ブロ愚 〜おろか日記 blog style〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 仮面ライダー電王:第4話

<<   作成日時 : 2007/02/18 11:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 9

「鬼は外!ぼくはマジ」。
殴られても蹴られても、モモタロスの力を借りることを拒む良太郎カッコヨス。

とにかく、今回の話は以下のやりとりに尽きる。

モモタロス「〜〜分かったぁ!! もう二度とドロボウの味方したり、金の要求とかしねえ! だから俺を呼べ〜! 良太郎!!」
良太郎「……『ごめんなさい』は?」
モモタロス「…………え?」
良太郎「『ごめんなさい』は!?」
モモタロス「〜〜〜ごめんなさ〜〜〜い!!!」

【爆笑】


そう、それだよ!!
悪いことをした時は「ごめんなさい」!!
それが大事。

モモタロスって、要するに子供なんだなあ。
まるで良太郎がパパみたいだ。

しかしまあ、あれだけ殴られても蹴られても、自分の主張を曲げない良太郎は立派。
並みの人間ならめげる。やっぱ良太郎最強。
そんな具合に「譲れない一線」がしっかりしてるところが、見てて非常に好感持てるし、その後に欲求不満を晴らすかのごとくはっちゃけた戦いっぷりを見せるソードフォーム=モモタロスの味も生きてくるんだよなあ。

関さん、やっぱ面白すぎますよ(^_^;)。

基本は2話完結で進んでいく電王。
今回も、イマジンに取り憑かれた人の心を少しだけ変える。
良太郎がイマジンに取り憑かれるのとは違うけれど、これもまた「変心」なのだね。
オーナーは「それだけのこと、時の運行に影響はなく、変える意味はない」と言い放つけれど、いやいやどうして、こういう「一人一人の心を変える」積み重ねの方が、長い目で見ればやがて大きく歴史を変えることにならないか?

さて、次回は「僕に釣られてみる?」
ウラタロス(仮名)登場ですね。声の人は誰だろう?
このコンテンツをご覧になるには、最新のFlash Player Plug-inが必要です。ダウンロードはこちら>>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『仮面ライダー電王』、第4話 「鬼は外!僕はマジ」の感想。
★TBさせていただきます★『仮面ライダー電王』、第4話 「鬼は外!僕はマジ」の感想です〜。 ...続きを見る
まぜこぜてみよ〜う。by青いパン
2007/02/18 18:57
仮面ライダー電王 第4話「鬼は外! 僕はマジ」
第4話「鬼は外! 僕はマジ」 ...続きを見る
Happy☆Lucky
2007/02/18 21:20
仮面ライダー電王 4話「鬼は外!僕はマジ」(完全版)
『ようやく俺、参上!!』 完全版を仕上げました。全身全霊賭けましたので、よければ読んでやってくださいm(_ _)m ...続きを見る
nationwiseのZALEGOTOぶ...
2007/02/22 02:42
仮面ライダー電王:第38話
「電車の中の電車王」 リュウタロス、はじめての「ごめんなさい」。 ...続きを見る
ブロ愚 〜おろか日記 blog styl...
2007/10/21 10:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
モモタロス、どうにもセイザーXのブレアードを彷彿とさせて、好感度ばっちりだったりしてます(笑)。
そして、今回の良太郎、しっかりとヒーローしていました。
今後も、いかなることがあっても自分の主張を曲げないでいて欲しいと願っています。

後、最後、山越が自分の夢を追いかけるのに、「金」の力に頼ることなく、「自分」の力に頼る、その決意をしたことだけでも変える意味はあったんではなかろうか、と思いました。そして、radcliffeさんが書くように、その積み重ねで歴史が変わっていくのではないか、とも。

ウラタロス(仮名)の声・・・遊佐浩二さんという情報がありましたですよ。
神牙
2007/02/18 17:49
ウラタロスは神牙さんの仰るとおりです。
姿は少しオルフェノクぽくて、モモタロスより愛嬌は薄いかな?

タイムパラドックスネタで1・2話と今回の3・4話では省略された面が多くて、首をかしげる人も目に付いたんですが、タイムパラドックスネタって答えがないから正直監督さんによって、ここは撮らなくてもいいだろうというのもあると思うんですよね〜。
それより今回伝えたいことをしっかり感じて、その今回の話を楽しみことを主眼においたほうがいいと思ってます。
今回の話で子供たちに一番伝えたかったことは間違いなく「悪いことをしたらごめんなさいと謝ろう!」ということでしたね!w
nationwise
2007/02/18 20:08
>神牙さん
確かに、ブレアードと似てるとこありますよね。直情的で、熱血バカで、どっか壊れてるくせに、妙に義理堅いところがあって。
ウラタロスの声の人の情報、ありがとうございました。

>nationwiseさん
考えてみれば「タイムレンジャー」のときも時間テーマでしたが、「歴史は変えられなくても明日は変えようぜ」という根本的なテーマは、変わってないのかもしれません。
ぶっちゃけて言えば「気の持ちよう」であるということでもありますが。世界そのものは何も変わらなくても、自分が変われば(自分にとっての)世界が変わるわけですから。

>今回の話で子供たちに一番伝えたかったこと
まったく同感です(笑)
Radcliffe
2007/02/18 20:41
>「歴史は変えられなくても明日は変えようぜ」という根本的なテーマ

オーナーが釘をさした場面で、ハナが「変えなくちゃいけない時間もある」とそのような趣旨のことを言ってましたね。
nationwise
2007/02/18 20:55
Radcliffeさん、こんばんは。

今回のライダーは子どもにわかりやすいですよね。
カブトはややお子さま向けとはいいがたい部分があったし。
あの単純なモモタロスは子ども受けもいいみたいですね。
honey
URL
2007/02/18 21:22
>nationwiseさん
ふと思ったのですが、「タイム……」のピンク=ユウリ的役回りかも?>ハナ

>honeyさん
大人と子供が同じ目線で楽しめるかどうかというのが、カブトと電王の大きな違いであるように思います。カブトは大人向けシーンと子供向けシーンが明らかに乖離していた気がしますし。
Radcliffe
2007/02/18 21:45
実は、今回初めて見たのですが(録ってはいる)。
電王、子供にわかりやすいストーリーなのにちゃんと哲学があるところがいいです。
カブトよりはるかに出来がいいと思います。
つーか、カブトはそれまでの(クウガ、響鬼を除いた)平成ライダーの要素の寄せ集めっぽくて、最初からイヤな予感がしており、そのまま予想通りだったので途中で見るのやめちゃったからなあ。たぶんカブトは平成ライダーで一番嫌い。
牧山
2007/02/21 02:26
ところで、同じネタが出てたら恐縮ですが。
電王の顔に、ファイヤーマンを連想してしまったのは俺だけ?
(スーパー1にも似てるけど)

セタッチは、やっぱり電車だからタッチ&ゴーのあれですよね? だからスロット通したり差し込むんじゃなく、タッチだけ……。
牧山
2007/02/21 02:32
>牧山さん
カブトについては禿同。つか、戦隊からプリキュアに至る過程でチャンネルは付けっぱになってたんだけど、家族全員誰もまともに見ちゃいなかった感じ。

私の場合、一番嫌いなのは龍騎だけど(爆)

>電王の顔
あ〜〜、それ私も思った(笑)。似てるよねえ。

セタッチは、明らかにSuicaと同じシステムですね。
Radcliffe
2007/02/21 12:28

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ブログパーツ
このコンテンツをご覧になるには、最新のFlash Player Plug-inが必要です。ダウンロードはこちら>>
仮面ライダー電王:第4話 ブロ愚 〜おろか日記 blog style〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる