ブロ愚 〜おろか日記 blog style〜

アクセスカウンタ

zoom RSS それって准教授のせい? (4/15 追記)

<<   作成日時 : 2007/04/11 00:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 10

asahi.comより『学生自殺で高崎経済大准教授、懲戒免職』

群馬県高崎市の高崎経済大(木暮至学長)は9日、経済学部の2年生の女子学生(20)を自殺に追い込んだとして、指導教官だった男性准教授(38)を同日付で懲戒免職処分にしたと発表した。

 事務局などによると、准教授は過度の課題を学生に与え、できなければ留年させるという指導をした。さらに、学生が「リポートを提出できない。ごめんなさい」と自殺をほのめかす内容のメールを送った後も、しばらく学生を捜さなかった。同大は、教育的配慮を欠いた指導が自殺の直接的要因となったとみており、自殺メールを放置したことと合わせて、懲戒免職とした。

 監督者責任として、木暮学長を減給10分の1(2カ月)、石井伸男経済学部長を減給10分の1(1カ月)の処分にした。


「過度の課題」ってのが、どの程度「過度」だったのかがこの記事からでは分からない。別の記事(Yahoo!ニュース掲載の読売新聞記事)によれば:

 群馬県高崎市の市立高崎経済大学の女子学生(20)が1月に自殺し、大学は9日、ゼミで教えていた経済学部の男性准教授(38)が「理不尽で教育的配慮を欠いた留年通告をした」などとして同日付で懲戒免職処分にした。

 大学によると、女子学生はゼミに2006年9月から参加するはずだったが、自主的に早めて6月ごろから参加。准教授は8月にゼミ学生に課題を出し、12月に提出していない女子学生ら3人に、「1月15日までに課題を出さないと即留年」というメールを送った。自殺当日となった同15日には、未提出の2人のうち女子学生だけに催促のメールを送っていた。

 課題は、アダム・スミスの重商主義批判の論点を説明させるなど10の設問から五つを選んでリポートするのと、新聞社説10本の要約とそれについてのコメントをまとめるという内容。大学側は「大学院生並みの厳しい課題。ある課題がこなせなかったというだけで即留年というのもおかしい」としている。また、准教授は、他の学生に対しても人格を否定するような暴言やセクハラ発言などがあったという。


「大学2年生に院生並みの課題」といわれれば、まあ確かに厳しい内容には思えるし、それを出せなかったから即留年というのもおかしい、という理屈は分かる。
その後の、「他の学生に対しても人格を否定するような暴言やセクハラ発言などがあった」というのが事実だとすれば、准教授の指導内容に問題があったのは事実なのかもしれない。

もっとも別記事(Yahoo!ニュース経由の時事通信記事)によれば、当然ながら本人は否定してるらしいけどね。

 群馬県高崎市の市立高崎経済大学(木暮至学長)経済学部2年の女子学生=当時(20)=が自殺したのは強圧的な指導に要因があったとして、同大がゼミ指導担当の男性准教授(38)を懲戒免職処分にしていたことが10日、分かった。
 同大によると、女子学生は昨年6月ごろからゼミに参加。准教授はゼミに参加している学生に新聞社説を要約するなどの課題を出し、提出期限を今年1月15日に設定。提出できない場合は「即留年」と女子学生にメールなどで通告していた。
 女子学生は1月15日までに提出できず、准教授に「留年すると分かっています。人生もやめます」とメールを送信し、同日夜、同県みどり市の橋から渡良瀬川に身を投げて自殺した。
 同大は1月末、調査委員会を設置。准教授やゼミ学生らから事情を聴くなどし、「准教授の指導過程に大きな要因があった」と結論付けた。准教授は「調査結果は納得できない。間違ったことはしていない」と反論しているという。




閑話休題。

それらがすべて事実であったとしても、だ。

死んだ人のことを悪く言うのは心苦しいけれど、敢えて言う。

だからって自殺までするかフツー?

よしんば大学を留年させられたとしても、それで人生が終わりになるほどのことかね?
だったら私の人生も20年ばかり前に終わってるし、私の知り合いには4〜5回人生終わってる人がいるよ(笑)

どうやって5回も人生を終われたかというのには、裏技があったりするのだけど、それは本題から大きくかけ離れるので、そのへんに深く穴を掘ってバッサリ埋めておくことにして。

たかだか1〜2年の留年や浪人くらいで、人生は終わらないどころか、何にも決まりやしないのになあ。もったいない。



もっとも、これはあくまでこの記事上の話を見て私が感じた印象を率直に述べたまでで、この記事に書かれていない事実が、彼女を苦しめていたのかもしれない、とは思うわけですが。
(そして記事をちょびっとだけ深読みすると、彼女の苦悩がその准教授の暴言やセクハラ発言等に起因していた可能性も、ないわけではないと思われるのですが)

記事には「留年させられそうだったこと」が自殺の主因みたいな書き方をしてるんだけど、ホントにそうなのかなあという疑問が湧いてしょうがありません。



(4/15 追記)
色々とご意見いただいていながら、放置していて済みません。

私がこの件で感じたことは、「留年させられる→自殺」という短絡が、どうしても結びつかないということでした。

ただ、この問題は他にも色々と難しい問題を多くはらんでいて、どこに注目するかで話題が拡散していくことが分かりました。

思いつくままに並べただけでも:

○自殺の原因は本当に「留年」だけなのか
 (はたして女性は鬱を発症していたのか……この点については、今まで公共のニュース等では語られていないと思います)

○准教授による「パワハラ」「セクハラ」は本当にあったのか、あったとすればどのような内容だったのか(その状況を含めて)

○大学側の下した処分は妥当かどうか、その根拠は?
 (そもそもパワハラ・セクハラ発言があったのなら、その時点で問題にすべき。今回、女子学生の自殺という大きな事件が起きた途端に懲戒というのは、いかにも「厄介払いをした」という印象がある)

それぞれについて考えてみようとしたのですが、いずれにせよその全てが憶測混じりになってしまう以上、妥当性のある結論にはたどりつけそうにないことが分かりました。

なので、ここでは私の思っていることをひとつ述べるに止めておきたいと思います。

どんな理由があれ、自殺は許されない。

私は、それだけが言いたかったのです。
このコンテンツをご覧になるには、最新のFlash Player Plug-inが必要です。ダウンロードはこちら>>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
君、死にたもう無かれ
RadcliffeさんのところのBlogでも取り上げていたり、 テレビのワイドショーでも結構大きめに扱われていたけど、 本当に『留年する位のことが自殺の理由』だったのだとしたら 悲しいことです。 ...続きを見る
『速やか』かつ『前向きに』善処する日々
2007/04/11 11:32

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
うち文哲だったから、論文課題が多かったな。4年の時 年明け締切で
卒論1+ゼミ論3の上に、学生運動家のお陰で後期試験期間に学校が
『ロック・アウト』(一時閉鎖)になり、殆どの試験がレポート課題に
なって死にかかったことがあるな(^^;)

あのころは、ホテルで缶詰になっている漫画家のようぢゃったょ。(-_-;)

というヨタ話はさておき、私も留年と言うよりはセクハラ/パワハラが
原因なのではと思う。もし、本当に留年が主原因なのなら、こんな
『やるせない話はない』ですな.....

自分の時も課題は結構きつかったし、卒論落ちたらという恐怖が常に
つきまとってはいたけど、そんなときでも大学生活は楽しかった。
今時の子には、辛いのが嫌なだけで安易に死を選ぶことだけはやめて
欲しいものです。
Fighter-KOU
URL
2007/04/11 11:45
私も最初はえっと思ってたけど、「女っていう字をくずしてかいてたから、おまえは女を捨てている」とか、へんなこといってたみたいだし、こんなのスパルタでもなんでもなく、ただのセクハラか、パワハラなので、自殺のきっかけにはなっても、課題のことが問題なんじゃないと思いますよ。追い詰めていったというところが問題なんだと思います。もしかしたら、彼女鬱状態になっていたかもしれないし。自分の能力が足りなくてすみません、でも楽しかった的な遺書メールなので、全然先生せめてないし。その線が一番自然でないかと。
もちろん、へんてこりんな教授とか世の中にいっぱいいるけど、視野がせまくなってしまうと、もうそのことしか考えられなくなるし、まわりがもっと気づいてあげられたら、彼女死ななくてもよかったかも、と私は気の毒に思いました。女で留年したら、嫁のもらい手もなくなるとか(田舎って結構きにするんですよ)、もう一年学費が払えないとか、いろいろ想像したかもしれないし。

大学にとっては、学生がお客さん(=大きな収入源)。そのお客さんを自殺に追い込んだ、准教授は、やっぱり処分の対象になるのは仕方ないと思います。
ひろぽ
2007/04/11 13:56
>Fighter-KOUさん
近頃思うんだけど、最近の若者(<ああ年寄り臭い)は全般にストレス耐性が低くなってる気がします。「キレやすい」とか「死に急ぐ」とか、発現する形に若干の違いはあれ、根は一緒のような。
我々より少し前の世代が良く「近頃の若い者はこらえ性がない」という言い方をしてましたが、それとは少し異なる次元で(極論すれば「病的に」)、我慢する術を知らないというか……

>ひろぽさん
その准教授がそういうことを言ったという記事は発見できませんでした。ニュースソースが分かれば教えてもらえるとありがたいです。

仮にそれが事実で、准教授から自殺した女性に対するセクハラまたはパワハラの事実があったのであれば、そのことに関して何らかの処罰(例えば今回のような懲戒免職とか)は為されるべきでしょうね。
Radcliffe
2007/04/11 22:48
どの記事も書いてあることがバラバラで
どれが真実なのか分からないのがキツいですね(苦笑)

仮に留年が原因の一端だったとして
自殺はどうなのかなぁ…と思いますね。
彼女の責任感が強すぎた故の出来事だったのか何なのか…。
(家庭の経済事情上、留年は許されない、とか)

いずれにしろ、自分と同じ年で自ら命を断つなんて
あまりにも早すぎで、極端な答えだと思います。
ヤナギング@3日位干した南光太郎
2007/04/12 01:39
ニュースソースはワイドショーなので、どれぐらい信憑性があるかわかりませんが、そういっている人がいるのは確からしいです。病院の待合室で見たんですが。
ひろぽ
2007/04/12 08:28
> 我々より少し前の世代が良く「近頃の若い者はこらえ性がない」と
> いう言い方をしてましたが、それとは少し異なる次元で(極論すれ
> ば「病的に」)、我慢する術を知らないというか……

御意。 なんなんでしょうかねぇ。その昔は『忍耐は日本人の美徳』と
まで言われていたこともあったはずなのに。
決めつけはいけないけど、小さい頃にさんざん甘やかされてきて育った
感覚で、そのまま社会に出てきた。当然、社会は権利に相応な義務/制限
をかけてくる。そして、いろんな意味で『壊れる』....
先日も、『ただ お金が欲しいから』という理由で、バイトではなく、
高齢者世帯を狙って強殺事件を起こした大学生なんてのも有りましたし。

やばい時代に突入したようですね。
Fighter-KOU
URL
2007/04/13 11:20
はじめまして。
この記事は変な感じがして仕方ありません。
だいたい「留年するのはわかっています。人生もやめます」って・・・
一年留年したくらいで?
もしセクハラなどが原因ならばそちらを調査して懲戒するのが筋。
この課題できなかったら留年、てメールおくったことが懲戒になるなんてどーいう大学?
なんかこの先生に対する陰謀でもあったのかも。大学ってブラックボックスだからね。
はの
2007/04/15 16:31
どの番組だったかは覚えてませんが、「上にはキャミソール一枚だけで講義を受けていた女生徒に、女っていう字をくずしてかいてたから、おまえは女を捨てている」って内容で見た覚えはあります。

2007/04/15 17:42
ちなみに、この市立高崎経済大学の木暮至学長が担当した必修科目で、全14回の授業を6回休講(事前に生徒に休講日を指定)したにも関わらず、単位を出してると問題になってるみたいです。

単位に関しての規定は以下の通りだそうです。

>学内規定では、単位取得のため、学生に授業回数の3分の2以上の出席を義務づけている。教官にも内規で、12回以上の授業を義務づけ、不足分は補講する決まりだ。

2007/04/15 17:56
色々コメントいただきながら、放置していて済みません。

レスが長くなりそうなので、追記します。
Radcliffe
2007/04/15 19:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ブログパーツ
このコンテンツをご覧になるには、最新のFlash Player Plug-inが必要です。ダウンロードはこちら>>
それって准教授のせい? (4/15 追記) ブロ愚 〜おろか日記 blog style〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる