盾に学生救う ホロコースト生き残りの教授、犠牲に』

 六十数年前、ユダヤ人大量殺害を生き延びた老教授が、無分別な銃火の前に身を投げ、教え子たちを救った――バージニア工科大学での銃乱射事件で16日亡くなった犠牲者の一人、イスラエル人のリビウ・リブレスク教授(76)は、第2次大戦中のホロコーストの生き残りだった。

 AP通信によると、リブレスク教授は、教室の中に容疑者が入ろうとした時に、撃たれながらも手でドアを押さえ続け、学生たちを避難させた。同通信の電話インタビューに応じたテルアビブ在住の同教授の息子、ジョーさんによると、助かった複数の学生たちが、教授の妻マルレナさんあてに、その状況を電子メールで伝えてきたという。

 報道を総合すると、リブレスク教授はルーマニア生まれ。ナチスドイツの占領下で、ユダヤ人迫害を逃れた。ブカレストで流体力学の博士号を取った後、78年にイスラエルに移住。航空工学の権威で、85年に研究休暇を過ごしたバージニアが気に入り、工科大の教授に就任した。

 16日はくしくも、ワルシャワ・ゲットー蜂起を記念してイスラエルが定めた「ホロコースト追憶の日」だった。

映画やドラマなら、最高にカッコイイシーンなんだろうな。

でも、残念なことに、これはドラマじゃないんだ。
悔しいけど、現実なんだ。

無惨に奪われた全ての命に、合掌。
このコンテンツをご覧になるには、最新のFlash Player Plug-inが必要です。ダウンロードはこちら>>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
米国銃乱射事件 - いわゆる『美談』と『醜聞』
&nbsp; RadcliffeさんのBlogでも紹介されていますが、 『身を盾に学生救う ホロコースト生き残りの教授、犠牲に』 との記事。不謹慎だけど、かっこよさと愛を感じたよ....&nbsp; &nbsp; 自分もいざという時に守るべき ...続きを見る
『速やか』かつ『前向きに』善処する日々
2007/04/19 10:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ブログパーツ
このコンテンツをご覧になるには、最新のFlash Player Plug-inが必要です。ダウンロードはこちら>>
とても残念だし悔しい ブロ愚 〜おろか日記 blog style〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる