ブロ愚 〜おろか日記 blog style〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ゲキレンジャー:修行その9

<<   作成日時 : 2007/04/15 09:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 10

「ケナケナの女」
メレ萌えな1本。
ケナケナって「健気」ってことか?

冒頭のシーン、リンリンシーの姿からチャイナドレス姿のメレになった瞬間、目を泳がせた理央。
理央も男か(爆)

メレに裏切りをもちかける五毒拳最後の一人・ブラコ。
しかしメレが応じるはずもなく、あっさり倒される……と見せて「真毒」を使用。
「真毒」とは、死者に「本当の命」を与えることのできる力だった。

復活したブラコのリンギ「大蛇砲」に破れ、崖下に蹴落とされるメレ。
しかし、とどめは刺されていなかった……



一方のゲキレンジャーの面々。
激激砲のチャージに時間がかかることを問題にされ、「修行あるのみ! 以上」というわけで、海に向かって激激砲を撃つ修行。
しかし相変わらず撃つ時に「豚の角煮〜〜!」と言っているジャン。
いや、だから豚の角煮を煮込むヒマなどないくらいに時間を縮めろというのに(笑)



ブラコはカデムとモリヤの二人を真毒で甦らせ、理央への反逆の手助けをさせることに。
一方、生きていたメレは……なぜかゲキレンジャーとの戦いに赴く。
「本気でかかってきなさい」と、こっそり呟きながら。

激激砲をブラコの大蛇砲に見立て、それを見切るトレーニングをするメレ。
その様子を見たジャンは、「ゾワゾワじゃなくてケナケナ」と言う。
何かの目的のために修行する、その姿勢は「ゾワゾワ」じゃないと。

ついに激激砲を見切ったメレ。
ふらふらになって人間の姿に。
「修行なのか?」と問うジャンには応えず、姿を消す。



そして臨獣殿。
一斉に理央へ襲いかかろうとする三人を吹っ飛ばす影。
間一髪、帰還したメレが立ちはだかる。

自分がメレと戦っている間に、カデムとモリヤに理央を襲わせようとするブラコ。
あわや、という時、メレの必死の叫びが、理央を目覚めさせる。
「我が瞑想を妨げる虫けらは、誰だ……?」
おお、カッコええ。

ていうか、完全にゲキレンサイド置いてきぼりの展開だな(爆)
メレといい理央といい、ぶっちゃけ悪役サイドの方が魅力的(もちろん一部の例外を除いて(笑))ってのはどうよ。

理央の一撃がカデムを粉砕。
モリヤは逃亡。
「仕切り直しだ!」と引き下がるブラコ、それを追うメレ。

メレvsブラコ再び。
全体にブラコ優勢の展開。
が、勝ち誇ったブラコの「大蛇砲」をメレが返し技で返してからは、メレの独壇場。
追いつめられたブラコは、「本当の命」をエサに再度メレを誘う。

「本当の命……それはいいわね」となびく素振りをしてから豹変し、ブラコの爪を切り落とすと同時にブラコに止めを刺しているメレ。
「あんたは私のことを知らなさすぎる!」と啖呵を切る。



その頃、逃亡したモリヤは、メレとの特訓で「漁夫の利」っぽくスピードアップした激激砲の前にアッサリ破れていましたとさ(爆)



3つの真毒を手に入れた理央。
跪くメレに「よくやった」と手をさしのべる。
その手をおずおずと取り、喜びを噛みしめるメレ。

理央は、手に入れた真毒で三拳魔を甦らせるつもりらしい……?
一方、それを察知したマスター・シャーフーの目が開いてる(笑)



第1話以来ほっとかれてた三拳魔ですが、その復活という話題が出てきました。
果たして、理央は真毒で三拳魔を甦らせるのか? それとも……

ここで、これまでの話で出ている謎と伏線を整理してみたいのですが……

  • ジャングル育ちの野生児、ジャンの出生の秘密

  • 過去に激獣拳使いであったらしい理央が、臨獣拳に走った経緯

  • 死んだレツの兄と理央との間にある因縁

  • マスター・シャーフーの「不戦の誓い」とは? そしてそれを破ると何が起きるのか?

  • 腕輪に封じられているらしい「三拳魔」の正体とは?


う〜〜ん、こうして並べて書いてみると、かなり盛り沢山だと思うんだけど、全体的にイマイチ盛り上がりに欠けるのは何故だろう?
途中の展開がまったりしてるせいか、緊迫感がないというか何というか……
ここからの巻き返しに期待したいところですが。



次回「ジャラジャラ襲撃!はじめてのおつかい」
はて、「はじめてのおつかい」には失敗がつきものだったと思いますが(違)
このコンテンツをご覧になるには、最新のFlash Player Plug-inが必要です。ダウンロードはこちら>>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『獣拳戦隊ゲキレンジャー』修行その9、「ケナケナの女」の感想。
★TBさせていただきます★『獣拳戦隊ゲキレンジャー』修行その9、「ケナケナの女」の感想です! ...続きを見る
まぜこぜてみよ〜う。by青いパン
2007/04/16 11:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
>>理央も男か

私はメレ人間体の姿が理央の姉だったり、母親だったりの姿だったから視線を外したんじゃないかな?と思いましたよ、考え方が「若い」っすね!Radcliffeさん(笑。
nationwise
2007/04/15 11:00
自分の中では、「ゲキレンジャー」のヒロインはメレ嬢に決定!(笑)
それほど今回のメレはかっこよかったと思っておりますです。
愛のために生き、愛のために死す(いや、もう死んでますが(笑))、その覚悟があるキャラは個人的に大好きだったり。

でも、一番のヒロイン(?)は伊藤かずえさん演じる真咲さんですけどね!(笑)
神牙
2007/04/15 18:21
>nationwiseさん
ええと、ここでは語り尽くせないいろんな意味を込めて、「貴方に言われたくない」(笑)>若い

>神牙さん
全文について禿同(笑)
Radcliffe
2007/04/15 19:27
 メレのケナケナが全員を喰っていました。
 こういう話も必要だとは思うのですが、もっと主人公達を描かないとただでさえ影の薄い青黄がもっと影が薄くなっちゃいますから何とかしてもらわないと。

 メレから真毒を受け取った時に理央が一瞬見せた笑顔、それは単に手駒をねぎらううわべだけのものではないと信じたい。でなければメレが不憫です。
Zephyranthes
URL
2007/04/15 20:15
>「貴方に言われたくない」(笑)

かっ!そうきたか〜〜!!(笑
nationwise
2007/04/16 07:54
>Zephyranthesさん
青と黄の立場については、おっしゃる通りですね。そのためにはまず二人自身の今後の修行というか、いかに吹っ切り弾けるかというあたりが重要になってくる気がします。
「理央の笑顔」云々については、確かにそうですね。
私は、結局紆余曲折あって、最後の真毒はメレに対して使われるのではないかと邪推(笑)しているのですが……どうなりますやら。

>nationwiseさん
真意を汲み取っていただけたようで良かったです(笑)
Radcliffe
2007/04/16 08:14
うちでもゲキレンジャーは評判悪いです。
主人公の言葉があまりにも幼稚過ぎて、中々ついていきにくい。語彙が少ないことと幼稚さを履き違えてる気がするんだよね。同系キャラであるドラゴンボールの悟空と比べても、魅力に欠けるなぁ、と。
thalion
2007/04/16 12:09
>thalion
確かにそれも言えますね。
ジャンは「野生児」であって「お子ちゃま」とは少し違うはずなんですけどね。
人間社会における社会性は身につけてないにせよ。

……アマゾンライダーみたいなジャン(序盤は日本語でのコミュニケーションにすら事欠く)ってのも、今時は難しいのかなあ(^_^;)。

閑話休題、息子さんはダイボウケンのドリルにご執心だとか(笑)
やっぱ男は黙ってドリルだよねドリル(爆)
Radcliffe
2007/04/16 18:55
それだ。

アマゾンは言葉が不自由だったけど、キャラクタとしての魅力は豊かだったと思う。翻ってジャンを見ると、野生児としては逞しさや型破りさに欠け(あっても口先だけ。せいぜい「豚の角煮」を執拗に繰り返すぐらいか)、また従順すぎる。

ああ、そうか。従順すぎるのはジャンだけじゃないね。他の人もなんだか「言われた事をやっているだけ」のことが多いように見える。みんなおとなしすぎるんだな。だから話がハジケないんじゃないかな。

これは個人的な好みに過ぎないんだけど、獣(それも猛獣)をモチーフにするなら、そういう荒々しさみたいなものを出して、そこからそれを理性や老師の指導で支配していく(「先に展開を求め、後に緊相に至る」)、みたいな流れがあってもいい気がするなぁ。

だから今のところどうしても敵役の方が魅力的なんだよね。自分の欲望や感情といった動機が明確で、それをぶつけ合っているから。先も読めないし。
thalion
2007/04/17 09:02
>thalion
>みんな言われたことをやってるだけ

それだ。(←真似)

技を会得するためにマスターが課す「修行」の方法に若干の意外性はあっても、基本的にそれを言い渡される弟子たちは黙々と「修行」して、そのおかげで「無事に勝てました、チャンチャン」なんだわな。

「型破りとか荒々しさが欲しい」って気持ちは、すごく分かる気がする。

ただ、それに対してうがった見方をすれば、「型破り」とか「荒々しさ」が子育て中のママに嫌われるってのもあったり……しないかな? あんま関係ないか?

ジャンの設定が「野生児」って聞いた時にアマゾンみたいなのを期待しちゃったもんだから、正直期待はずれなんだよね〜〜。
アマゾンてのは、行動が獣っぽくて、人間同士のコミュニケーションには事欠いたけど、精神的には成熟した、明確な価値観を持った存在だったんだよね。決して「お子ちゃま」ではない。
ひるがえってジャンを見るに、単なる「お子ちゃま」に見えてしょうがないんだな〜〜。
Radcliffe
2007/04/17 19:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ブログパーツ
このコンテンツをご覧になるには、最新のFlash Player Plug-inが必要です。ダウンロードはこちら>>
ゲキレンジャー:修行その9 ブロ愚 〜おろか日記 blog style〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる