ブロ愚 〜おろか日記 blog style〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ウルトラマンメビウス:第23話

<<   作成日時 : 2006/09/14 22:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

このところ何かと忙しく、今日になってやっと見ることができました(^_^;)
「時の海鳴り」。時間を操る怪獣・クロノームの罠に囚われたマリナの運命は。

あちこちでだいぶ放映が追いつき始めたようなので、今回のレビューからは、ストーリーや台詞を細かく追うのはやめにしようと思います。ご期待されている向きには申し訳ありませんが、代わりと言っては何ですが、私個人の感想を中心にじっくり語っていきたいと思いますので、ご容赦を。

マリナを軸にしたお話。
その他の登場人物は(アバンタイトル中と、エキストラを除けば)メビウス=ミライ、マリナの弟、そしてトーリだけ。
おっと、それからマリナの「おじいちゃん」と、子供の頃のマリナも忘れてはいけませんね(笑)
本編では、その他の隊員は顔すら見せませんでした。

時を操る怪獣なので、ネタはタイムスリップもの。
とはいえ、SFというよりはファンタジックな作りのお話で、あまり深く考えずに見るのが正解だと思いました。

鋭い聴覚を持つマリナを狙った、「海鳴りの音」は、そもそも罠だったのか?
そして、罠にかかったのは現在のマリナだったのか、あるいは過去の?

もし罠だったとしたら、狙いはどっちでも良かったのかもしれません。
マリナの存在を消すことさえできれば……

そうなんです、これまでの無差別的攻撃を繰り返す怪獣たちと異なり、クロノームは明らかに個人を……マリナを狙っていました。そのことに何か意味があるとしたら、クロノームは次回登場する「ヤツら」の意を受けた存在であったと考えることもできます。
時間を操る怪獣と、次元を超えた侵略者……どこかにつながりがあるのかもしれません。

そしていつか、マリナの聴覚が、「ヤツら」との戦いに決定的な影響を及ぼす状況が訪れることになるのかも……

「マリナ、君の大切な人は、君を置いてったんじゃない。いつだって、君の側にいる。でもそれが分かるまでみんな、とても悲しくて、たくさんの時間がかかるんだ。
 悲しむのは弱いことじゃない。だから今は、いっぱい泣いていいんだ」


大好きだった祖父を亡くした哀しみを、人には見せまいとしていたマリナ。
でも、本当は悲しくて仕方がなかった。泣きたくて仕方がなかった。

白く大きな月をバックに宙返りをするメビウスは、実に美しい。

「大丈夫だ! 君は、強い人になる。ぼくは知ってる」


そんなマリナに訪れる、もう一人の大切な人との別れ。

記憶を取り戻して、今度は助けることができた! と喜んだ後の、避けられなかった結末。
個人的にはこういうパターンは悲劇性が強くて嫌いなのですが、それはあくまで私個人の趣味の話。ドラマツルギーとしては必要なのでしょうし、作品として面白くないわけではないので(笑)。

アンヘル星人の広げた白い羽根は、「ウルトラマンコスモス」に登場したグラルファンを想起させました。

「私は大丈夫。会えなくても、大切な人は側にいてくれる。
 子供の頃、貴方がそう教えてくれた。
 トーリ……忘れない」


大切な人を失うことは、とても悲しいことです。
それを、こんな風に思うことができるようになるには、トーリが言うように、たくさん時間がかかります。

でも、人の思いは時間も空間も超えることができる。
本気でその人のことを思えば、心はいつでもその人に会いに行ける。
だから、悲しまない。
……そんな歌があったのを思い出しました。

色々と言いたいことがある方もおありでしょうが、私個人としては、複雑な余韻の残る、良いお話であったと思います。



次回「復活のヤプール」!!
遂にヤツらが帰ってくる!!!
このコンテンツをご覧になるには、最新のFlash Player Plug-inが必要です。ダウンロードはこちら>>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ブログパーツ
このコンテンツをご覧になるには、最新のFlash Player Plug-inが必要です。ダウンロードはこちら>>
ウルトラマンメビウス:第23話 ブロ愚 〜おろか日記 blog style〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる