ブロ愚 〜おろか日記 blog style〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ウルトラマンメビウス:第26話

<<   作成日時 : 2006/10/01 23:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

「明日への飛翔」。
サコミズ隊長が重傷! そのときミサキ女史が決断したこととは?
そしてついに、フェニックスネストのフライトモードが起動!!

総監に宛てた報告書?を書いているミサキ女史。
24話の際、バキシムによって拘束されたリュウの身体に付着していた異次元物質の構造サンプルを入手。この構造を破壊することができれば、超獣の侵入を半永久的に阻止することができるという。

前回から引き続きの登場となるフジサワ博士は、この分析結果を基に「ディメンショナル・ディゾルバー」の開発に着手。
「これよりCREW GUYS JAPANは総力を挙げて超獣殲滅の最終ミッションに入ります」と結ぶ。

指令室では、フェニックスネストのフライトモードについて情報公開中(笑)。
総本部とごく一部の人間のみが知るトップシークレットだったので、君たちには知らされなかったのだと自慢げに言うトリヤマだが、後ろからマルが「補佐官も今日知らされた」とネタバラしをして台無し(笑)。


その主砲「フェニックスキャノン」から、フジサワ博士が開発中の新型メテオール「ディメンショナル・ディゾルバー」を発射し、異次元の扉を封鎖するというのが、今回の作戦目的。

その頃、アライソ整備長を尋ねているミサキ女史。
15話以来の登場となるアライソ整備長、相変わらずイイ味出してます。

今回の作戦の危険性を訴え、「よろしくお願いします」とアライソに頭を下げるミサキ。
しかしアライソは「フェニックスネストを飛ばすのは私の腕ひとつじゃない。パイロットの操縦技術だけでもない。大事なものがあるんじゃないですか?」と聞き返す。
「えっ?」となるミサキだが、「これは貴方に言うまでもなかった」と答えをはぐらかすアライソ。

一方、フジサワ博士からディメンショナル・ディゾルバーを受け取ったサコミズ。
コーヒーのことで一悶着(笑)しているところに、天の助けか(笑)ミサキ女史が登場。
どうやらフジサワ博士とは旧知の仲らしいです。

どちらも若くして今の地位を築いた女性ですから、まあ分かる気はしますが。
それにしても、映画のジングウジ・アヤさんといいフジサワ博士といい、さらにミサキ女史まで入れるとなると、この世界の若き天才はみんな女性ってことですか(笑)

ひとしきり談笑してから「噂の総監に、私も会わせてよ」というフジサワ博士。
それを聞いて何やら気まずそうに目を見合わせるサコミズとミサキ。
このところの描き方を見ると、サコミズが総監本人である可能性は日に日に高まっている気がします。だとするとわざわざメール(冒頭シーン)ってのはどういうことだ、って気もしますが。正体伏せなくちゃいけないからかなあ(^_^;)

そのとき、突如として割れる空!
中から覗く姿は、ミサイル超獣ベロクロン!!

二人に逃げるよう促し、素早くトライガーショットを抜いて走っていくサコミズ。
リージョン・リストリクターを使用して、ベロクロンの侵入を防ごうということらしい。
間一髪、ベロクロン本体の侵入を防ぐことには成功するものの、一発のミサイルが扉を抜けてサコミズの至近に着弾!
倒れるサコミズ。

この後のサコミズの重傷っぷりを見る限り、サコミズ=ゾフィー説は消えたような気がします。
ここでサコミズがいったん死亡してから復活したりすると、そこで取り憑いたという展開がありそうな気がしましたが(笑)、映像を見る限りはそういう様子もなかったですし。

サコミズは重傷だが、命に別状はないとのことだが、有能な指揮官を欠いて沈痛な雰囲気のクルーたち。
フジサワ博士の分析によってベロクロンの正体も判明し、次のゲートが開くまでのおおよその時間も推定される。残された猶予は、たったの4時間!

「隊長の敵討ち、おれたちが必ず果たす!」とリュウが息巻けば、「飛ばしましょう! ぼくたちの力で、フェニックスネストを!」とミライが言う。
しかしミサキ女史は、フライトモードの運用指揮権を持つのがサコミズ隊長のみであることを理由に、フライトモードの起動はできないという。新たな作戦を総本部が立案中というが、肝心の「ディメンショナル・ディゾルバー」を発射できるのはフェニックスキャノンのみ。

常識的に考えれば、指揮者が倒れた場合の指揮権は誰かに引き継がれるべきであって、今回の場合もサコミズが倒れた以上、その指揮権を引き継いでフライトモード起動の決断を下すべき人がいなくてはいけないんだが……

「操縦なら俺がマスターする!」と意気込んで訴えるリュウだが、ミサキは「今フライトモードを起動するのはリスクが大きすぎる」と応じない。

「じゃあぼくらはこのままやられるのを、待つしかないんですか!?」とミライも叫ぶ。

すると、ミサキ女史は振り返る。その顔は笑顔。

ミサキ「大丈夫! あなた達は、私が死なせない!」

このときはその真意は不明でした。
が、フジサワ博士が語る昔のミサキ女史の人となりを聞いているうちに、ミライはあることに思い至る。

「ミサキさん、貴方は一人で基地を飛ばすつもりですね!?」
サコミズ隊長の病室で、ミサキ女史に詰め寄るミライ。
それを聞いて口々にミサキ女史に訴えようとするクルーたちだが、「静かにしねえか! 病人がいるんだ!」とアライソにたしなめられる。

部屋の外に出て、あらためて思いを訴えるクルーたち。
ミサキさん一人で抱え込まないでください。これはオレたちの戦いなんだ!と、フェニックスネストを飛ばすことを訴える。
だがそれにミサキが答える前に、アライソ整備長が一喝。

「いつまでごちゃごちゃ言ってるんだ! 飛ばすのか飛ばさないのか、ハッキリしろ!!」

4時間以内に飛ばせるんですね!とミライが言うのに、「できないことはない。だがな、手が足りないんだよ!」という整備長。
それを聞いて、何でも手伝うぜ!おれも!あたしも!と、再び口々に申し出るクルーたち。

でも……と反論しようとしたミサキを制して整備長は言う。

「貴方はいつも笑顔で、彼らの成長を見守ってきた。貴方が信じられずに、今誰が、彼らを信じてやるんです!!」

クルー一同、そして整備長の顔を見回すミサキ。
整備長のいかつい顔に浮かぶ笑顔……
それを見て、ミサキ女史の顔にも再び笑顔が戻る。

「分かりました! 総本部には、私が進言します!」

よっしゃあ!と喜ぶクルー一同。
そこへ現れたフジサワ博士と、トリヤマ・マルのコンビ。
トリヤマは何やら格言を持ち出して景気づけようとするが、そのとき病室から飛び出してきたコノミに遮られる。

コノミ「みんな!! 隊長が!!」

トリヤマを突き飛ばすようにして病室に入っていくクルーたち。
いやそれはあまりに可哀想すぎないか(^_^;)

サコミズ隊長は、苦しげな様子で、何かを告げようとしている。
その口から発せられたのは……

サコミズ「……GUYS……サリー……ゴー……!」

笑顔で「GIG!」と答えるクルーたち。

そして忙しく準備が始まる。
その様子を笑顔で見守るミサキ女史。
心の中で、総監に宛てた述懐をしている(笑)

「貴方の笑顔が、誰かの希望になることもある」
ミサキは総監に初めて会った時、そう言われたのだそうで。
その言葉を胸に「私は彼らに未来を託します」……

ん〜〜、準備を進めるシーンの描き方としては、16話のオオシマ彗星の破片を撃破するミッションの時の方が良かったかな。単に見守るのでなく、ミサキ女史も汗水たらして一緒になってやってたし。時間制限があるという点で、緊急度はあまり変わらなかった気がするんだけど。
実際、その後予定よりも早くベロクロンが出現するわけで。

で、ついに出現したベロクロン。
まだ4時間経っていない!
敵をあなどっていた、というフジサワ博士。彼女の推測では、どうやらベロクロンは第一陣に過ぎず、この後ヤプールの本格的侵攻が始まるのかも……とのこと。

まだ準備が整っていない、と口々に騒ぐクルーを一喝したのはリュウ。
「落ち着け! まずはやつを倒すのが先決だ!」
ミサキ女史の「GUYS、サリーゴー!」で、出撃していく3機の戦闘機。

ベロクロンのミサイル量は、劇場版のUキラーザウルスvsウルトラ兄弟のシーンばりの物量作戦(笑)。ミサイルに阻まれて、本体への攻撃ができないクルーたち。
いったん引いて体勢を立て直すよう指示するミサキだが、しかしクルーたちは従わない。
そしてリュウは熱く叫ぶ。
「みんな思い出せ! 自分が、おれたちが今、なんでここにいるのか!」

テッペイ「ぼくらが……」
コノミ「ここにいる、意味……」
ジョージ「おれたちにはある!」
マリナ「守るべきものが!」
ミライ「そうです! だからぼくらは戦える!」

そのとき、無線から響く声……!

サコミズ「そうだ……ひるむな! 君たちの想いは、ヤプールなんかに負けはしない!
     君たちが心をひとつにすれば……大切なものは……必ず守れる!」


このシーンのサコミズ/田中さんが最高ですよ。
まだ決して傷は癒えてない、その痛みをこらえてるんだけど、その痛みを表情には出さず、最高の笑顔! その痛みをこらえてる様子を、身体の微妙な震えとか、呼吸の荒さとか、声の出し方とかで表現してる。やっぱり素晴らしい!!

隊長の復活を知って意気上がるクルーたち。
勢いを駆って「ガンフェニックストライカー、バインドアップ!」

そして隊長の指示の元、発進準備をひとつひとつ整えていくテッペイとコノミ。
巨大メカの発進シーンって、無条件に燃えるよね(笑)

ついに開き始めた巨大な異次元ゲートを射程圏に捉えるフェニックスキャノン。
しかし、その時ベロクロンから発射されたミサイルが、フェニックスネストを襲う!!

間一髪、メビウス登場!!
「いいとこできてくれるじゃ〜〜ん」とはフジサワ博士の弁(笑)

メビウスがベロクロンを引きつけている間に、ゲートに向けて主砲ロックオン完了!
「ディメンショナル・ディゾルバー!!」
サコミズの気合いの入ったかけ声で、主砲が発射される!!!

ゲートは見事に消滅!!
慌てたように叫ぶベロクロン!!

間髪を入れず「リュウ、メテオールだ!」と指示を出すサコミズ。
この流れるようなタイミングがサコミズの身上だなあ(笑)

ガンフェニックストライカーの必殺メテオール「インビンシブル・フェニックス」(だと思う(^_^;))がベロクロンを直撃!
大ダメージを受けて最早グロッキー気味のベロクロンに、間髪入れずメビュームシュートを放つメビウス!!

大爆発!!!



地上に降りて、作戦成功を喜び合うクルーたち。
一人遅れてくるミライ(笑)。ていうか、さっきまで同じ機体に乗ってたはずのやつが、リュウたちに比べてそこまで遅い理由を問い質されたらどうするんだ(爆)

そして再び総監宛の報告書を書いているミサキ女史。
総監は以前「貴方の笑顔が誰かの希望になる」と言った。
だが……

「私は気づいたのです。彼らの存在が、私の笑顔の糧となっているということに」

報告書を書き終えてから、思いついたように報告書をスクロールアップするミサキ。
「総監殿」の前に「親愛なる」と一言付け加えて微笑む……

今回は、ミサキ女史が一皮剥ける話だったわけですね(笑)。
ここ最近の話を見ていると、サコミズは総監だけどゾフィーではないというのがほぼ間違いなく思えてきました。同時にミサキ女史についても、「総監の伝言」のときといい今回といい、どうも「普通の人」っぽいですね。ミライの正体をなぜ知っているのかという理由も明らかになってますし。

次回「激闘の覇者」。
マケット怪獣ゼットン登場! しかし「情報汚染が発生」?
消えないゼットン!!
来たよこのテの話(笑)。メモリーディスプレイに付属のマケットにゼットンが入ってた時点で、「ゼットンが暴走して敵に回るって話は出そうな気がしてたんだ。

さて、「ウルトラマン死んじゃダメ!」というコノミの叫びの意味は?
メビウスの瞳の光が消えた!?

でも……そのマケット怪獣カプセルの中に入ってるのは何?(爆)
このコンテンツをご覧になるには、最新のFlash Player Plug-inが必要です。ダウンロードはこちら>>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ウルトラマンメビウス「明日への飛翔」
熱いぜ!ちきしょう〜! ...続きを見る
nationwiseのZALEGOTOぶ...
2006/10/02 07:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ゾフィー説は消えかかってますけど、私の中でサコちゃん父・ミサキ女史母説が出てきました(笑。
来週の死んじゃったメビウスはおそらくアレですよね・・・。
nationwise
2006/10/02 07:51
>nationwiseさん
毎度どうも(^_^)。
サコちゃんとミサキ女史は、私の中では人間説が主流を占めつつあります(笑)
>死んじゃったメビウスは
来週の予告映像とコノミちゃんの叫びは、かなり「釣り」ですね〜〜(爆)
Radcliffe
2006/10/02 08:17
http://catcat.boo.jp/blog2/archives/2006/10/22/172336.php
こんなネタ拾ったので,ガンフェニックストライカーとインビンシブルフェニックスで検索したらここにたどり着きました(笑)

沖縄では今日放送でした。
>巨大メカの発進シーンって、無条件に燃えるよね(笑)
 (゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン(笑)
Kyan
URL
2006/10/22 18:54
>Kyanさん
おや(笑)。何にせよ、たどり着いていただけて光栄です。
巨大メカがその重量を感じさせる発進シーンというのは、いつ見てもいいですよね〜〜。
Radcliffe
2006/10/22 20:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ブログパーツ
このコンテンツをご覧になるには、最新のFlash Player Plug-inが必要です。ダウンロードはこちら>>
ウルトラマンメビウス:第26話 ブロ愚 〜おろか日記 blog style〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる