ブロ愚 〜おろか日記 blog style〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ウルトラマンメビウス:第24話

<<   作成日時 : 2006/09/17 22:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

「復活のヤプール」。
劇場版にも登場した異次元人であり、ウルトラマンAを長く苦しめた宿敵。
今回は地球、そしてウルトラ戦士全体にとっての宿敵として、パワーアップして来た感があります。
果たしてメビウスは、この強敵に勝てるのか!?

タロウ&ゾフィーの語り合いのみでオープニングへ入る。
いつも言いますが、これくらい短い方が小気味よいと思うし、むしろ本編への興味がそそられる。非常に良い傾向だと思います。

ゾフィー役の田中秀幸さんはヒカリとの会話のとき(第15話)と同じですが、タロウの石丸博也さんは本作初登場ですね。劇場版メビウスとも同じキャスティングですが、調べたところによると22年前の劇場作品「ウルトラマン物語」でもタロウの声を当てておられたようです。

「GUYS感謝デー」。
このところの怪獣頻出期の再来で、GUYSの注目度はアップするばかり、そこで今回は市民との交流を……とか何とか。
なぜかトリヤマ補佐官に引き連れられてきたメイドさんに「お願い」パワーを使われた途端にヤル気になるジョージは問題外としても(笑)、イマイチ乗り気でなさげなテッペイやコノミに「歴代防衛チームや怪獣についての説明とか……」とか「さらにはマケット怪獣の紹介なんかも……」などとテーマを持ちかけて次々にやる気を起こさせるマル補佐官秘書は、なかなか人使いがうまいと思いました(笑)。
将来の補佐官候補間違いなしですね(爆)

そうそう、この間までやっていたウルフェスに、こんなものが飾ってあったんですよ。
最初見た時は何のことだか分からなかったんですが、この話のためのものだったんですね。
GUYS市民感謝デー


子供たちに向かって「ウルトラ5つの誓い」を教えているリュウはナイス。
「何それ〜?」と意味が分かってない子供たちに向かってフォローするミライの台詞(敢えて書かない(笑))が感涙もの(;_;)

それにしても……
過去に活躍した防衛隊のメカの模型はともかく、メモリーディスプレイやらマケット怪獣カプセルやら、どこの磐梯山と提携しているのやら(笑)>GUYS

果ては隊員のブロマイド!?
「ワンダバCREW GUYS」のCDも!?!?

おいおい、感謝デーと言いながら体よく商売してないか(爆)

そんな中、語り合うリュウとミライのシーンがいい。

「今なら胸を張って言える。
 地球は俺たちが守ってるってな……
 ウルトラマンと一緒に」


胸ポケットから取り出したメモリーディスプレイの裏側にペイントされた炎を見つめながら、リュウが呟くんですが……

これを聞いたミライの号泣っぷりはやりすぎ(^_^;)>CG担当殿

その最中に突如ミライにだけ聞こえる、ヤプールの声(玄田哲章さんがナイスな悪役っぷり)。
普通のお父さんから、女子校生から、そして小さな子供から。
取り乱すミライ。
うお、コワイ映像だ。ふと「シルバー仮面」を思い出してしまいました(笑)

そしてヤプールの予告通り降り出す「赤い雨」。
赤い雨って、絵で見るとホント怖いよなあ。

総本部に出張中のサコミズ隊長に代わって、やっと「サリーゴー!」が言えたトリヤマ補佐官。
おめでとうございます(笑)

そして「赤い雨」の調査に赴いたリュウとミライ。
突如、空が割れる!!
割れた空から除いた顔は……一角超獣バキシム!!

きたきた、きたよ〜〜この演出。
ヤプールの超獣と言えば、この「空が割れる」ですよね。
当時と違ってCG合成になってはいますが、その点はあまり気にならない。むしろ、映像効果の良さを活かして、さらに進歩している感じで。
こういうCGの使い方なら大歓迎なのですが(^_^;)

リュウはバキシムにさらわれ、ミライはバキシムの攻撃を至近距離に受けて気を失う。
意識を取り戻した時、そこはフェニックスネスト内の病室。

しかしリュウは……何事もなかったように、そこにいる。
一瞬安堵するミライだったが……

エグいなあ、ヤプール。
ミライ=メビウスの「心」を狙ってくる、この徹底した悪役っぷり。
まさに40周年記念作品に相応しい、強力な宿敵として復活した、という印象です。

リュウはヤプールに意識を乗っ取られているが、ヤプールの存在はミライにしか分からない以上、騒いでも信じてもらえない……
そんな緊迫した状況の中、新型ツールが登場。
「GUYSタフブック」。ノートパソコン型(蓋には「Panasonic」の文字が堂々と(笑))のそれは、マケット怪獣の強化用に開発された最新のメテオールツールなのだとか。

今回の実験ではウインダムをベースにして、火炎攻撃に特化したファイヤーウインダムにカスタマイズするとミサキ女史。
その火炎用データの元として使用されているのは……ゼットン、パンドン、そしてブラックエンド!!

過去の「防衛隊」のひとつであり、(撮影予算の都合で(^_^;))全滅したという致命的なエピソードを持つMACは、「メビウス」では黒歴史としてオミットされるかと思いましたが、最後の円盤生物ブラックエンドが登場したということは、完全オミットされてるわけではないようで。

ファイヤーウインダムは、腕に火炎放射器を付けたような形(笑)。
まあ、元々がメカメカしい形をした怪獣なので、あまり違和感はない。
対するシミュレーション用の怪獣(「バトル・デコイ」と呼称するらしい)はムカデンダーでしたが、あっさり一蹴!

次に現れたバトル・デコイはバードン。
さすがに一蹴とはいかず、逆に火炎を浴びせられて苦戦するウインダム。

ここで、ウインダムとのコンビネーション訓練のために待機していたガンウインガーとガンローダーが参戦するが……
操縦するジョージやマリナの意に反して、ウインガー&ローダーはマニューバモードに移行。しかも、発射された弾丸はすべてウインダムに命中してしまう!!

大混乱に陥る訓練場。
ウインダムは時間切れでVANISHし、バトル・デコイもコノミが停止する。
こんな異常はあり得ない、どう考えても不自然です!と叫ぶテッペイ。

そこへ悠々と現れ、「誰かが細工したんだ」と言い出すリュウ=ヤプール。
そして細工をしたのは……ミライだと!!
市民感謝デーのときからの様子がおかしかったことを例に挙げて、やつがアヤシイと煽る。

お前は誰だ!? と、メビウスをあざ笑うようにトライガーショットを向けるリュウ=ヤプール。しかし、ミライは何も言うことができない……
「どうやら答えられないらしいな!」とリュウが引き金を引こうとした瞬間、その銃が誰かに撃ち落とされる……!!

「やれやれ、出張から帰ってみれば、大変なことになってるねえ」

サコミズ隊長おいしすぎ(爆)

その持っていき具合、ヒカリに匹敵するよ(超爆)

「たとえどんな状況でも、本物のリュウがミライを撃つはずがない」

サコミズ隊長の一言で、驚きの顔でリュウを一斉に見る一同。

「……さあ答えろ。お前は誰だ!」

くうぅ〜〜、カッコえ〜〜〜(爆)

「おろかな人間共が」と呟いて、空を指さすリュウ=ヤプール。
再び空が割れ、バキシムが現れる………!!

その場を去っていくリュウ=ヤプール、それを追うミライ。
必死にバキシムを食い止めようとする他のクルーたち。

ミライをおびき寄せておいて、「最後の仕上げに入るか」とうそぶくリュウ=ヤプール。
手に握りしめたのは起爆装置らしい。ウインガー&ローダーはもちろん、基地内の各所に爆弾が仕掛けてあり、これを押せば一斉に爆発するという。

「さあ、どうする?」と不敵に笑うリュウ=ヤプールに、トライガーショットを構えるミライ。
「それしか手はないよな」と余裕のヤプール。
必死に「目を覚ましてくださいリュウさん!」と呼びかけるミライ、しかし「無駄だ」というヤプール。「早くしないと爆弾より先にバキシムが基地を破壊しちまうぞ」と……

追いつめられたミライが取った行動は……

うお!!
ここでその台詞を持ってきますか!!


これも敢えて言わない。ぜひ本編を見てください(笑)。

業を煮やしたヤプールの攻撃を受けてもひるまず呼びかけを続けるミライ。
遂に、ヤプールに囚われていたリュウの意識に、その声が届く……!

「撃てミライ! オレの心の炎を、打ち抜け!!」

リュウ=ヤプールがスイッチを押そうとする刹那、その胸を狙って撃つミライ……!!

ヤプールはリュウの身体から出ると、「貴様は大切な人間の命を奪った。もうまともに戦うことすらできまい」とあざ笑いながらバキシムの中へと消えていく。

しかしミライは……

「リュウさん……必ず守ってみせます」

変身したメビウスは、勇躍バキシムに戦いを挑んでいく!

対戦相手のバキシム。
口で噛みつく、トゲの生えた手で殴る、おまけにツノをミサイルのように飛ばす!!
バキシムって、こんなに強敵だったっけ!?と驚くほどの強さ。

援護しようとするウインガー&ローダーだが、射撃のシステムが正常に働かないらしくバキシムに当たらない。ロックオンシステムを遮断してマニュアルに切り替える二人。

イーグレットブラスターとバリアブルパルサーの同時攻撃!!
メビウスの身体を踏んでいたバキシムの身体がバランスを崩し、メビウスに一瞬のチャンスが!!

一気にブレイブモードに変身して、メビュームナイトブレードでバキシムを撃破!!!



ラストは病室で寝ているリュウと、それを囲んでいるクルーたち。
目覚めたリュウは、ミライと一緒に調査に赴いた後のことを何も覚えてない。

「何も覚えてないってことは、これも知らないよね」とサコミズ隊長。
その手には……無惨にモニターを打ち砕かれたリュウのメモリーディスプレイ(笑)
心の炎を撃て!というリュウの言葉は、もちろんこれのことだったわけだ。

「胸を撃たれて死んだと思われたが、胸に入っていたアイテムで助かって無事」というのは、立派な「お約束」のひとつなんだけども、前半のシーンで胸からメモリーディスプレイを取り出させ、その裏に書かれた炎をしっかり映像で見せておいて伏線にしてあるところが実にニクイ演出。

壊したのは誰だ!?と憤るリュウに対して、「でもそれはリュウさんが……」と正直に言い出すミライも素直でいい子だ(笑)
ミライをシメるリュウ、そしてそれを楽しげに見ているクルーたち&サコミズ隊長でエンド。



ん〜〜、面白い!
前回、「ストーリーはあまり追いかけない」ことにしようと誓ったつもりだったのですが、今回の話はいきなりそれを破って、追いかけてしまいました(^_^;)
しかし、シリーズ中盤にして黒幕的存在のヤプールが登場したことで、今後のメビウスには今までと違った面白みが出てきそうです。

次回「毒蛾のプログラム」。ジョージメインの回。
プールのシーンがあるってことは、ジョージの「カナヅチ」がネタになるってことでしょうね(爆)
ゲストの女優さん、確かどこかで見た気がする顔なのですが……
このコンテンツをご覧になるには、最新のFlash Player Plug-inが必要です。ダウンロードはこちら>>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ウルトラマンメビウス:第29話
「別れの日」。 ミライ=メビウスの決意。超衝撃の展開。 そして、タロウ教官降臨!! ...続きを見る
ブロ愚 〜おろか日記 blog styl...
2008/02/29 00:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ブログパーツ
このコンテンツをご覧になるには、最新のFlash Player Plug-inが必要です。ダウンロードはこちら>>
ウルトラマンメビウス:第24話 ブロ愚 〜おろか日記 blog style〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる