ブロ愚 〜おろか日記 blog style〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ウルトラマンメビウス:第11回(修正有り)

<<   作成日時 : 2006/06/17 22:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 12

前回の回想シーンから。
力尽きるツルギ、そしてそれを助け上げる光=ウルトラの母。

ツルギの命はもう……と哀しげなメビウス。
母は続けて「尽きようとしています……ですが、奇跡を起こすことができる……」と言いかけるが、ツルギ自らがそれを遮る。
「その……必要はない! ボガールを倒した今、オレに生きている意味はない……」
母は、それをやんわりと否定する。
「ですが、貴方の死を望まぬ者がいます」
ツルギの胸元に浮かぶ、セリザワの姿。

おお〜〜〜、「ウルトラの母」の声は、何と池田=メーテル=昌子さんではないですか。
神秘的でいて、かつ柔らかく暖かな母性を感じさせる雰囲気は、ピッタリと言っていいかも。

やけっぱちのように「ウルトラ5つの誓い」をわめきながらランニングするリュウ。そしてつき合わされているGUYSクルー達。案の定、いの一番にテッペイが脱落する(笑)。
まあ、リュウとミライは除くとして、サッカー選手のジョージは言わずもがな、マリナはライダー、コノミは幼稚園の先生と、いずれも体力勝負な人たち(え? 何か間違ってますか?(爆))だからな。

へばったテッペイを起こしに全員が戻ってきたところへ、通信が入る。受けるミライ。

その頃、宇宙空間から迫る無数の影。

ミライ「ディノゾールの群れが、地球に!?」

オープニングを挟んで、基地に戻ったクルー一同。

マリナ「そもそも怪獣は、ボガールが呼び寄せてたんじゃないの?」
ジョージ「じゃあボガールはまだ生きてるってのか!?」
リュウ「バカ言うな! ボガールはメビウスとセリザワ隊長が……ツルギが倒したじゃねえか!!」

動揺して言い争う3人に、言いにくそうな様子のテッペイが割って入る。
もともとディノゾールは「渡り」を行う怪獣(!)なのだそうな。
ただ、その進路上に地球があるというよりは、以前に地球に降りたディノゾールの経路を、誤って追っているのではないか、という。

「頼むからウチの管轄に降りてくれるなよ……」と、相変わらずのことをいうトリヤマの頭に、リムエレキング出現!
すぐにコノミの手の中に飛び移ると、コノミは「あらリム♪」と嬉しそう。「ちっちゃいからリミテッドを略してリム」なんだそうな。

「まだ直ってないんだ、粒子加速器」(第8回参照)……というマリナに、「修復は完了しています」と意味ありげな笑顔のマル補佐官。
その後を受けてトリヤマが語り出す。
「今やどこの官公庁にもマスコットキャラクターがある時代。そこで、我がGUYSのマスコットとして活躍してもらうために、私が特例として許可をしたのだ」

……ていうか、それ「メテオール」(1分制限)とちゃうんかい(超爆)>トリヤマ
そういうのは職権濫用とは言わないのか(爆)

その瞬間、映像の中で激しい爆発が。
コノミの腕の中で、「キュウ」と脅えた声をあげるリム。

「ライトンR30マイン」
(ご指摘を受け訂正しました。ありがとうございました>ゴダイゴさん)
突如現れ、GUYSスペーシーが、宇宙怪獣の襲来に備えて敷設した宇宙機雷だと説明するミサキ女史。

次々に激突して爆散するディノゾール。
群れは進行方向を変える。

「ちょっと可哀想な気がしますね……」と言うコノミに「冗談でもそんなことを言うな!」と噛みつくリュウ。
「怪獣を野放しにすれば、それだけで人が死ぬ。誰かが悲しい思いをする。そんな思いをする人を一人でも減らすために、ひとつでも多くの命を護るために、オレたちはいる……GUYSがあるんだ!」

格納庫で、一人「俺たちの翼」ガンフェニックスを見つめるリュウ。
そこへコノミから通信。
ディノゾールが一体、機雷網を抜けて日本へ降下したという。

ガンフェニックス出撃。
ディノゾール確認。
メテオール解禁。
「パーミッション・トゥ・シフト、マニューバ!」

この一連の流れがスピーディで、まったく無駄がない。
チームとして、実に見事に機能しているGUYSクルー。

「11時の方向から来るわ!」と警告を出すマリナに、「大丈夫だ! 見えてる」と自信満々のジョージ。

ディノゾールのモノフィラメントウィップに、一瞬斬られたように見えるガンローダー!
しかしそれは残像。おお、カッコいい……
うちの娘は何が起きたか理解できず「えっ? えっ?」て感じでしたが(笑)

グドンに大ダメージを与えたブリンガーファン(第2回参照)で、ディノゾールを地面に叩きつけるガンローダー。
そこへすかさずスペシウム弾頭弾を叩き込むガンウィンガー。
着弾!!

首を吹っ飛ばされ、あっけなく倒れるディノゾール。

リュウ「見ててくれたかよ、セリザワ隊長……これがあんたに頼まれた、今のGUYSだぜ」

帰ってきたクルー達を、諸手をあげて歓迎し、おだてまくるトリヤマ。
リムのことを「レム(?)の人気も……」と言い間違え、マルに訂正される。
ところがそう簡単には終わらなかった。

「何だこれ……!」
驚愕の声を上げるテッペイ。
「ディノゾールの極性が反転してる……!?」

死んだはずのディノゾールの身体が動いている。
脚を上にして起きあがったかと思うと、2本の尻尾が引っ込み、そこから首が2本生えてくる……!

「極性が反転」すると尻尾が頭になるのかよ(笑)
宇宙怪獣ってフシギ(笑)
しかもこのプラナリア並みの再生力は何なの(^_^;)

「尾の先端にある神経節が肥大し、新たな脳幹が形成されたんです」と小難しいテッペイの説明を、「要するに、頭が二つになって生き返ったってこと!?」と分かりやすく言い直すマリナ。確かにテッペイの説明では、子供には分からないよ(笑)

再び登場のミサキ女史。
復活したディノゾールには「ディノゾールリバース」という新たなレジストコードが付けられた。
推進器官は機能せず、飛行はできなくなっているらしい。
ただ、進行方向にはダムがある。速やかな殲滅は必須です、と厳しい表情。

断層スクープテーザーは宇宙空間で水素分子を集める器官なので、水を求めるのは不思議ではない……とか何とか、相変わらず分かりにくい説明をするテッペイ(笑)。

首がふたつになったことで、ムチも2本になった。
それを同時に捉えるのは、自分の動態視力でも相当厄介だ……とジョージ。
私も2本の音を聞き分ける自信は……と不安げなマリナ。

「ぐずぐず言ってんじゃねえ」と、すさんだ目のリュウ。
「おれらがやつを仕留め損なえば!」「ダムは確実に破壊されるのよ!」と二人して一斉に食ってかかるジョージとマリナだが……

リュウ「ダムがどうした……んなもん関係ねえ。俺たちがやんなきゃなんねえのは……」

言いかけたリュウを、ミライが激しく遮る。

ミライ「リュウさん!! ディノゾールが憎いリュウさんの気持ちは分かります。ですけど、リュウさんは間違っています!!」

「何だと!」と今度はリュウがミライに食ってかかるが、「今のリュウさんは、ボガールに対する憎しみに心を支配されていたツルギと同じです!」とミライに指摘され、ハッとなる。

「ぼくたちが戦う目的は、そうじゃないはずです……。リュウさんは言ったじゃないですか。ひとつでも多くの命を守るために、ぼくたちがいるんだって。GUYSがあるんだって!!」

リュウが語った時と同じように、胸のGUYSマークに手をやりながら熱く叫ぶミライ。
その様子を笑顔で見守るサコミズの表情は相変わらずイイんだが、その後に並んでミライを見つめるマルとトリヤマの表情がまた絶妙にいい。
特にトリヤマが、涙をこらえるように鼻をうごめかせながら微妙な笑顔。ベテランバイプレイヤーの妙味。

ここで、珍しく苦言。
ちょっとね、リュウの感情の動きが、一話の中で変わりすぎてて、どうなのかな……という気がしました。だってね、つい数分前(リアル時間でですが)に「ひとつでも多くの命を救うためにGUYSはあるんだ!」と、すごくいいことを言っておきながら、掌を返したように「ダムがどうした」はないでしょう。
ディノゾールに対する憎しみってのは無理からぬところがあるわけだから、そこらへんを考えた上で、もう少しだけ掘り下げてセリフを考えて欲しかった気がするなあ。

ミライの肩を笑顔でポンと叩き、一転表情を引き締めてミサキ女史に「対策は……あるんですよね?」と聞くサコミズ。うなずいたミサキ女史は、「新たなマケット怪獣を投入します」

ドキュメントUGに記録のある怪獣「ウインダム」。
ビーム攻撃が可能なので、ディノゾールリバースの舌攻撃の有効範囲外から攻撃させて陽動とし、その隙にスペシウム弾頭弾で一気に殲滅しようというのである。

ミサキ「健闘を……祈ります」

この感情を必死に抑えた風情のクールビューティーっぷりに萌え(笑)
たとえセリフが棒であったとしても(爆)

ガンフェニックスから地上キャンプのミライに通信を送ってくるリュウ。
「ミライ、悪かったな……お前の言った通りだ」と素直に謝る。
「リュウさん……」と嬉しそうなミライ。
「必ず! ディノゾールをブッ倒して、ダムを守ろうぜ!」と言われ、「ぼくに任せてください!」と意気込むミライに「ああ……お前じゃなくて、ウインダムにな!」と容赦ないリュウ。
「そんなぁ……」としょげるミライ。君もホントに素直でカワイイヤツだな(笑)

「でも、ちょっぴり残念」と、割り込んでくるコノミ。
総本部がミクラスを「失敗作」と判断していたことを言っているらしい。
「しかも、誰でも使えるように運用実験までして……」と半べそをかくが、苦笑いのテッペイが「そりゃそうですよ、コノミさんにしか懐かないんだもん」と言う。
マケット怪獣はペットではないのだから、この場合はテッペイの言い分が全面的に正しい(爆)

ディノゾールリバースが作戦ポイントに近づく。
カウントゼロと同時に「メテオール解禁!」とサコミズ。
「ウインダム、頼むぞ!」と、大先輩・モロボシダンの名セリフそのままに、ウインダムをリアライズするミライ。
コノミちゃんの「お願い!」も確かにカワイイのだが、やはりカプセル怪獣は、このセリフでなくては(爆)

ミライの命令に従って、忠実に攻撃を開始するウインダム。
ウインダムの額から放たれるビームと、ディノゾールの舌が激突して激しく火花が散る。
その隙にスペシウム弾頭弾を放とうとするガンウインガーだったが、ディノゾールリバースは奥の手を持っていた。背中からもビーム弾を発射し始めたのだ。
ファントム・ナビゲーションで高速移動しながら、攻撃のチャンスをうかがうガンウインガー。
ついにスペシウム弾頭弾を発射!

しかし弾頭弾は、一瞬振り返ったディノゾールリバースの舌によってたたき落とされる!

ビーム発射をやめて一声吠えると勇躍飛びかかっていくウインダムだったが、ぶつかる直前に消滅。
「……時間切れだ!」悔しそうにうめくテッペイ。

「メビウ〜〜ス!」

さしものメビウスも、二本の舌をかわすのが精一杯で、ディノゾールリバースに迫ることがなかなかできない。ガンウインガーの援護射撃を受けて、何とか接近戦に持ち込むが、今度は二本の首に苦戦する。

いいように振り回され、距離を置いて再び舌の攻撃。
かわしきれず、ついにその身で受けてしまうメビウス。
一度食らってしまうと、あとはサンドバッグ状態になってしまう。

「メビウスでも二本は無理なのか!」と叫ぶジョージ。
「このままじゃメビウスまでやられちまうぞ! どうすりゃいいんだ!? どうすりゃディノゾールを倒せるんだ!!」と喚くリュウ。
それがうるさかったのか、舌を食らって火を噴いてしまうガンウィンガー。
エンジン停止で墜落の危機に……!

うっわ、ここでCM???

ふらふらと、今にも墜落しそうなガンウインガー。
それを地上から見上げる男……セリザワ!!!

右腕を素早く構えて、ブレードを差し込む。
突如あたりを包んだまばゆい光に、リュウが目を伏せる……
そして目を開けた時、その前には……

ウルトラマンヒカリが、ガンウインガーを受け止めている!!

リュウ「……なんだ?」
ジョージ「青い……身体?」
マリナ「ツルギなの?」
テッペイ「いえ……鎧を着けてません!」
コノミ「じゃあ……いったい?」

リュウ「まさか……セリザワ隊長?」

ガンウインガーを地上にそっと降ろすと、すっくと立ち上がるヒカリ。
メビウスも立ち上がり、目と目で見交わすと、ディノゾールに殺到する。
舌をヒカリの身体に巻き付けて牽制するディノゾールリバース。一本、そして二本。
苦痛に耐えながら、メビウスに目で合図するヒカリ。応えてメビウスはビームを発射し、二本の舌を切り落とす。苦痛に悶えるディノゾールリバース。

力を失った舌を無造作にポイと放り捨てるヒカリが妙にカッコいい(笑)。

そして再びメビウスと共にディノゾールリバースに挑んでいく!!

お互いのピンチをかばい合いながら共に戦う、 赤と青のウルトラマン。
メビウスの、そしてヒカリの回し蹴りが、ディノゾールリバースの頭部に連続して炸裂する。
ジャンプして高角度から蹴り下ろすような回し蹴りをして、そのまま綺麗に着地しているのがすごい。

そして二人でそれぞれ一本ずつ首を抱え、同時に首投げ!!
首二本の相手ならではの、絶妙なコンビネーション攻撃。

さらに、相手の首を利用して、もう一本の首を咬ませるという変則攻撃。
単細胞生物なディノゾールリバースは、首同士でケンカを始める(笑)。
その隙を突き、二人同時に綺麗にトンボを切って、ダブルでキックを決める二人のウルトラマン。
距離を取り、ダブルで必殺技をシュート。
爆散するディノゾールリバース!

歓喜のクルー達、そして基地の隊長や補佐官ら。
ウルトラマンヒカリ……セリザワ隊長を見つめるリュウと、その後ろに立つジョージ。
その様子を見つめてから、空中に飛び去っていくヒカリ、そしてメビウス。

ヒカリの回想シーン。
ウルトラの母の奇跡により、砕けて消滅するアーブギア。
そして、光の中で目を開けるセリザワ。
「復讐の鎧が砕けた今、その者も解き放たれました」と母。
「生きるのです……ウルトラマンとして」

そして現実。
「俺の中に……ウルトラマンがいる」とセリザワ。

つまり、てことは、初代のハヤタよろしく一体化しちゃってる、しかもセリザワ隊長としての意識有り……ってことですよね?(^_^;)

「一緒に行きましょう! リュウさんのところへ!」と誘うミライだったが、セリザワは「リュウの側には君がいる」と言い、ミライの肩をひとつ軽く叩くと、一人去っていく。

リュウの元に集まってくるクルー達。
「こいつ、あの青いのがセリザワ前隊長だってよ」と、少しおかしそうに言うジョージ。
だがリュウは自信たっぷりに「間違いねえ、オレには分かる!」と言い切る。
ミライは笑顔で「帰ってきたんですよ……ウルトラマンとして!」と応じる。

リュウ「じゃあよお……ウルトラマン……ヒカリっていう名前はどうだ?」

一斉に「ヒカリぃ?」と怪訝な声を上げるジョージ、マリナ、コノミ、テッペイ。
「へ? いやその、ぴかって光って、現れたから……」と言いかけるリュウに、容赦なく「却下」と言い放つマリナ(笑)。
「右に同じだアミーゴ」「ぼくも」とジョージ、テッペイも間髪入れず賛成。

「もっと、カワイイ名前にしません?」とコノミ……
いや、私はそれには反対だ(爆)

「ぼくはイイと思います……ウルトラマンヒカリ!」と賛成してくれたミライに「お前とは友達になれそうだ!」と返すリュウ。いや、今まで友達じゃなかったんかよ(爆)

リュウはさらに、「メビウスにも、ライバルが増えたってわけか!」と続ける。
「えっ?」と聞き返すミライをスルーして(笑)、「メビウスにも、ウルトラマンヒカリにも負けたくねえ! 頑張んねえとな!! 俺たちGUYSも!」と意気込むリュウ。
ミライも笑顔で「ハイ!」と答える。

ん〜〜、正直な感想を言えば、前回の感動巨編の出来があまりに良すぎたせいか、今回はちょっとアッサリ目に感じたかな。ウルトラマンヒカリの復活という感動的なイベントだったはずなんだけど、ちょっとそのへんが薄目に感じてしまいました。
ウインダム登場と絡めちゃったのが、尺の部分で難しくしてしまったというのはあると思うのですが。

まあ、ダブルウルトラマンの動きが相変わらず非常に良くて、アクションシーンは存分に楽しめた点は評価しておきます。



次回は「初めてのお使い」……って、オサーンが初めてのお使いでつか(爆)
ベテラン・石井さんの妙味が全開で楽しめそうなギャグ編のようです。
このコンテンツをご覧になるには、最新のFlash Player Plug-inが必要です。ダウンロードはこちら>>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ウルトラマンメビウス「母の奇跡」
なんと!! ...続きを見る
nationwiseのZALEGOTOぶ...
2006/06/18 03:03
ウルトラマンメビウス:第17話
「誓いのフォーメーション」。 難易度の高いフォーメーション・ヤマトを、ぶっつけ本番で成功させることができるのか? そしてウルトラマンヒカリは…… ...続きを見る
ブロ愚 〜おろか日記 blog styl...
2008/02/29 00:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
ども、毎回楽しく感想を読ませてもらってます
「ナイトR30マイン」とありますが、正しくはライトンR30マインですね。
セブンすら敵わないスーパーロボット、キングジョーを葬った超兵器ですが
40年余りたった現代では機雷として量産されてるという・・・
GUYS脅威の科学力ですな(笑)
ゴダイゴ
2006/06/17 23:07
ゴダイゴさん、ご指摘ありがとうございます。
どうしても聞き取れなかったのですが、ライトンでしたか。セブンはあまり詳しくなくて、キングジョーはもちろん知ってるのですが、倒したアイテムの名前までは記憶にありませんでした。
確かにGUYSの科学力には驚かされますね(笑)
Radcliffe
2006/06/17 23:51
お招きどうもです(^^)
今回も楽しませていただきました。

>いの一番にテッペイが脱落する(笑)。
 お医者さん(とくに外科)はたいがい体力バカですが医学生は違うということか(笑)

>赤と青のウルトラマン。
 格好良さそう。
 ガイアとアグルを彷彿とさせますな。
 うちの方で見られるのはさらに三ヶ月先ですが楽しみにしています。
Kyan
URL
2006/06/18 00:17
はじめまして、何度か来ているのですが、
コメント初めてです。

コノミさんってやぱり、マケットになつかれる・・・。
ミクラスにリムに・・・これじゃあウインダムを渡すわけないか・・・。
あれも一応、生物ですし・・・なつかれたらあれですものね。
ってことは・・・ミライくん以外にも使えるってこと?ウインダム。

クゼさんの喜びようは前回同様すごいな〜っと・・・。
コノミさんがウルトラマンの名前を決めるとすごいことになりそう・・・。
めぐにゃん
2006/06/18 09:55
コノミがつけるウルトラマンの名前・・・
フランソワーズとかカトリーヌとかつけそう・・・(汗。
nationwise
2006/06/18 18:36
>Kyanさん
確かにごもっともですね(^_^;)。ただ、ランニングとかそういう健康的なイメージの体力とは一線を画す気が(笑)

>めぐにゃんさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
コノミちゃんのあれは、ミクラスが悪いと言うよりはコノミちゃん自身が持つ天賦の才かもしれませんね(笑)。モンスターテイマーとしての(爆)

>nationwiseさん
>フランソワーズとか
それどこの003(爆)
その流れで行くとアントワネットとかジョセフィーヌとかか(誤爆)
Radcliffe
2006/06/18 22:05
フランソワーズ、カトリーヌ、アントワネット、ジョゼフィーヌ・・・
フランス人形??

彼女だから・・・安易にサンダーとか(光線撃つときに放電するから)。
ブルーとか?
なんかリュウさんと変わんないな・・・。
めぐにゃん
2006/06/18 22:46
>めぐにゃんさん
「リミテッドだからリム」というセンスの人なので、何か意味のある言葉を略して付ける可能性はありますね。
「光」だと……ルミナス? 何か普通にカッコよくてイマイチ面白みに欠けるな(笑)
Radcliffe
2006/06/19 12:22
いいですね、ルミナス。

変更希望ですね。
だめかしら?
めぐにゃん
2006/06/19 19:19
>めぐにゃんさん
自分で言い出しておいてナニですが、先代プリキュアみたくなってしまいますな(^_^;)>ルミナス
Radcliffe
2006/06/21 07:52
ヒカリ・・・って、なんだかNTTの影響を感じますね。
それに反して脚本家さん監督さんが、他の隊員たちに
「却下」以下のセリフを言わせたんじゃないかと勘ぐってしまいました。

地球でのメビウスの名前(レジストコード)が決まってなかったとき、ミライが口を滑らせて「メビウス」と言ってしまった時に、真っ先に賛成したのはリュウでしたね。ミライのフォローは、そのお礼なのでしょうか?(笑)
なごん
2006/07/01 14:28
>なごんさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
>NTTの影響
そういえばNTTのフレッツ光で「語られざるヒカリの物語」が放送されるそうで。フレッツ光限定ってとこがあざといなあと思います。私がNTT嫌いだというせいもあるのですが、殿様会社の殿様方針に唯々諾々と迎合する円谷の、そういうところが嫌い(笑)
(まあ、長いものに巻かれざるを得ない悲哀というのも分かりますが)
Radcliffe
2006/07/01 18:36

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ブログパーツ
このコンテンツをご覧になるには、最新のFlash Player Plug-inが必要です。ダウンロードはこちら>>
ウルトラマンメビウス:第11回(修正有り) ブロ愚 〜おろか日記 blog style〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる