ブロ愚 〜おろか日記 blog style〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ウルフェス2005

<<   作成日時 : 2005/08/18 21:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

実は昨日休んだ理由というのがタイトルだったり(笑)
というわけで、行ってきました。
もちろん、第一目的はProject DMMの歌を聞くことだったわけですが。
(以下ネタバレあり)

Project DMMのミニステージは、ウルトラマンマックスの挿入歌と主題歌の2曲だけでしたが、生のマックス歌はなかなか聞かせるものがありました。
2曲ともアップテンポでノリのよい曲なので、歌う側からすれば勢いで歌いきれるという点で楽な側面もあるとは思うのですが、やはりDMMにはこういう曲が合っている気がします。
サビ以外の低音では大門さんの声が一番ハッキリ聞こえるのですが、サビの高音部にさしかかると松原さんの声が非常に伸びがあるような気がしました。松原さんは最近ミュージカルにも出演中で、ひょっとしてそちらでの練習の成果が出ているのかな……と、素人ながら思わされました。
以前から気になっていたKatsumiさんの独自ビブラート(端的に言ってしまうと、グループで歌う時には邪魔になる)も、今回の曲では気にならず、グループとしてのまとまりがよくなっているな、と感じました。
ネクサスでは(恐らく番組の方向性からだと思うのですが)前面に出ることのなかったDMMですが、マックスという作品への方向転換によって再び日の目を見る方向に変わったことは、ファンとしては喜ばしい限りです。

それ以外には、ウルフェス恒例のライブステージ。
例年、ライブステージは前半(開催〜会期中盤まで)の第一部と後半(会期中盤〜終了まで)の第二部の二部構成になっているのですが、今年の第二部は「ウルトラバトルステージ」と銘打って、ウルトラ戦士vs怪獣の戦いを試合形式で見せるというところからスタートしました。
この試合はウルトラマンキングが怪獣軍団に申し入れて開催されたもので、ウルトラ戦士が勝てば怪獣軍団は平和的な話し合いの席に着くことを約束している、とのことですが、さて……

ここで試合の対戦カードを御紹介すると、
  第1試合:ウルトラマンvsゼットン
  第2試合:ウルトラマンティガvsイーヴィルティガ
  第3試合:ウルトラマンタロウvsタイラント
という、いずれもウルトラファンなら「ううむ」とうなる因縁対決ばかり。

チームDASHの隊員服を着た女性と男性とが、それぞれウルトラ戦士サイド、怪獣サイドのサポーターと称して、観客からの応援を扇動。子供たちは素直なのか分かっていないのか(笑)、怪獣サイドにも惜しみない応援を送ります(笑)。

第1試合では、ウルトラマンが最終回とまったく同じパターンで八つ裂き光輪をはじかれ、さらにスペシウム光線も返されてダウン、という衝撃の展開。しかしそこへ最終回よろしく登場したゾフィーが「このまま終わるのか」とウルトラマンを励まし、「ここで負けるわけにはいかない!」と立ち上がるウルトラマン。さらに会場の子供たちの応援を得て、見事にゼットンを撃破。

第2試合では、イーヴィルティガの猛攻の前に旗色の悪いティガでしたが(妻曰く「イーヴィルのアクションは無茶苦茶キレが良かったけどティガのアクションは若干もたついてた」のだそうな(笑))、子供たちの声援を得てグリッターティガ(黄金色のティガ)に変身。そこからは圧倒的強さでイーヴィルを撃退しました。

第3試合では、父母に勝利を誓うタロウでしたが、タイラントの猛攻の前に敢えなく撃沈(^_^;)。ちょっとタロウの扱いが可哀想、と思ってしまいました。

(今調べたところ、某所の情報によれば、試合の勝敗は回によって変わるようです。実際、それぞれに対する声援の程度で決めているという話も(^_^;)。してみるとタロウのときは、前の2試合でウルトラ戦士が勝ったんで、「どうせ今度も勝つだろう」的な油断が子供たちにもあったかも(笑))

試合結果は2勝1敗でウルトラ戦士団の勝ち。つまり怪獣軍団は平和的話し合いを受け入れることに……と女性隊員は喜ぶのですが、ここで男性隊員が豹変。ダッシュライザーをホルスターから抜き放ち、女性隊員に突きつけます。(ここらへん、ネクサス最終回の展開とダブって見えたのは私だけではないと思う(^_^;))
そしてさらに、もう一方の手に握っているのは、何とマックススパーク(ウルトラマンマックスの変身アイテム)!!

実はこの男性隊員はザラブ星人の変身した姿。キングの提案を受け入れたふりをして、純粋な子供たちの応援から得られる「光のパワー」を、こっそり盗み出したマックススパークに吸収。光のパワーを手に入れた怪獣軍団は無敵になるのだ、とうそぶきます。
そして再び現われる怪獣軍団。

そこへ現われるウルトラマンキング、そしてウルトラマン、ティガ、タロウ、ネクサス(ジュネッスブルー)らのウルトラ戦士たち。怪獣軍団とのラストバトルがスタートします。
約束を反故にされ、怒りに燃えるウルトラ戦士たちの前に、次々と怪獣たちは撃退され、追いつめられたザラブ星人はマックススパークの光のパワーを使おうとしますが、マックススパークは全く反応を示しません。驚きいぶかるザラブ星人に向かい、ウルトラマンは「お前の心に光はあるのか」と言い放ちます。(このセリフ、むちゃくちゃカッコよかった〜〜)
マックススパークは、心に光を持つ者にのみ使えるのだと。

そして遂にザラブ星人も倒されるのですが、今際の際にザラブ星人は「光と闇は表裏一体。光であるお前たちがいる限り、おれたちは必ず再び立ち上がる」という言葉を遺します。
果たしてその言葉通り、最後の強敵(名前は不明(^_^;))が登場。ウルトラ戦士たちは一転してピンチに陥ります。

そこで、女性隊員が手にしたマックススパークを掲げて、「みんなの光のパワーを集めるのよ!」といい、場内の子供たちが「ウルトラマーーーン!」と声援を送ると……

ついにウルトラマンマックス登場。
「最強最速」の呼び声通り、ラスボスを翻弄します。
(舞台右手に消えたと思ったら左から現われるという演出は、大人は「ははーん」と思ってしまうのですが、「マックススピード」を感じさせてウルトラマンナイスでした)

投光器の光を使ったマクシウムソードなどの演出も、このライブステージお馴染みの演出法ではありますが、やはりいつ見ても効果的。
最後は必殺のマクシウムカノンが炸裂し、ウルトラマンマックスの、そしてウルトラ戦士の完全勝利となったのでした。

昨年まではビデオ撮影OKだったライブステージが撮影禁止になってる点についてはファンの間で批判もあるようですが、個人的にはこのライブステージは生で見てこその迫力だとも思うんで、まあそれはそれで仕方ないかな、と。
(円谷としてもライブステージのDVDを売ってネクサスの赤字を取り戻さないとイカンのかも :-p)

ただ、ルール違反(ダメと言われてるのに撮影してる人)はやめて欲しい。
親がそんなんで、子供にルールを教えられるのか、と。
一説によれば、撮影してるのはスタッフ関係者との噂もありますが、だったら尚更厳正に対処すべきなのではないでしょうか。

最後は苦言になってしまいましたが、全般的には家族全員、たいへん楽しんだ1日でした。
来年もまた行くことでしょう。
(妻は、来週もう一度行くと言ってます(^_^;)。もちろんDMMのミニステージ目的で)
このコンテンツをご覧になるには、最新のFlash Player Plug-inが必要です。ダウンロードはこちら>>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ウルフェス千秋楽逝って来た(画像あり)
はぁ・・・今年の夏は終わった。正直しんどかった今年の夏。全ては仙台行きを決め実行したからかもしれない。第一部のショーがあのような内容だったのとビデオによる動画撮影が禁止されたのが運のつきといったらいいだろうか。とにかく計画がどんどん退行していった今年の... ...続きを見る
特撮(ウルトラ)英雄日記
2005/09/02 15:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。ウルフェスで検索いたしましたらここがヒットいたしました。トラバさせていただきました。
すごくわかりやすいレポートで面白いです。
しかし、怪獣側を応援してくれって、難しいですよね。その日私もウルフェス会場にいたんですよ。生DMMは舐めていただけに、一瞬鳥肌が立ちました。声量も調度よく、さわやかな歌声、そしてマックスがきちんとその音楽にノッてるのを見てうるっときました。
当サイトはあんな感じですが、気が向いたらお寄りください。
YS11大好き
2005/09/02 15:36
はじめまして、ようこそ>YS11大好きさん。ウルフェスの場におられたのですね。ネットの広さと世間の狭さを同時に感じます(笑)。
怪獣側の応援については、たぶん何を応援してるのか分からないお子さんたちが応援してたような気がします(笑)。
生DMM、いいでしょう? これを機に、ファンが一人でも増えてくれればと思います。
そちらのサイトも拝見しました。何回も行かれてる様子で、うらやましいです。これを機に、今後ともよろしくです。
Radcliffe
2005/09/04 14:44
ブロ愚って、おろか日記の方だったんですね。
2004年7/24の日記を拝見して時々覗いておりました。
中の人も大変だなあってホント思います。舞台で殴ら
れるシーンで口の穴から汗が吹き飛ぶことがあります
けどあれはホントリアルですよね。ああいうのはアリ
かなと思ったりしますけど。
YS11大好き
2005/09/05 08:27
あはは(^_^;)。今確認しましたが、新板橋のイベントの件を書いてましたね。
いや、あちらにもお越しいただいたことがあったとは恐縮です。ていうか、やっぱり世間というのは存外狭いということが分かりました(笑)。
しかしホント、ああいうスーツものの中に入っておられる方というのは(本職のスーツアクターさんはもちろんバイトの方なども含めて)過酷な重労働だと思います。
Radcliffe
2005/09/05 14:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ブログパーツ
このコンテンツをご覧になるには、最新のFlash Player Plug-inが必要です。ダウンロードはこちら>>
ウルフェス2005 ブロ愚 〜おろか日記 blog style〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる