ブロ愚 〜おろか日記 blog style〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日のウルトラマンマックス

<<   作成日時 : 2006/02/11 10:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 5

今回の敵はバルタン星人(ダークバルタン)でした。
んで、穏健派バルタン(笑)のタイニーバルタンがボクっ娘に変身したのを見て一言。

「バルタンって、実は『バルたん』だったのか……」


おまけにエンディングではナレーションが「永遠のライバルたんだ!」と言ってるし……
(私は最初思わなかったのだが、妻と娘が二人揃って「『ライバルたん』って言ってるよねえ」というので聞き直したところ、なるほど聞きようによってはそう聞こえる(笑))

さて、それはさておき。
バルタンはウルトラマンの『永遠のライバルたん』なので、敬意を表してということなのか、マックスでは珍しい前後編。前に「ゼットンの娘」→「恋するキングジョー」の連作はありましたが、主な怪獣が変わっていることを考えると、正当な前後編は初と言っていいかもしれない。

前半のつくりは、「バルたん」(正確にはタイニーバルタン)と少年の心の交流を描くファンタジーっぽい展開。
ホウキに乗って空を飛んだり、ジェットコースターが空を飛んだり、おまけに紙飛行機も空を飛んだり(ってこれは当たり前だが(笑))

ここで出てきたお巡りさんが、「ウルトラマンレオ」を演じた真夏 竜さん。
ビルの屋上で無数の紙飛行機を飛ばす警備員さんが、「ウルトラマン」でアラシ隊員、「ウルトラセブン」でフルハシ隊員を演じた毒蝮三太夫さん(特別出演)。

毒蝮さんは入院しておられるという噂で心配していたのですが、公式ページを探してみたら、どうやら無事に腸閉塞の手術を終えられ、退院後の復帰も決まっているご様子。ほっと一安心です。この映像の撮影は、入院の前だったのでしょうか?

一方の真夏さん。顔を見ただけでは誰だか気づきませんでした(^_^;)。失礼な言い方になりますが、「さすがに老けたなあ」という印象。黒部進さんや森次晃嗣さん、二瓶さんや毒蝮さんたちの印象があまり変わらない(いや、それなりに老けてはおられるのですが)のに比べると、かなり顔の印象が変わっておられました。
かつて演じられたのようにカッコいい役どころではありませんでしたが、少年に対する態度が徐々に変わっていく過程を演じるという、見ようによっては重要な役どころを、地道にしっかり演じておられたと思います。グッジョブ!

後半になって、好戦派のバルタンが登場してからは一気に緊迫ムード。
「ウルトラの科学力ではバルタン星の科学力に対抗できない」と言い切るダークバルタン。
普段のマックス以上に巨大化してみせ、「君がここまで無理に巨大化すれば、エネルギーの消耗が激しくて一分と持つまい」などと自慢してみたり(結局マックスは無理をして巨大化してしまうのですが)、マクシウムソードで斬られた腕を即座に再生してみせたりと、言葉通りの圧倒的強さ(科学力?(笑))を見せつけてくれました。

最後はエネルギーを消耗しつくしたマックスが消滅し、変身を解いたカイトは瓦礫の街をふらふら。
勝ち誇ったバルタンは笑いながらさらに街を破壊し続ける……といった場面で次回へ続きました。

とにかくバルタンの強さ(科学力)が圧倒的で、非常にシンプルに「ウルトラマンの大ピンチ!」を見せてくれて楽しかったです。次回が楽しみになる引きでした。
このコンテンツをご覧になるには、最新のFlash Player Plug-inが必要です。ダウンロードはこちら>>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アラシ(フルハシでも可)とゲンとカイトと
オオトリゲン、登場!!@駐在さん 声は当時のままですね。容姿については・・・(汗。 ...続きを見る
nationwiseのZALEGOTOぶ...
2006/02/11 12:25
ウルトラマンマックス 33話
でかっ!! ...続きを見る
UNS digital
2006/02/11 17:47
ウルトラマンマックス バルタン星人参上
 フォッ、フォッ、フォッ、フォッ、フォッ、フォッ、フォッ、フォッ、フォッ、フォッ、フォッ、フォッ、と声を出し、ザリガニのような大きなハサミと蝉のような顔で御馴染みのウルトラマンの好敵・バルタン星人が、25年振りにTVに戻ってきた。  再びTVに姿を現したのは... ...続きを見る
outlandos d'amour
2006/02/11 19:23
ウルトラマンマックス33、「無重力!サメが飛ぶ“」
子供の超科学星人タイニーバルタン、超科学星人ダークバルタン 登場 ...続きを見る
子育てパパのブログ日記Next
2006/02/11 23:46
ウルトラマンマックス「ようこそ地球へ」(前編)
知名度ナンバー1の宇宙人なので出ないはずがないと思っていましたが、やっぱり出てきました。今回はついにバルタン星人が登場。ここまできたら、もうどーにでもしてといった感じですが、今回のバルタン星人は今までとは位置付けが違うようです。初代の時は「宇宙忍者」と... ...続きを見る
ポーズ&ギミック
2006/02/13 14:16
ウルトランマンマックス 33話 「ようこそ!地球へ」前編感想
監督:飯島 敏宏 / 特技監督:菊地 雄一 / 脚本:千束 北男 子供の超科学星人タイニーバルタン 超科学星人ダークバルタン ...続きを見る
ロリポとブログ
2006/02/17 20:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
なるほど、ちゃんとコスモスのネタをふまえているのですね。
どうするんだろう、もしかしたらアレは無視するんじゃ……と思っていたので、ちょっと嬉しいです。

偶然ですが、ファミリー劇場の帰ってきたウルトラマンも、この間バルタン星人Jrの回でした。マックスに比べると扱いが軽かったけどね〜。
牧山
2006/02/11 22:07
踏まえているというのとはちょっと違うと思うんですが、相通ずるものはありました。
(コスモスの時のはチャイルドバルタン=子供のバルタンであったのに対し、今回のタイニーバルタンはなりは小さくても頭脳は一人前のバルタンでしたから)
Radcliffe
2006/02/12 08:16
今日聞いた話ですが。
コスモス映画版も、今回のマックスも、そして、初代ウルトラマンの『侵略者を撃て!』も同じ監督・脚本(飯島敏夫・脚本執筆時のPNは千住北男)なんですね。
そりゃ踏まえているはずですな。
(さすがに監督は全編ではないみたいですが)
牧山
2006/02/15 02:58
なるほど。てことは、結構お年を召した方なんですな。
ちょっと驚きですが、形を変えて繰り返し同じテーマを書いておられるということは、何となく納得。まあ、きっとこれには賛否両論あることでしょうが。
Radcliffe
2006/02/15 12:57
そういう方が「ボクっ娘」などチャレンジブルなことをなされていると、ホント〜に頭が下がります。
(いや、現場でいきなり変えたのかも知れないけど)
牧山
2006/02/17 05:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ブログパーツ
このコンテンツをご覧になるには、最新のFlash Player Plug-inが必要です。ダウンロードはこちら>>
今日のウルトラマンマックス ブロ愚 〜おろか日記 blog style〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる